悪戯とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 悪戯 > 悪戯の意味・解説 

あく ぎ [1] 【悪戯】

悪いいたずらわるふざけ。 「腕白少年時代のエクセントリツクな-に憧れたりした/秘密 潤一

いたずら いたづら [0] 【〈悪戯〉】

( 名 ・形動スル [文] ナリ
〔「いたずら(徒)」と同源
人の迷惑になるようなふざけた行為。また,そうした行為をするさま。悪ふざけ悪さ。 「 -な子供」 「単なるにしては悪質だ」
本来おもちゃでないもので遊ぶこと。 「ライターを-してはいけない」
自分趣味などを謙遜していう語。手なぐさみ。 「ちょっとパソコンを-しています」
品行よくない・こと(さま)。 「 -娘」
異性に対し,みだらな行為をはたらくこと。 「教え子に-する」
自然現象などが)人に思わぬ影響作用を及ぼすこと。 「運命の-」


悪戯

読み方:イタズラ(itazura)

悪いいたずら


悪戯

作者甲賀三郎

収載図書創作探偵小説選集 第2輯 〔復刻版
出版社春陽堂書店
刊行年月1994.4

収載図書緑色の犯罪
出版社国書刊行会
刊行年月1994.4
シリーズ名探偵クラブ

収載図書怪奇探偵小説集 2
出版社角川春樹事務所
刊行年月1998.6
シリーズ名ハルキ文庫

収載図書琥珀のパイプ 復刻版
出版社春陽堂書店
刊行年月1999.7
シリーズ名創作探偵小説

収載図書琥珀のパイプ
出版社日本図書センター
刊行年月2001.11
シリーズ名甲賀三郎全集


悪戯

作者林葉直子

収載図書アバンチュール
出版社竹書房
刊行年月1996.8


悪戯(いたずら)

作者安藤憲一

収載図書青春の譜
出版社文芸社
刊行年月2002.8


悪戯

作者星田

収載図書鳥籠
出版社文芸社
刊行年月2005.7


悪戯

読み方:イタズラ(itazura)

作者 伊藤野枝大杉栄

初出 大正10年

ジャンル 評論


悪戯

読み方:イタズラ(itazura)

作者 宇野千代

初出 昭和5年

ジャンル 小説


悪戯

読み方:イタズラ(itazura)

作者 志賀直哉

初出 昭和21年

ジャンル 小説


悪戯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/15 02:27 UTC 版)

悪戯(いたずら、あくぎ、prank, mischief, practical joke)とは、悪ふざけ、人を担ぐこと。度を超した悪戯を「悪ふざけ」という。






「悪戯」の続きの解説一覧





悪戯と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

悪戯に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「悪戯」の関連用語

悪戯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サファリ

北尾まどか

ペライト

山森 忠直

ツクシホウズキ

足の骨

Golf

タイヤレバー





悪戯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの悪戯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS