鳥海山とは?

鳥海山(秋田県・山形県)

 2236m 北緯390557秒 東経140度02分56秒 (新山)(測定点)   ※座標世界測地系による
 2229m 北緯390558秒 東経1400305秒 (七高山)(三角点)  ※座標世界測地系による
  鳥海山地図鳥海山の写真
                                  (写真クリック拡大:335KB)


概要

 玄武岩安山岩SiO2 5162%)の成層火山基底直径は、東西26km南北14km地形的には、なだらかで侵食が進んだ西鳥海山とやや急峻新し溶岩地形をもつ東鳥海山に二分され、それぞれの山頂部に山体崩壊によって生じた馬蹄形カルデラがある。
 活動史は大きく3期に区分される。第1期はこの火山主体形成した時期、第2期は溶岩が西鳥海山の表面を覆った時期、第3期は山体東部円錐形の東鳥海山が形成された時期西山火口からの溶岩流を含む)。約2,600年前、東鳥海山の山頂部が崩壊して岩屑なだれ北から北西に流下し、北に開く馬蹄形カルデラが生じた。象潟きさかた)、由利原の多数流れ山はこの堆積物地形。同カルデラ形成後、カルデラ内山頂部付近活動続き溶岩流カルデラの約1/3を埋積した。
 東鳥海山の2つの中央火口丘のうち、新山(別名、享和岳)は、1801年噴火で生じた溶岩ドーム有史後の活動は、1801年噴火以外は火山灰放出であった。泥流を生じやすい。
 別名、出羽富士秋田富士羽山

最近1万年間の活動

 約2万年前から、主に現在の山頂作る鳥海火山体の形成時期にあたる。一方縄文時代には山体西部火口噴火活動発生し、溶岩流日本海達した。その後、約2600前には東鳥海火山体の山頂付近大規模山体崩壊起こり、北に開いた馬蹄形カルデラ形成された。この時の崩壊堆積物象潟岩屑流と呼ばれ、北~北西麓に広く分布している。その後活動は、この馬蹄形火口内における溶岩流出水蒸気爆発主体である。歴史に残る1801年噴火活動がでは、新山溶岩ドーム形成された(1984中野19931974年には小規模水蒸気爆発があった(宇井:1975)。

記録に残る火山活動

  過去の火山活動履歴

※「概要」及び「最近1万年活動」については日本活火山総覧(第3版)(気象庁編、2005)、「記録に残る火山活動」については前述活火山総覧及び最近観測成果による。


火山活動解説資料

 気象庁実施した火山観測データ解析結果や、火山活動診断結果掲載します。毎月1回、上旬公表します。
 2004年に鳥海山の調査観測実施しました。このうち現地観測結果掲載しました。最新号(2004年10月の火山活動解説資料(pdf:263kb))



鳥海山

名称: 鳥海山
ふりがな ちょうかいざ(さ)ん
種別 史跡
種別2:
都道府県 2県以上
市区町村 山形県飽海郡遊佐町秋田県由利本荘市森子矢島町にかほ市象潟町
管理団体 由利本荘市にかほ市
指定年月日 2008.03.28(平成20.03.28)
指定基準 史3
特別指定年月日
追加指定年月日 平成21.07.23
解説文: 鳥海山は山形県秋田県との県境またがり裾野日本海広げる独立峰火山標高2,236m)で、古代から現代に至る信仰の山である。大物忌神承和5年(838)を初見神階の奉授がくり返される。大物忌神社祭神近世以降倉稲魂神農業神とされるが、古代史料からは祭神大物忌神であり、鳥海山を神体山とするもので、その神名天変地異対す畏れ慎みを意味する「物忌」に発する考えられる月山神社同所に祀られ、神仏習合進行のなかで、「出羽国一宮両所大菩薩」等の呼称を生んだ。鳥海山には山形県遊佐町吹浦岡、秋田県にかほ市小滝院内由利本庄市滝沢矢島の各登拝口があり、秋田県由利地方山形県庄内地方中心に信仰された。江戸時代には登拝口の間で鳥海山の祭祀をめぐる争いがあった。明治13年(1880)、鳥海山山頂社殿を「本殿」、吹浦岡に鎮座するふたつの大物忌神社をその「口ノ宮」とし、三社をもって国幣中社大物忌神社」とすることが決められた。
 古代国家辺境にあって、古代には国家守護神として、また古代末から中・近世通じて出羽国中心的信仰山として崇敬され、特に近世以降農業神として信仰された鳥海山の信仰中心を担う大物忌神社は、古代から中・近世宗教信仰実態を知るうえで重要である。
史跡名勝記念物のほかの用語一覧
史跡:  鳥取城跡  鳥取藩主池田家墓所  鳥取藩台場跡  鳥海山  鳥羽山洞窟  鳥羽殿跡  鳥越城跡

鳥海山

読み方:チョウカイサン(choukaisan)

正称 鳥海山大物忌神社

教団 神社本庁

所在 山形県飽海郡遊佐町

祭神 大物忌神

神社名辞典では1989年7月時点の情報を掲載しています。

鳥海山

作者森敦

収載図書昭和文学全集 29
出版社小学館
刊行年月1988.2

収載図書森敦全集 第3巻 作品 3
出版社筑摩書房
刊行年月1993.1


鳥海山

読み方:チョウカイサン(choukaisan)

作者 森敦

初出 昭和49年

ジャンル 小説


鳥海山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/20 08:03 UTC 版)

鳥海山(ちょうかいさん、ちょうかいざん[2])は、山形県秋田県に跨がる標高2,236mの活火山。山頂に雪が積もった姿が富士山にそっくりなため、出羽富士(でわふじ)とも呼ばれ親しまれている。秋田県では秋田富士(あきたふじ)、山形県では庄内富士(しょうないふじ)とも呼ばれている。古くからの名では鳥見山(とりみやま)という。鳥海国定公園に属する。日本百名山[3]日本百景の一つ。2007年平成19年)に日本の地質百選に選定された。




[ヘルプ]
  1. ^ 地図閲覧サービス 2万5千分1地形図名:鳥海山(新庄)国土地理院、2010年12月31日閲覧)
  2. ^ a b 日本の主な山岳標高:山形県国土地理院、2010年12月31日閲覧)
  3. ^ 『日本百名山』深田久弥(著)、朝日新聞社、1982年、ISBN 4-02-260871-4
  4. ^ 土屋巌:鳥海山貝形小氷河の雪氷気候学的研究 (1) 一年々変動と年層構造 雪氷 Vol.39 (1977) No.2 P65-76
  5. ^ 岩崎敏夫 編 『東北民俗資料集(二)』 萬葉堂書店 1972年10月 の「鳥海山信仰」に収録された山形県飽海郡遊佐町の民間伝承より。話者は遊佐町の高橋佐太郎。
  6. ^ a b 群馬大学教育学部 早川由紀夫研究室 『稲荷山の鉄剣と榛名山の噴火』
  7. ^ 鳥海山 産業技術総合研究所 地質調査総合センター 中野俊
  8. ^ a b 鳥海山 有史以降の火山活動 気象庁
  9. ^ 宇井忠英、柴橋敬一:鳥海山 1974 年の火山活動 火山. 第2集 20(2), 51-64, 1975-08-01
  10. ^ a b c d e 姉崎岩蔵 『鳥海山史』 ㈱国書刊行会 1983年12月 より。
  11. ^ a b c d 安斎 徹・橋本賢助・阿部正巳 『山形郷土研究叢書第7巻 名勝鳥海山』 国書刊行会 1982年11月 より。
  12. ^ a b 谷川健一 編 『日本の神々 -神社と聖地- 12 東北・北海道』 ㈱白水社 1984年6月 より。
  13. ^ a b 『続日本後紀』承和7年(840年)7月26日の条、『日本三代実録』元慶8年(884年)9月29日の条および仁和元年(885年)11月21日の条では大物忌神が石の兵器(『日本三代実録』の記述によれば石の)が振ったとの記述が見られるが、これは石器を含んだ古代遺物の包含層が雨や波の浸食によって削られ、土中の石器が表出したものを、当時の人々が「大物忌神が石の鏃を降らせた怪異」と理解した可能性がある事を『山形郷土研究叢書第7巻 名勝鳥海山』および『鳥海山史』では述べている。
  14. ^ a b c 山形県 『山形県史 通史編第1巻 原始・古代・中世編』 山形県 1979年3月 より。
  15. ^ 山形県神社庁五十周年記念事業実行委員会出版部 編 『山形縣神社誌』 山形県神社庁 2000年4月 より。
  16. ^ a b c d e f g 「鳥海山南麓岩石採取問題 遊佐町が業者の土地購入方針」(『荘内日報』2013年11月1日)
  17. ^ a b 「鳥海山麓東部地区における岩石採取について」(山形県ホームページ、2013年6月17日)
  18. ^ a b c d e f 「遊佐町、土地購入の方針」(『朝日新聞』2013年10月30日)
  19. ^ a b 「鳥海山採石 山形県、業者計画を認可」(『河北新報』2013年12月4日)



鳥海山

出典:『Wiktionary』 (2008/02/02 12:38 UTC 版)

固有名詞

ちょうかいさん

  1. 山形県秋田県との境に位置する活火山標高は2236mであり、東北地方第二位高峰





鳥海山と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

鳥海山に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鳥海山」の関連用語

鳥海山のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

八丈島

池田・山川

箱根山

若尊

岩木山

アカンダナ山

富士山

硫黄島





鳥海山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
気象庁気象庁
©2016 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2016 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳥海山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鳥海山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS