にほふとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > にほふの意味・解説 

にほふ

匂う」(におう)を古風仮名遣いで表したものかぐわしい臭いがする、のような独特の意味合いをこめて用いられる表記

にほふ

出典:『Wiktionary』 (2019/02/28 16:38 UTC 版)

語源

発音(四段活用)

拍動詞二類

平安時代

にふぉ↗ふ

南北朝時代

に↘うぉ↗う

室町時代

に↘うぉー

江戸時代

に↘おー

動詞

にほふふ】

  1. ハ行四段活用
    1. (木、、土などの色に)美しくまる。
    2. 美しくひかる。美しくかがやく。照り映える
    3. 光沢がありうつくしい。
    4. さかえる。
    5. かおりがただよう。かおる
  2. ハ行下二段活用
    1. 美しく染める

活用

ハ行四段活用
にほ-ふ

活用

ハ行下二段活用
にほ-ふ

類義語

語義1.5

  • かをる

関連語

諸言語への影響



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「にほふ」の関連用語

にほふのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



にほふのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのにほふ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS