やよとは?

や‐よ

[感]

呼びかけるときに発する語。やあ。やい。おい。

思ふらむ心のほどや。—、いかにまだ見ぬ人の聞きか悩まむ」〈源・明石〉

音曲などの囃子(はやし)のかけ声

「京に京にはやる起き上(や)がり小法師(こぼし)—、殿だに見ればつひ転ぶ」〈虎明狂・二人大名


や‐よ

感動

呼びかけのことば。やあ。

新古今(1205)冬・五八〇「やよ時雨物思ふ袖のなかりせば木の葉ののちに何を染めまし〈慈円〉」

読本椿説弓張月(1807‐11拾遺「死たる馬の腹の中より『やよまち給へ』と呼びとどめ」

歌謡のはやしの声や掛け声

*虎明本狂言二人大名室町末‐近世初)「おきやがりこぼしやよ、とのだに見れはつひころぶ」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「やよ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||




10
38% |||||

やよのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



やよのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS