動画投稿サイトとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 動画投稿サイトの意味・解説 

動画共有サービス

読み方どうがきょうゆうサービス
別名:動画共有サイト,動画投稿サイト,ビデオシェアリングサービス
【英】video sharing, video sharing service

動画共有サービスとは、インターネット通じて提供されるサービスのうち、ユーザー動画映像)を投稿して他のユーザー共有シェア)するサービス総称である。

動画共有サイト主なコンテンツとなる動画ユーザーによって投稿アップロード)され、視聴者リクエストに応じて再生される。Webブラウザ通じてストリーミング方式再生視聴される場合が多い。また、スマートフォン向けのアプリ多く登場している。

なお、映画テレビドラマなどの映像コンテンツ有料配信するサービスは「動画配信サービス」などと呼ばれ、CGM型の動画共有サービスとは基本的に区別して扱われる。

2005年登場した「YouTube」は、動画共有サイト先駆的存在といえるYouTube登場以降動画共有サイトは急速に人気サービスとして成長普及した。2007年頃には国内外数十単位動画共有サイト登場している。後に「Ustream」に代表される、ライブストリーミング専門とする動画教諭サービスや、「Twitch」に代表されるゲームプレイ専門の動画共有サービス(プレイ動画共有サービス)も多く登場している。

WWWのほかの用語一覧
Webサイト:  タグクラウド  電子掲示板  チャット  動画共有サービス
Webデザイン:  CSSスプライト  KISS  クリッカブルマップ

動画共有サービス

(動画投稿サイト から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/16 12:46 UTC 版)

動画共有サービス(どうがきょうゆうサービス、英語:video hosting service)は、インターネット上のサーバに不特定多数の利用者が投稿した動画を、不特定多数の利用者で共有し、視聴出来るサービスである。動画投稿サイト(どうがとうこうサイト)とも言う。事業者が番組として配信するものはビデオ・オン・デマンドと呼ばれる。




  1. ^ kamisama.orgなど
  2. ^ 陛下の「お言葉」動画、まさかのWMP形式にTwitterユーザーびっくり 「Windows Media Player」がトレンドに
  3. ^ 後藤大地 (2006年8月31日). “動画共有サービスの潮流、YouTube、GUBAからDivX Stage6まで”. マイコミジャーナル. 2010年2月17日閲覧。
  4. ^ a b 増田覚 (2008年1月21日). “2007年に動画共有サイトを訪問した人は2,431万人、2006年から倍増”. INTERNET Watch. 2010年2月18日閲覧。
  5. ^ 永沢茂 (2006年4月27日). “「YouTube」日本から212万人が訪問、平均利用時間は米ユーザーを上回る”. INTERNET Watch. 2010年2月17日閲覧。
  6. ^ 田村奈央 (2006年12月13日). “米ディビックスがDivXの現状を説明、「Stage6のアクセスは半分が日本から」”. IT Pro. 2010年2月17日閲覧。
  7. ^ a b c ネット社会 急成長の舞台裏(2)投稿サイト ヒット生む”. 読売新聞 (2008年8月7日). 2010年2月22日閲覧。
  8. ^ 我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計・試算”. 総務省 (2007年8月22日). 2010年2月18日閲覧。
  9. ^ a b 宋恩實(ソング・ウンシル) (2008年9月30日). “日本と韓国の動画サイト比較1―現状”. インターネットコム. 2010年2月22日閲覧。
  10. ^ 青木大我 (2007年6月15日). “CNNとYouTubeが米大統領選で提携、候補者討論会への質問を動画で受付”. INTERNET Watch. 2010年2月17日閲覧。
  11. ^ 野津誠 (2008年3月26日). “中国の動画共有サイト「優酷網」の利用者が日本でも増加”. INTERNET Watch. 2010年2月22日閲覧。
  12. ^ 動画共有サイト 接触状況 時系列推移”. ビデオリサーチ インタラクティブ (2008年). 2010年2月22日閲覧。
  13. ^ ブロードバンドサービスの契約数等(平成20年6月末)”. 総務省 (2008年9月17日). 2010年2月27日閲覧。
  14. ^ 永井美智子(編集部) (2008年10月23日). “YouTube、ついにJASRACと音楽著作権の包括利用許諾契約を締結”. CNET Japan. 2010年2月22日閲覧。
  15. ^ Michael Arrington (2009年6月10日). “YouTubeビデオの再生回数、1日10億回を超える”. TechCrunch. 2010年2月26日閲覧。
  16. ^ Katherine Haddon (2009年5月28日). “世界の注目集めるスーザン・ボイルさん、いよいよ決勝”. AFPBB News. 2010年3月25日閲覧。
  17. ^ NTT コミュニケーションズとの協力による映像配信、動画監視システムの事業展開を開始
  18. ^ Michael Arrington (2006年11月23日). “CBS、YouTubeに大興奮”. TechCrunch. 2010年2月22日閲覧。
  19. ^ 野津誠 (2007年6月19日). “YouTubeに「スカパー!」の動画配信ページ開設、日本企業初”. INTERNET Watch. 2010年2月22日閲覧。
  20. ^ 目黒譲二 (2007年12月19日). “自民党、「YouTube日本版」にブランドチャンネル「LDP channel」を開設”. CNET Japan. 2010年2月22日閲覧。
  21. ^ ヨン・キム (2008年8月1日). ““見逃し視聴”が大ヒット,テレビの見方が変わる実感”. IT Pro. 2010年2月27日閲覧。
  22. ^ 池田信夫『電波利権』 P161
  23. ^ Emi KAMINO (2008年8月8日). “文科省がYouTubeに情報チャンネルを開設”. CNET Japan. 2010年1月14日閲覧。
  24. ^ Erick Schonfeld (2009年3月24日). “Hulu、2月の閲覧者数は1000万増。米国内ビデオサイト第4位の地位を獲得”. TechCrunch. 2010年2月22日閲覧。
  25. ^ 共同通信 (2009年12月24日). “NHK番組配信伸び悩み 値下げや期間延長も検討”. 47NEWS. 2010年2月25日閲覧。
  26. ^ コーポレート・コミュニケーション局 広報部 (2009年2月23日). “2008 年の日本の広告費は6兆 6,926億円、前年比 4.7%減”. 電通. 2010年2月26日閲覧。
  27. ^ コーポレート・コミュニケーション局 広報部 (2010年2月22日). “2009 年の日本の広告費は5 兆9,222 億円、前年比11.5%減”. 電通. 2010年2月24日閲覧。
  28. ^ a b テレビ局の動画配信サイトが本格化の兆し”. ネットレイティングス株式会社 (2009年4月23日). 2010年2月17日閲覧。
  29. ^ 西畑 浩憲 (2010年3月25日). “民放キー局ら5社がGyaOに出資、有料配信や番組プロモーションに活用”. IT Pro. 2010年3月25日閲覧。
  30. ^ Judy Mottl (2009年1月22日). “大統領就任式の動画配信、障害がありつつも記録的なトラフィック”. インターネットコム. 2010年2月23日閲覧。
  31. ^ Yahoo!動画と統合した新生「GyaO!」の利用者数がニコニコ動画を上回る”. ネットレイティングス株式会社 (2009年10月27日). 2010年2月16日閲覧。
  32. ^ Japanese Internet Users Glued to Entertainment Sites”. comScore (2009年4月9日). 2010年2月24日閲覧。
  33. ^ U.S. Online Video Market Continues Ascent as Americans Watch 33 Billion Videos in December”. comScore (2010年2月5日). 2010年2月16日閲覧。
  34. ^ Top U.S. Online Video Content Properties* by Unique Viewersによる順位。Top U.S. Online Video Content Properties* by Videos Viewed December 2009による本数
  35. ^ Leena Rao (2010年2月5日). “ハウツービデオ界での地位を獲得しつつある 5min”. TechCrunch. 2010年2月16日閲覧。
  36. ^ U.K. Online Video Viewing Audience Grows 10 Percent during Past Year to Nearly 30 Million Viewers”. comScore (2009年3月17日). 2010年2月27日閲覧。
  37. ^ 25 Million People Watched More Than 2 Billion Videos Online in France in September 2008”. comScore (2008年11月27日). 2010年2月27日閲覧。
  38. ^ Global Internet Audience Surpasses 1 Billion Visitors, According to comScore”. comScore (2009年1月23日). 2010年2月27日閲覧。
  39. ^ 肖 宇生(しょう うせい) (2010年2月25日). “中国動画サイト競争に再び火をつけた「三網合一」”. IT Plus. 2010年2月27日閲覧。
  40. ^ Robin Wauters (2010年2月27日). “Huluの投資家がBaidu(百度)のオンラインビデオ企業Qiyiに$50Mを投資”. TechCrunch. 2010年2月27日閲覧。
  41. ^ ネット動画の利用実態、20〜40代は「投稿」「音楽系」、50歳以上は「映画・テレビ番組」”. IT Plus (2008年3月24日). 2010年2月27日閲覧。
  42. ^ 歌田明弘 (2008年5月16日). “動画視聴の実態・アメリカ編――動画広告の発展(2)”. WIRED VISION. 2010年2月27日閲覧。
  43. ^ インターネットコム編集部 (2009年10月21日). “半数以上が、1年前に比べて動画共有サイトの利用「増えた」―動画共有サイトに関する定期リサーチ(2)”. インターネットコム. 2010年2月27日閲覧。
  44. ^ 第9回ブロードバンドコンテンツ利用実態調査”. gooリサーチ (2008年4月8日). 2010年2月27日閲覧。
  45. ^ a b 神田敏晶『YouTube革命』
  46. ^ Greg Sandoval (2006年10月23日). “あくまでも「法令遵守」を貫くユーチューブ--そして、この事実に気付かないユーザーたち”. CNET Japan. 2010年3月5日閲覧。
  47. ^ 坂和敏 (2006年9月19日). “あのYouTubeがついに?!--ワーナーと提携、音楽を無料・合法配信へ”. CNET Japan. 2010年3月5日閲覧。
  48. ^ Greg Sandoval (2006年7月19日). “「デジタルミレニアム著作権法を遵守している」--YouTube、著作権侵害訴訟でコメント”. CNET Japan. 2010年3月5日閲覧。
  49. ^ a b Greg Sandoval (2007年3月14日). “バイアコム、YouTubeとグーグルを提訴--著作権侵害行為で10億ドル要求”. CNET Japan. 2010年3月5日閲覧。
  50. ^ Dawn Kawamoto (2008年8月29日). “Veoh、動画配信をめぐる著作権侵害訴訟で勝訴--グーグルに与える影響は?”. CNET Japan. 2010年3月5日閲覧。
  51. ^ Steven Musil (2008年7月3日). “グーグル対Viacom訴訟、ソースコード公開は不要との判定”. CNET Japan. 2010年3月5日閲覧。
  52. ^ ユリ・ゲラー氏、「著作権法を曲げた」と訴えられる”. ITMedia (2007年5月9日). 2010年3月5日閲覧。
  53. ^ YouTube動画の「不適切な削除依頼」めぐる訴訟、レーベルが敗北”. ITMedia (2010年3月2日). 2010年3月5日閲覧。
  54. ^ JASRAC、YouTubeに削除要請 ACCSも「対策を検討」”. ITMedia (2006年7月25日). 2010年3月5日閲覧。
  55. ^ YouTubeが動画3万件を削除 日本のテレビ局やJASRACが要請”. ITMedia (2006年10月20日). 2010年3月5日閲覧。
  56. ^ a b 石田哲也 (2008年8月21日). “デジタルコンテンツ流通促進には新たな法的枠組み必要 - 自民党・牧原議員”. マイコミジャーナル. 2010年3月5日閲覧。
  57. ^ 池田信夫『電波利権』 P168
  58. ^ 滝沢泰盛 (2006年6月12日). “IP放送は有線放送と同じか?--- 著作権見直し方針に見える文化庁の深謀遠慮”. IT Pro. 2010年3月5日閲覧。
  59. ^ 改正著作権法が成立 「ダウンロード違法化」「検索キャッシュ合法化」へ”. ITMedia (2009年6月12日). 2010年3月5日閲覧。
  60. ^ a b 野澤哲生 (2009年3月10日). “改正著作権法が閣議決定,YouTubeの閲覧は…”. Tech-On!. 2010年3月5日閲覧。
  61. ^ Emi KAMINO (2010年1月22日). ““日本版フェアユース”導入の結論は先送り--文化庁法制問題小委でWTが報告書”. CNET Japan. 2010年3月5日閲覧。
  62. ^ http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100614_374322.html
  63. ^ “違法動画8百万回以上閲覧される ブログ通じアクセス促す”. 47NEWS. (2010年6月14日). http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061401000626.html 2011年4月10日閲覧。 。これは日本におけるYouTubeの著作権侵害で初の摘発である“ユーチューブに漫画違法投稿容疑 名古屋市の中学生逮捕”. 47NEWS. (2010年6月14日) 
  64. ^ YouTubeへの動画違法アップロードで初摘発 「嵐」のライブ映像投稿の会社員逮捕
  65. ^ ニコ動に映画投稿、容疑の男を全国初の摘発「みんなでコメント共有したかった」 警視庁 - MSN産経ニュース
  66. ^ 海外動画配信サイトに特撮作品を違法アップロード、男性を逮捕 | 著作権侵害事件 | ACCS
  67. ^ つまようじ混入少年逮捕 建造物侵入容疑 滋賀県の電車内で確保 - 産経新聞、2015年1月18日閲覧。
  68. ^ 「爪楊枝投稿バカ少年」どんな罪に問われるのか?混入や万引きは偽装映像 - J-CASTテレビウォッチ、2015年1月19日閲覧。
  69. ^ ようじ動画の少年「発言力増すため」万引き否定 - 読売新聞、2015年1月19日閲覧。
  70. ^ 知的財産戦略本部会合(第21回)”. 知的財産戦略本部 (2008年12月24日). 2010年3月15日閲覧。
  71. ^ 角川歴彦 (2008年12月24日). “日本コンテンツ産業の海外戦略と動画配信ビジネスの現状”. 知的財産戦略本部. 2010年3月15日閲覧。
  72. ^ 2009年度音楽メディアユーザー実態調査報告書”. 日本レコード協会 (2010年2月25日). 2010年3月15日閲覧。
  73. ^ 事業仕分けネット生中継、数千人接続もパンク回避”. 読売新聞 (2009年11月11日). 2010年3月25日閲覧。
  74. ^ そらの (2010年2月28日). “第一回朝ダダ『どうなるこれからのジャーナリズム!』【3】”. ケツダンポトフ. 2010年3月15日閲覧。 21分50秒頃から25分頃まで。
  75. ^ メディア・パブ (2009年4月6日). “YouTube、膨れ上がる赤字”. 2010年2月26日閲覧。
  76. ^ Ryan Singel (2009年10月19日). “「YouTubeの帯域利用料はゼロ」:ネットワーク構造の変化で”. WIRED VISION. 2010年2月26日閲覧。
  77. ^ Michael Arrington (2008年12月18日). “JoostはP2Pを全面放棄”. TechCrunch. 2010年3月16日閲覧。
  78. ^ 垣内郁栄 (2007年11月19日). “GyaOがMS「Silverlight」採用――Flash Video落選のわけは?”. @IT. 2010年3月9日閲覧。
  79. ^ 後藤大地 (2010年1月25日). “YouTubeがHTML5 Videoサポート、Firefoxはサポートしない”. マイコミジャーナル. 2010年3月9日閲覧。
  80. ^ 増田覚 (2008年2月26日). “KDDIやGoogleなどが日米間の光海底ケーブルを敷設、YouTubeの転送量増大の影響も”. Gigazine. 2010年3月26日閲覧。
  81. ^ 株式会社リクルート キーマンズネット (2008年5月7日). “「著作権侵害コンテンツ検出技術」ってなんだ?!”. J-Net21. 2010年3月9日閲覧。
  82. ^ ニコ動、著作権侵害動画を自動で検出 フィンガープリント技術をテスト”. ITmedia (2009年10月1日). 2010年3月10日閲覧。


「動画共有サービス」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「動画投稿サイト」の関連用語

動画投稿サイトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

BlackBerry Curve 9350

小数点表示桁上げ

ポケモンGO

Withings Steel HR

Kindle App for iPad

ThinkStation P320 Tiny

BlackBerry Bold 9700

Kindle Fire HD





動画投稿サイトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ動画共有サービスの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの動画共有サービス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS