臨時国会とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 国会 > 臨時国会の意味・解説 

りん じこっかい -こくくわい [4] 【臨時国会】

通常国会のほかに,内閣またはいずれか議院の総議員4分の1上の要求があった場合など,必要に応じて臨時召集される国会。 〔法令上は「臨時会」という〕 → 通常国会特別国会

臨時国会(りんじこっかい)

内閣決定により召集される国会

憲法国会法規定によると、内閣は、臨時国会の召集決定することができる。また、衆議院参議院どちらか一方で、総議員数の4分の1上の要求があった場合は、内閣直ちに臨時国会の召集決定なければならない

毎年開かれることが決まっている通常国会や、総選挙のあとに必ず開かれる特別国会とは異なり、臨時国会は、必要に応じていつでも閣議決定により召集することができる。

最近では、通常国会閉会(6月)後、夏休みをはさんで秋に召集されることが慣例となっている。景気対策として、補正予算編成主な課題となっているが、法案審議など国会機能通常国会と同じである。

会期は、衆参両議院一致決定し、2回までならさらに延長することが認められている。

(2000.07.29更新


臨時会

(臨時国会 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/25 07:22 UTC 版)

臨時会(りんじかい)は、会期の一種で、常会特別会以外に、臨時に召集される国会のこと。日本国憲法第53条に規定されている。一般にマスメディア等では臨時国会と呼ばれている。




  1. ^ a b c 樋口陽一・中村睦男・佐藤幸治・浦部法穂著 『注解法律学全集3 憲法Ⅲ(第41条~第75条)』 青林書院、1998年、106頁
  2. ^ a b 佐藤功著 『新版 憲法(下)』 有斐閣、1984年、711頁
  3. ^ 伊藤正己著 『憲法 第三版』 弘文堂、1995年、452頁
  4. ^ a b 佐藤功著 『新版 憲法(下)』 有斐閣、1984年、713頁
  5. ^ 【Q&A 臨時国会召集】拒否なら異例 憲法規定の要求は37回目 共同通信 2015年10月22日
  6. ^ この3回については、要求の翌年1月に常会が召集された。2003年11月27日の要求については53日後の2004年1月19日からの常会、2005年11月1日の要求については80日後の2006年1月20日からの常会、2015年10月21日の要求については76日後の2016年1月4日からの常会がそれぞれ召集されている。
  7. ^ 参議院外交防衛委員会2003年12月16日における内閣法制局長官の答弁(『参議院外交防衛委員会(第158回国会閉会後)会議録第1号』p.24.)
  8. ^ 2016年10月21日の臨時国会召集要求書(衆議院は衆院発第225号と参議院は参庶文発第36号)に対して、内閣官房長官は同年12月15日 に、2017年1月4日に常会を召集することに決定したとの書面(内閣閣第225号)を送付した(『官報』第6679号、平成27年12月17日、p.7.)。


「臨時会」の続きの解説一覧





臨時国会と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

臨時国会に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「臨時国会」の関連用語

臨時国会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

堀口弘治

フクリンアミジ

トパゾライト

ニシキツバメガイ

ゴムブロック舗装

リフトバウンス

吉野和紙

結城豊太郎





臨時国会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの臨時会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS