誡めるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 誡めるの意味・解説 

いまし・める [4]戒める・誡める・警める

下一 [文] 下二 いまし・む
禁を犯したり、失敗したりすることのないように、前もって注意与える。 殺生を-・める 浪費を-・める
同じ過失繰り返さないように、過失犯したことをしかる。とがめる 無断欠勤を-・める
警戒する。 御心安きを以て非常を-・めらるべし/太平記 12
(「縛める」と書く)ひもなどでしばる。 あらゆる制約に-・められてゐる人間竹沢先生と云ふ人 善郎
忌むべきこととして嫌う。 人の-・むる五月去ぬ宇津藤原
罰する。こらしめるこの、我国の庭を食ひ殺し候程に、さてこそ-・めて候へ/仮名草子伊曽保物語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「誡める」の関連用語

1
注意 国語辞典
100% |||||

2
戒める 国語辞典
100% |||||

3
戒飭 国語辞典
100% |||||

4
諫める 国語辞典
100% |||||

5
諭す 国語辞典
100% |||||

6
警める 国語辞典
100% |||||

7
警告 国語辞典
100% |||||


9
34% |||||


誡めるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



誡めるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2020 Weblio RSS