《貞操観念》の正しい読み方とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 《貞操観念》の正しい読み方の意味・解説 

《貞操観念》の正しい読み方

「貞操観念」の正しい読み方

貞操観念」は「ていそうかんねん」と読む。

「貞操観念」の意味解説

貞操観念」は主に女性純潔守り性的節制守ること美徳とする考え方を意味する言葉である。「貞操」は本来、人として正しあり方尊び、その考えを変えないことを意味していた。そこから転じて肉体的純潔守り性的事柄溺れない節制心という意味になった。貞操考え方女性に対して求められるのだったが、これは古くから女性は家同士結婚に必要な人員という考え方があったためである。結婚は家同士結びつき強めるための儀式であり、相手裏切らないことを示す意味でも女性は他の男性肉体的繋がりを持っていないことが重視された。そのため、女性自身の純潔守ること美徳見なされるようになったのである

「貞」は正しい心、転じて主など目上の人への忠誠心を意味する文字である。「操」は考え曲げずに身を保つことが本来の意味だ。そこから転じて女性純潔を意味するようになり、「将来夫のために己の純潔を守る」という意味を持つ「貞操」となったのである

なぜ「貞操観念」と読むのか・理由

貞操観念と書いて「ていそうかんねん」と読むのは漢字の音読みに沿ったものだが、女性に対してのみ貞操尊さ求めようになったのは家同士結婚という認識根底にある。結婚男女恋愛発展ではなく、有力な二つの家結びつき、より大きな力を持つ一つ組織になるための儀式であった。儀式に対して真摯な姿勢臨んでいることを示すため、女性には強い貞操観念求められたのである性的事柄ふしだら汚らわしく女性は家の結びつき強めるための必要人員という認識が混ざり合った結果貞操是とする考え方、すなわち貞操観念という読み方定着したのだ。

「貞操観念」の類語・用例・例文

貞操観念」の類語には「純潔」「清純」「貞潔」などがあり、それぞれじゅんけつ」「せいじゅん」「ていけつ」と読む。このうち純潔」「貞潔」は貞操とほぼ同じ用途で使われるが、貞操よりも強い意味を持つ。「清純」は清らかで純粋なものという意味であり、貞操とよく似ているがまったく同じ意味ではない。清純俗悪事柄知らない無垢心という意味合い強く性的事柄ふしだら見なす貞操とは異なっている。「近頃の若い者貞操観念を持っていない」「純潔を保ち続けた人」「あの人清純イメージがある」「貞潔が度を越えている人には関わりたくない」などの例文がある。

「貞操観念」の英語用例・例文

貞操観念」の英語表記は「chastity idea」である。例文として「女性相応し貞操観念を持っている」を英訳した「I have a chastity idea suitable for women.」がある。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

《貞操観念》の正しい読み方のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



《貞操観念》の正しい読み方のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS