国民栄誉賞 辞退した人物

国民栄誉賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/07 14:55 UTC 版)

国民栄誉賞(こくみんえいよしょう)は、日本内閣総理大臣表彰のひとつ。これまでに22人と1団体が受賞しており、賞の運用は1977年昭和52年)に定められた国民栄誉賞表彰規程に従って行われている。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 「なでしこ表彰の舞台裏」 日本経済新聞 2011年8月4日夕刊 政界面
  2. ^ 1977年時点での内閣総理大臣顕彰受賞者は、国家事業・社会事業関係者がほとんどで、スポーツ分野でもオリンピック競技で連覇した代表選手に限られていた。
  3. ^ 叙勲被推薦者たるには70歳を超えている事が必要。
  4. ^ a b c d 国民栄誉賞について - 内閣府
  5. ^ なでしこ、国民栄誉賞の表彰式 記念品は化粧筆7本 朝日新聞 2011年8月18日
  6. ^ a b 吉田選手に国民栄誉賞を授与 記念品は真珠のペンダント 産経新聞 2012年11月7日
  7. ^ 失踪宣告植村直己は没後扱いとする。
  8. ^ 国民栄誉賞受賞 一覧(PDF) - 内閣府
  9. ^ a b 河村建夫官房長官の会見における説明。
  10. ^ “遠藤実さん:国民栄誉賞が正式決定 1月に遺族招き授与”. 毎日新聞. (2008年12月27日). オリジナル2008年12月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20081227084804/mainichi.jp/enta/geinou/news/20081227k0000m010008000c.html 2008年12月27日閲覧。 
  11. ^ “森さんの国民栄誉賞を発表=「放浪記」2000回、国民に夢”. 時事通信. (2009年5月29日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009052900760 2009年5月29日閲覧。 
  12. ^ 没後受賞を含めると、史上最年長受賞は森繁久彌の満96歳没後。
  13. ^ 鳩山由紀夫首相の授与式における説明
  14. ^ “故森繁さんに国民栄誉賞贈呈 首相「国民に愛された」”. 共同通信. (2009年12月22日). http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122201000655.html 2009年12月22日閲覧。 
  15. ^ 官房長官記者発表 平成23年8月2日(火) 首相官邸
  16. ^ 平成25年2月25日 国民栄誉賞表彰式 | 平成25年 | 総理の一日 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ
  17. ^ 大鵬さんの国民栄誉賞表彰 夫人「天国で喜んでいる」 - 朝日新聞 2013年2月25日
  18. ^ a b 内閣官房長官記者会見 平成25年4月1日(月)午後 首相官邸
  19. ^ a b 内閣官房長官記者会見 平成25年4月16日(火)午前 首相官邸
  20. ^ a b イチロー2度打診も辞退 福本氏も「そんなんもろたら…」 - スポーツニッポン 2013年4月2日
  21. ^ a b 「立ちションできへんくなる」国民栄誉賞を辞退した、世界の福本伝説 - 日刊SPA! 2013年4月3日
  22. ^ 福本豊氏が国民栄誉賞辞退の理由「立ちションベン」ではない - 週刊ポスト 2013年4月19日号。
  23. ^ イチローが国民栄誉賞辞退 「モチベーションが低下」 共同通信2004年10月8日
  24. ^ 大薗友和『勲章の内幕』社会思想社現代教養文庫、1999年
  25. ^ 時事ドットコム2011年7月25日
    2000年森喜朗首相による高橋尚子への授与に際して。1つの内閣で2回、3回と授賞した例もある。
  26. ^ 2011年、サッカー日本女子代表への授賞決定を受けての渡辺喜美発言。
  27. ^ 文化庁 映画振興に関する懇談会(第10回)議事要旨
  28. ^ “国民栄誉賞見送りへ 金メダル選手に紫綬褒章”. 共同通信. (2004年8月26日). http://www.47news.jp/CN/200408/CN2004082601003720.html 2011年8月14日閲覧。 
  29. ^ 時事ドットコム:長嶋、松井氏国民栄誉賞関係・談話
  30. ^ 【ソフトB】王会長、長嶋氏栄誉賞喜ぶ - プロ野球ニュース:nikkansports.com


「国民栄誉賞」の続きの解説一覧





国民栄誉賞と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

国民栄誉賞に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「国民栄誉賞」の関連用語

国民栄誉賞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




国民栄誉賞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国民栄誉賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS