web2.0とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > web2.0の意味・解説 

Web 2.0

読み方ウェブ ニーテンレイウェブ ニーテンゼロウェブツーポイントオー
別名:ウェブ2.0,Web2.0

Web 2.0とは、従来Web上で提供されてきたサービスユーザー体験とは一線を画する新し発想によって捉えられた、技術サービスデザインパターンビジネスモデルWebあり方などの総称である。

Web 2.0という表現は、ティム・オライリーTim O'reilly)らによって提唱された。ソフトウェアバージョンアップでよく用いられる数字表記によって、従来Webあり方暗にWeb 1.0」と規定しつつ、Web 2.0はWeb 1.0とは連続しながら質的異な概念であるというニュアンス表現している。2000年中盤以降、Web 2.0は、Webにおける新たな潮流象徴する代表的なキーワードとして度々言及されており、「Web2.0 Summit」や「Web2.0 EXPO」なども開催されるに至っている。

「Web 2.0」という言葉概念については、特に明確な定義づけがなされているわけではないまた、特定の規格標準があるわけでもない。端的説明としては、おおむね動的双方向的」であるとか、「ユーザー参加集合知」、「ロングテール的」などといった要素指摘される場合が多い。あるいは、従来Web 1.0ではPCプラットフォームとしてWeb接続していたが、Web 2.0ではWebそのものプラットフォームとなって諸々機能サービス提供する、と解釈されることもある。


web 2.0

ティム・オライリー2005年9月発表した、Web 2.0の嚆矢とも言える『What Is Web 2.0』(Web 2.0とは何か)では、Web 2.0を特徴づける要素として次の事項が挙げられている。

  1. ユーザーの手による情報の自由な整理Folksonomy
  2. リッチユーザー体験Rich User Experiences)
  3. 貢献者としてのユーザーUser as contributor)
  4. ロングテールThe Long Tail
  5. ユーザー参加Participation
  6. 根本的信頼Radical Trust
  7. 分散性(Radical Decentralization
Web 2.0の特徴 (1) - ユーザーの手による情報の自由な整理フォークソノミー

従来Webでは、Yahoo!ディレクトリDMOZどのように情報ディレクトリ型配置することで情報整理を行ってきた。これに対してWeb 2.0では、ユーザーの手によって、既存分類枠組みとらわれることなく、自由に情報分類配置が行われる。これを実現する手法としてはソーシャルタギングなどがある。

主な例としては、写真共有サイトFlickrや、ソーシャルブックマークdel.icio.usなどを挙げることができる。

Web 2.0の特徴 (2) - リッチユーザー体験

従来Webでは、WebサイトもっぱらHTMLCSSCGIなどによって構成され、静的ページとして提供されていた。これに対してWeb 2.0では、AjaxAsynchronous JavaScript + XML)に代表される動的双方的な技術を用い、斬新リッチ操作体験提供する

主な例としては、Googleが提供しているGoogle MapsGoogle SuggestGmailなどを挙げることができる。

Web 2.0の特徴 (3) - 貢献者としてのユーザー

従来Webでは、情報提供する側からユーザーへと一方向的に情報が提供されており、ユーザーはあくまで情報受け取り手であるに過ぎなかった。これに対してWeb 2.0では、ユーザーによる評価レビュー新たな情報として価値を生み出しコンテンツ形成貢献していく。

主な例としては、Amazon.comカスタマーレビューや、Googleページランク仕組みなどを挙げることができる。

Web 2.0の特徴 (4) - ロングテール

従来小売ビジネスでは、売れている上位20%の商品収益全体80%を売り上げるという「8020法則に従っていた。これに対してWeb 2.0では、あまり売れていない80%の商品ニッチ需要応えることによって、ビジネス成立している。

主な例としては、Amazon.comGoogle AdSenseなどを挙げることができる。

Web 2.0の特徴 (5) - ユーザー参加

従来Webでは、情報コンテンツ)はもっぱら情報提供者側のみによって作成されていた。これに対してWeb 2.0では、コンテンツ制作ユーザー積極的に関与する、あるいはメインコンテンツもっぱらユーザー作成することで、サービスそのもの成立させることができる。

主な例としては、SNSはじめとする各種ソーシャルメディア挙げることができる。

Web 2.0の特徴 (6) - 根本的信頼

従来Webでは、配信される情報技術知的財産権管理保護されるべきであるという志向をもっていた。これに対してWeb 2.0では、情報享受する側にコンテンツ利用応用場合によっては改変認めるという、根本的信頼寄せられている。このため、Web 2.0は、人間知的営み共有し、さらにそれを相互に発展させていこうとする志向をもっていると言える

主な例としては、WikipediaOSSオープンソースソフトウェア)、クリエイティブコモンズなどを挙げることができる。

Web 2.0の特徴 (7) - 分散

従来Webでは、サービスコンテンツは、ポータルサイトから各Webサイトトップページアクセスするように、特定の窓口アクセス経路存在していた。これに対してWeb 2.0では、ロボット型検索エンジンパーマリンク仕組みによってどこへでも直接アクセスすることが可能である。また、データや処理負荷を各エンドユーザーPC任せることによって負荷分散ファイル共有を行うことができる。

主な例としては、BitTorrentなどのファイル共有ソフトや、Webサービス利用したマッシュアップなどを挙げることができる。


『What Is Web 2.0』における「Web 1.0」と「Web 2.0」との比較
Web 1.0    Web 2.0
DoubleClick-->Google AdSense
Ofoto-->Flickr
Akamai-->BitTorrent
mp3.com-->Napster
ブリタニカオンライン-->Wikipedia
個人Webサイト-->ブログ
evite-->upcoming.org、EVDB
ドメイン名取得-->SEO
ページビュー-->クリック単価
スクリーン・スクレイピング-->Webサービス
パブリッシング-->参加
CMS-->ウィキ
タクソノミー(分類学-->フォークソノミー
特定のWebサイトへの執着-->Webサイト垣根越え連携

Web 2.0関連用語、技術サービス

参照リンク
What is Web 2.0 - (Tim O'ReillyによるWeb 2.0の定義。英語)
Web 2.0 Conference - (Web 2.0カンファレンス。英語)
Web 2.0ストラテジー - (オライリー書籍
Web 2.0についてのインタビュー - (Paul Graham

Web 2.0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/01 05:38 UTC 版)

Web 2.0(ウェブ にいてんれい)とは、2000年代中頃以降における、ウェブの新しい利用法を指す流行語である。2005年に発祥し、その後2年間ほど流行した。


[ヘルプ]
  1. ^ What is Web 2.0?(O'REILLY RADAR、2005年9月30日のブログ投稿)。
  2. ^ Web 2.0: Compact Definition?(O'REILLY RADAR、2005年10月1日のブログ投稿)で原文 (英語) が確認できる。
  3. ^ 梅田望夫『ウェブ進化論』(2006年2月、ちくま新書、ISBN 4-480-06285-8)、120ページより引用。
  4. ^ Jürgen Schiller García (2006年9月21日). “Web 2.0 Buzz Time bar”. 2006年10月29日閲覧。
  5. ^ 梅田望夫、『ウェブ進化論』、112~119ページ。
  6. ^ ITmedia、2006年5月30日付の記事参照。
  7. ^ ガバメント2.0 市民の英知が社会を変える』、NHKテレビ「クローズアップ現代」、2013年4月1日放送
  8. ^ ガバメント2.0―政府はプラットフォームになるべきだティム・オライリー特別寄稿、TechCrunch Japan2009年9月5日


「Web 2.0」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「web2.0」の関連用語

web2.0のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ムーヴバンド3

ウォークマン携帯

レグザタブレットAT570

モデム

SH-01E Vivienne Westwood

Xperia Z1 f SO-02F

Dynario

Microsoft Explorer Touch mouse





web2.0のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリWeb 2.0の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのWeb 2.0 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS