徒とは?

あだ [2] 【徒

形動[文] ナリ
実を結ばないさま。かいのないさま。むだ。 「せっかくの好意を-にしてはいけない」 「親切のつもりが-となる」
誠実さ欠け,うわついているさま。 「是(これ)(もと)より-なる恋にはあらで/金色夜叉 紅葉
はかなくもろいさま。 「花よりも人こそ-になりにけれ/古今 哀傷
扱いおろそかなさま。粗略。 「たしかに枕上参らすべき祝ひの物にて侍るあなかしこ,-にな/源氏
役に立たないさま。つまらないさま。 「荒れたる軒に生ひたる-なるなれども/十訓 8
俳論用語。蕉風俳諧で,無邪気ユーモラス詩趣のこと。 「伊賀作者,-なる処を作して尤なつかし去来抄
[句]

いたずら いたづら 【徒

形動ナリ
無益であるさま。役に立たないさま。無駄で価値のないさま。現代では「いたずらに」の形で副詞的に用いる。 「 -なる所は,耳のはた鼻のみねなりけり宇津俊蔭
することもなく,手もちぶさたなさま。ひまなさま。 「舟もいださで-なれば/土左
役に立っていないさま。 「南の町には-なる対などもなし/源氏 玉鬘」 → いたずら悪戯
[句]

かち [1] 【〈徒歩〉・徒

乗り物を使わず歩くこと。とほ。 「母御の-にて歩(あゆ)せ給ふ御痛敷候/太平記 11
陸路を行くこと。
武士の身分の一。江戸時代幕府諸藩とも御目見得以下,騎馬を許されぬ軽輩武士。おかち。
徒侍かちざむらい」の略。
徒士組かちぐみ」の略。 〔は「徒士」とも書く〕

[1] 【徒

律の五刑の一。懲役刑一年から三年まで半年ごと五段階分かれる(じよう)より重く,流(る)より軽い。徒刑徒罪

ただ [1] 【只・徒

〔「ただ(直)」と同源
( 名 )
代金不要なこと。無料無償ロハ。 《只》 「機械を-で使わせる」 「この酒は-だ」
別に変わった点がないこと。普通。 「 -の人」 「 -のかすり傷」 「 -でさえ混雑するのに,休日だから身動きできない
何事もないこと。無事。 「 -で済むとは思われない」
形動ナリ
取り立てるほどのことのないさま。普通。 「まだいと若うて,后の-におはしける時とや/伊勢 6
何もしないさま。むなしいさま。 「 -にて帰り参りて侍らむは,証候ふまじきにより/大鏡 道長
( 副 )
ありきたりに。普通。 「 -有るくちなわなめりと人思ふ程に/今昔 13
何もせず。 「御忌日なれば,猶-臥し給へれ/落窪 2」 → ただならぬ
[句]

[1] 【徒】

仲間同類の人たち。やから。 「無頼の-」 「忘恩の-」 「学問の-」

【と】[漢字]

【 土 】
⇒ ど〔土〕 [漢]
【 斗 】 [音] ト
容量をはかる容器ひしゃく。また,容積単位。 「 斗酒
ますがた。 「 斗栱(ときよう)
星座の名。大熊七星。 「 斗南泰斗北斗七星
【 吐 】 [音] ト
はく。はきだす。 「 吐血吐瀉(としや)嘔吐吞吐(どんと)音吐朗朗
【 兎[音] ト
うさぎ。 「 狡兎(こうと)脱兎
月にうさぎがいるという伝説から,月のこと。 「 烏兎(うと)玉兎
【 図 】
⇒ ず〔図〕 [漢]
[音] ト ・ズ
とざす。とじる。 「 杜絶
杜甫(とほ)のこと。 「 杜詩李杜
【 妬 】 [音] ト
ねたむ。そねむ。 「 妬視妬心嫉妬(しつと)
【 度 】
⇒ ど〔度〕 [漢]
【 徒 】 [音] ト ・ズ
乗り物に乗らずに歩く。 「 徒行徒渉徒歩
手に何も持たない。 「 徒手
役に立たない。むだ。いたずら。 「 徒死徒食徒然徒費徒労
弟子。しもべ。 「 徒弟学徒信徒生徒門徒仏教徒
仲間ともがら。 「 徒党博徒暴徒
罪人懲役の刑。 「 徒刑 ・囚徒 」
【 途 】 [音] ト ・ズ
みち。みちすじ。 「 途次途上途中帰途首途前途中途半途三途(さんず)
すじみち道理。 「 途轍(とてつ)途方
【 都 ( 都 ) 】 [音] ト ・ツ
人のたくさん集まっているところ。 「 都会都市都塵
みやこ。中央政府のある都市。 「 都城都心都鄙(とひ)都府旧都皇都古都首都遷都帝都奠都(てんと)
地方公共団体の一。東京都。 「 都営都下都議都庁都電都内都民都立
洗練されている。都会風。 「 都雅
統率する。すべおさめる。 「 都護都督
すべて。 「 都合(つごう)都度(つど)
【 堵[音] ト
かき。かきね。 「 堵列安堵(あんど)
【 屠[音] ト
ほふる。ころす。家畜などの体を切り裂く。 「 屠牛屠殺屠所屠場屠人
切り裂く。 「 屠腹
【 渡 】 [音] ト
わたる。わたす。 「 渡河渡海渡航渡船渡島渡頭渡米渡来
移る。過ごす。 「 渡世過渡期
物を人の手にわたす。 「 譲渡
【 登 】
⇒ とう〔登〕 [漢]
【 塗 】 [音] ト
どろ。 「 塗炭泥塗
ぬる。 「 塗装塗布塗抹(とまつ)塗料糊塗(こと)
みち。途。 「 道聴塗説
【 賭 】 [音] ト
かけをする。かけごと。 「 賭場賭銭賭博(とばく)

むだ [0] 【無駄・徒

( 名 ・形動[文] ナリ
しただけの効果効用のないこと。役に立たないこと。また,そのさま。無益。 「 -をする」 「 -を省く」 「努力が-になる」 「 -な骨折り
むだぐち。 「昇の-を聞ては可笑(おか)しがつて/浮雲 四迷
派生 -さ ( 名 )


読み方:カチ(kachi)

(1)乗物や馬に乗らず歩くこと。
(2)徒歩行列供奉などを勤め下級武士


読み方:ズ(zu

古代の律に定められた刑罰の一。懲役刑


読み方:いたずら

  1. 徒。男女ひそかに情を通ず俗語私通密通いたづらごと、みそかごとに同じ。
  2. 男女密かに情を通ずることをいふ。〔情事語〕
  3. 男女密かに情を通ずることで、私通姦通淫奔などの意がある俗語。「いたづら娘」と云へば淫奔娘、道楽娘、浮気娘のこと。「いたづらもの」と云へば男にも女にも云ふが、色事にかけてよからぬ癖のある男または女を云ふ。「みそかごと」に同じ。
  4. 男女密通

分類 情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

徒罪

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/29 02:18 UTC 版)

徒罪(ずざい・徒刑(ずけい))とは、律令法五刑の一つ。3番目に重い刑罰である。受刑者を一定期間に拘禁して、強制的に労役に服させる刑で今日の懲役と似た自由刑である。日本大宝律令養老律令では、単に「」と記されている。




「徒罪」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/11/01 20:54 UTC 版)

発音

名詞


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





徒と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

徒に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「徒」の関連用語

1
100% |||||



4
100% |||||




8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

徒のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アシボソムラサキハツ

フォーアイバタフライフィッシュ

エメンタール・プレミエクリュ

C-130H

ミズメ

89式5.56mm小銃

USBミニ端子

クモハ1000形





徒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徒罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS