かいこくとは?

Weblio 辞書 > 生活 > 印章事典 > かいこくの意味・解説 

かい こく くわい- [0] [1] 【回国・廻国】

( 名 ) スル
諸国をめぐり歩くこと。 「六十余州を-して/草枕 漱石
回国巡礼」の略。

かい こく [0] 【戒告・誡告】

( 名 ) スル
過失非行などをいましめ注意すること。 「 -を与える」
命じた義務期限までに履行なければ代執行を行うという,行政庁による通知。 《戒告
公務員職務上の義務違反対す懲戒処分の一。もとは「譴責けんせき」といった。 《戒告》 「 -処分

かい こく [0] [1] 【海谷】


かい こく [0] 【海国】

海に囲まれている国。海とのかかわりが深い国。 「 -日本

かい こく [0] 【開国】

( 名 ) スル
外国交通貿易始めること。特に,幕末鎖国を解き,西欧諸国外交貿易関係を結んだことをいう。 ↔ 鎖国
初めて国をつくること。建国


改刻

遺品や姓が変わったなどで使用する必要の無くなった印章印面削り新たに彫刻すること。

かいこく(戒告)

レースその前後過程で、公正かつ安全な競馬対す注意義務を怠った騎手または調教師科せられる制裁のひとつ。


かいこく

出典:『Wiktionary』 (2009/10/03 06:19 UTC 版)

同音異義語

かいこく



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かいこく」の関連用語

かいこくのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かいこくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
東京印章協同組合東京印章協同組合
(C)2019 TOKYO SEAL ENGRAVERS CO-OPERATIVE ASSOCIATION. All rights reserved.
JRAJRA
Copyright 2019 Japan Racing Association.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのかいこく (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS