チェルノブイリ原子力発電所事故とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > 事件・事故 > 事件・事故 > 原子力事故 > チェルノブイリ原子力発電所事故の意味・解説 

チェルノブイリ原子力発電所事故

読み方:チェルノブイリげんしりょくはつでんしょじこ
別名:チェルノブイリ発電所事故チェルノブイリ原発事故チェルノブイリ事故
英語:Chernobyl disaster

1986年ソビエト連邦チェルノブイリ原子力発電所2011年現在のウクライナ位置する)で発生した深刻な原発事故原子炉(4号炉)が炉心溶融メルトダウン)ののち再臨界によって爆発火災とともに大量放射性物質飛散した。現場にいた作業員などの多く急性放射線障害によって死亡周辺地域住人にも放射線被ばくによる甲状腺がん罹患するなど、深刻な健康被害をもたらしている。

チェルノブイリ原子力発電所事故は、「国際原子力事象評価尺度レベル7」に位置づけられ、世界最悪原子力事故として世界的に知られるようになった。なお、4号炉はコンクリートポンプ車などによって「石棺」(サルコファーク)と通称されるコンクリート塊の中に炉ごと封じられた。

2011年3月11日東京電力福島第一原子力発電所で起きた原発事故では、当初国際原子力事象評価尺度レベル5」と発表されたが、原子炉から大気中に放出されたと見られる放射性物質検出量が数十テラベクレル水準に上ったことから、4月12日に「国際原子力事象評価尺度レベル7」へと暫定的引き上げられた。これによって福島原発事故が「チェルノブイリ並み」の深刻さであることが印象けられることとなった。

他方福島原発ではチェルノブイリ事故比較すれば作業員周辺地域への深刻な放射線被害見られず、実害から言うとレベル4程度かそれ以下の水準だ、とする見解もある。

ちなみに福島原発では炉内冷却する装置停止し、放水作業による炉心冷却続けているが、4月17日発表された計画案では、原子炉格納容器ごとで満たして常時冷却する案が検討されている。この処置が、通称水棺」と呼ばれている。
2011年0419更新

チェルノブイリ原子力発電所事故


チェルノブイリ原子力発電所事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/13 15:43 UTC 版)

チェルノブイリ原子力発電所事故(チェルノブイリげんしりょくはつでんしょじこ)は、1986年4月26日1時23分(モスクワ時間UTC+3)にソビエト連邦(現:ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故。後に決められた国際原子力事象評価尺度 (INES) において最悪のレベル7(深刻な事故)に分類され、世界で最大の原子力発電所事故の一つである。




[ヘルプ]
  1. ^ 放出された主な放射性物質は、ヨウ素131ルテニウム103セシウム137などとされる。
  2. ^ (詳しい議論はウィキペディアロシア語・英語版参照)
  3. ^ 黒鉛減速沸騰軽水圧力管型原子炉(RBMK)では、通常運転している炉内では十分な中性子が発生しているため、キセノン135は中性子を吸収して、中性子を吸収しない核種キセノン136(安定核)に変化する。しかし出力を下げると中性子発生が減るためキセノン135が消滅せず蓄積して中性子捕獲率が上昇しすぎ、出力をより引き下げる方向に働くがこれを正の反応度フィードバックと言い、運転出力を不安定にする原因である。詳しくはキセノンオーバーライドの項目を参照されたい。軽水炉でもキセノン135は発生するが、ボイド効果、ドップラー効果により補償されるので全体としては全領域で安定である。こちらについては自己制御性の項目を参照されたい。
  4. ^ 結局、この教訓は世界的に生かされなかった。福島第一原子力発電所も、似たような経緯(関西電力美浜原子力発電所よりも先に臨界・発電を開始したがっていた)の為、地震国日本の特性を無視したGE側の要求に東電側が折れて現立地に建設してしまったものだったが、東京電力は国内外からの指摘に対しても安全と言い張り事故のその日まで運転を続けてしまった。
  5. ^ ただし、IAEAのシナリオによる助言との説もある。
  6. ^ 原文では臨界と書いてあるが文意が通らないので超臨界とした
  7. ^ 一度目の地震動についてはソ連の複数の震度計に記録されているが、二度目は記録されていない。その理由は、外部リンク:「チェルノブイリ原発 隠されていた事実」参照
  8. ^ ヨーロッパではイタリアを除いて地震の発生がほとんどなく、日本人なら「地震による縦揺れ」とすぐわかるのに対し、操作員も、深夜で就寝していた住民も、それが地震であることはわからなかった。原発直下、特に爆発を起こした4号炉の数百メートル下層には活断層があることが確認されている(外部リンク:「チェルノブイリ原発 隠されていた事実」参照)が、耐震設計は全く行われていなかった。
  9. ^ 致死的な線量はおよそ「5時間以内に500レントゲン」である
  10. ^ 集計上の汚染区域の定義は、1平方kmあたり1キュリー以上のセシウム137による汚染。
  11. ^ 『黙示録』第8章に、ニガヨモギという名の燃える巨星が水源地に落ち、巨星が持つ毒に汚染された水を飲料とした多くの人が死んだという記述がある。
  1. ^ 外部電力が絶たれたときを想定して余熱によるタービン発電して吸水ポンプを動かす実験
  2. ^ 4月26日から10日間 全放出量は14EBq(1EBq=10^18Bq)(原子力百科事典 ATOMICA)
  3. ^ a b 12. How does Chernobyl’s effect measure up to the atomic bombs dropped on Hiroshima and Nagasaki?
  4. ^ 政府は周辺住民のパニックを避けるために、本来なら住民を避難させなければいけない程の深刻な事故なのにも関わらず、それを公表しませんでした
  5. ^ Discovery Channel - Battle of Chernobyl
  6. ^ a b http://blog.goo.ne.jp/yoshi_swe/e/9522cc95b6c61f7094f315eed776e2fd 発生から2日後に発覚したチェルノブイリ原発事故
  7. ^ “Chernobyl haunts engineer who alerted world”. CNN Interactive World News (Cable News Network, Inc.). (1996年4月26日). http://www.cnn.com/WORLD/9604/26/chernobyl/230pm/index2.html 2011年3月13日閲覧。 
  8. ^ 国土交通省気象研究所「1986年チェルノブイリ原子力発電所事故及び1997年動燃東海事故由来の放射性核種の輸送」
  9. ^ 「この措置を講じなければ燃焼中の炉心がコンクリート壁面を貫通、下部水槽に達し残り3基の原子炉も巻き込み200万平方キロが吹き飛ぶ」当時の対策指揮者の1人ヴァレリー・レガソフ氏談)
  10. ^ サプレッションプール下部まで落下した溶融燃料は軽石状になっているので水と接触したと考えられ、サプレッションプールの水抜きは役立っていない。
  11. ^ 事故直後、ヘリコプターから炉心へホウ酸、石灰石、鉛、粘土や砂を大量に投下したが、大部分は炉心に到達せず、炉心からの放射性物質放出抑制にはほとんど役立っていない。
  12. ^ 5月6日以降に液体窒素を炉心に注入したが溶融燃料は窒素注入までに原子炉下部から水平に東側に最大約50m移動した黒色セラミックスで、そのほぼ先端に象の足状に固化したと考えられ、この段階で液体窒素を注入しても役立っていない。
  13. ^ [http://www.youtube.com/watch?v=b0-AWtxkrjE チェルノブイリ原発 隠されていた事実
  14. ^ ベラルーシにおけるチェルノブイリ原発事故後の小児甲状腺ガンの現状
  15. ^ “Chernobyl’s Legacy: Health, Environmental and Socio-economic Impacts and Recommendations to the Governments of Belarus, the Russian Federation and Ukraine”, The Chernobyl Forum, IAEA, (2005), http://www.iaea.org/Publications/Booklets/Chernobyl/chernobyl.pdf 
  16. ^ 今中哲二 (2007-3), “チェルノブイリ事故による死者の数”, in 今中哲二, チェルノブイリ原発事故の実相解明への多角的アプローチ - 20 年を機会とする事故被害のまとめ -, トヨタ財団助成研究 共同研究報告書, pp. 77-81, http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/tyt2004/imanaka-2.pdf, "フォーラムとしては、昨年9月のウィーン会議で総死者 4000人という数字を発表して20周年に向けての先手を打ったつもりだったのだろうが、ベラルーシやウクライナの専門家やNGO、さらにはベラルーシ政府からも報告書への抗議を受け、ついには報告書修正版を出すに至っている(内容はほとんど変えず表現を柔らかくしたものになった)。" 
  17. ^ a b Elisabeth Cardis et al. (2006). “Cancer consequences of the Chernobyl accident: 20 years on”. Journal of Radiological Protection 26: 127–140. doi:10.1088/0952-4746/26/2/001. http://depts.washington.edu/epidem/Epi591/Spr09/Chernobyl%20Forum%20Article%20Cardis%20et%20al-1.pdf. 
  18. ^ “原発事故の死者9000人も チェルノブイリでWHO”. 47NEWS(共同通信配信). (2006年4月14日). http://www.47news.jp/CN/200604/CN2006041401001646.html 2011年6月17日閲覧。 
  19. ^ 金子正人 (2007), 解説 チェルノブイリ20周年の国際会議に出席して, , 日本原子力学会誌 49 (1): 24-28, http://www.aesj.or.jp/atomos/popular/kaisetsu200701.pdf, "WHOのM. Repacholiは,健康影響に関する報告は,peer reviewされたpaperのみを考慮したという。また,「フォーラム」が被ばく線量の多かった約60万人についての4,000人というがん死亡予測数を採用したのは,インド,イラン,ブラジルなどの自然放射線レベルの高い地域で過剰ながんが観察されていないので,自然放射線にわずか上乗せされる程度の被ばくしかない低汚染地域の人たちについてまで,過剰がん死亡を予測するのは科学的ではないためと説明された。" 
  20. ^ E Cardis et al. (2006). “Estimates of the cancer burden in Europe from radioactive fallout from the Chernobyl accident”. International Journal of Cancer 119 (6): 1224–1235. doi:10.1002/ijc.22037. 
  21. ^ “The Cancer Burden from Chernobyl in Europe” (プレスリリース), International Agency for Research on Cancer, (2006年4月20日), http://www.iarc.fr/en/media-centre/pr/2006/pr168.html 2011年6月20日閲覧, "Dr Elisabeth Cardis, Head of the IARC Radiation Group, provided greater detail: "By 2065 (i.e. in the eighty years following the accident), predictions based on these models indicate that about 16,000 cases3 of thyroid cancer and 25,000 cases of other cancers may be expected due to radiation from the accident and that about 16,000 deaths from these cancers may occur."" 
  22. ^ Committee to Assess Health Risks from Exposure to Low Levels of Ionizing Radiation, National Research Council (2006). Health risks from exposure to low levels of ionizing radiation: BEIR VII Phase 2. National Academies Press. ISBN 9780309091565. http://books.nap.edu/catalog.php?record_id=11340. 
  23. ^ チェルノブイリ事故の健康影響に関する報告書について”. 財団法人 電力中央研究所 原子力技術研究所 放射線安全研究センター. 2011年6月20日閲覧。 “リスク係数を昨年公表されたアメリカ科学アカデミーのBEIR-VII報告書[5]に基づいて見直ししています(表2)。これにより、リスク係数は1996年論文[4]の10%/Svから5.1%/Svに下がりましたが、対象範囲を大きく広げた効果により全体として死亡予測数が大幅に増加しています。”
  24. ^ Sebastian Pflugbeil, Henrik Paulitz, Angelika Claussen and Inge Schmitz-Feuerhak (April 2011), “Health Effects of Chernobyl 25 years after the reactor catastrophe”, CHERNOBYLCONGRESS.ORG, IPPNW and GFS Report, http://www.chernobylcongress.org/fileadmin/user_upload/pdfs/chernob_report_2011_en_web.pdf 2011年6月20日閲覧。 
  25. ^ Ian Fairlie and David Sumner (2006年4月). “The Other Report on Chernobyl (TORCH)”. The Greens | EFA. 2011年6月1日閲覧。 “Depending on the risk factor used (ie the risk of fatal cancer per person sievert), the TORCH Report estimates that the worldwide collective dose of 600,000 person sieverts will result in 30,000 to 60,000 excess cancer deaths, 7 to 15 times the figure release in the IAEA’s press statement.”
  26. ^ “The Chernobyl Catastrophe - Consequences on Human Health”, Chernobyl death toll grossly underestimated, Greenpeace, (18 April 2006), http://www.greenpeace.org/raw/content/international/press/reports/chernobylhealthreport.pdf 2011年6月17日閲覧。 
  27. ^ John Vidal (2011年4月1日). “Nuclear's green cheerleaders forget Chernobyl at our peril”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2011/apr/01/fukushima-chernobyl-risks-radiation 2011年6月17日閲覧. "Using other data, the Russian Academy of Medical Sciences declared in 2006 that 212,000 people had died as a direct consequence of Chernobyl." 
  28. ^ Alexey V. Yablokov, Vassily B. Nesterenko, and Alexey V. Nesterenko (2009). Chernobyl: Consequences of the Catastrophe for People and the Environment (Annals of the New York Academy of Sciences) (paperback ed.). Wiley-Blackwell. ISBN 978-1573317573. 
  29. ^ Richard Balmforth (2011年3月15日). “Factbox: Key facts on Chernobyl nuclear accident”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2011/03/15/us-nuclear-chernobyl-facts-idUSTRE72E42U20110315 2011年6月20日閲覧. "The Chernobyl Union of Ukraine, a non-government body, estimates the present death toll from the disaster at almost 734,000." 
  30. ^ 今中哲二 (2007年3月), チェルノブイリ原発事故:何がおきたのか, “proceedings原稿”, 第8回環境放射能研究会, http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/kek07-1.pdf 2011年6月17日閲覧, "筆者としては全世界で2万 - 6万件というのがチェルノブイリ事故によるガン死見積もりとして妥当なところかと考えている。チェルノブイリ事故による被害について指摘しておきたいのは、放射線被曝を直接の原因としない「間接的な死者」についてある。田舎暮らしをしてきた老人が、突然に都会に避難させられアパート暮らしを余儀なくされたなら「どんなに健康に悪いか」容易に想像されよう。また、移住によって職を失い、「アル中になって病気になった」例も数多いことだろう。こうした健康影響は、もちろん被曝影響ではないが、チェルノブイリ事故の影響であることは確かである。チェルノブイリ事故が人々にもたらした災厄全体を議論しようとするなら、こうした「間接的影響」を無視することはできない。" 
  31. ^ Ivan Godlevsky and Oleg Nasvit (1999). “Dynamics of Health Status of Residents in the Lugyny District after the Accident at the ChNPS”. In Tetsuji Imanaka. Recent Research Activities about the Chernobyl NPP Accident in Belarus, Ukraine and Russia. Kioto Univ. Res. Reactor Inst.: KURRI-KR-21. pp. 149-157. http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/reports/kr21/kr21pdf/Godlevsky.pdf. "Average life-expectancy of the Lugyny district population before the accident at the Chernobyl NPS (1984, 1985) has been 75 years, after the accident (1990-1996) — 65 years." 
  32. ^ Ivan Godlevsky and Oleg Nasvit (1999). “Dynamics of Health Status of Residents in the Lugyny District after the Accident at the ChNPS”. In Tetsuji Imanaka. Recent Research Activities about the Chernobyl NPP Accident in Belarus, Ukraine and Russia. Kioto Univ. Res. Reactor Inst.: KURRI-KR-21. pp. 149-157. http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/reports/kr21/kr21pdf/Godlevsky.pdf. "The major factors are — the increased level of radiation and presence of permanent stress situations. Mechanisms of the effects of these factors are practically the same: their direct or indirect impact on the systems and organs impairs metabolism and circulation of blood, which results in dystrophiprocesses in organs and systems of the organism determining premature ageing and death." 
  33. ^ 安全基準を超えた「内部被曝」(要精密検査)すでに4766人、異常値を示した人1193人 隠された放射能汚染を暴く, “経済の死角”, 現代ビジネス(講談社), (2011年05月30日), http://gendai.ismedia.jp/articles/-/6318?page=3 2011年6月20日閲覧, "同国は、事故の5年後の1991年に旧ソ連からの独立を果たした。その当時の人口は約5200万人。ところが年々、人口が減り続け、2010年には約4500万人になってしまった。19年で700万人もの人口減、その減少率は13%にもなる。同国の平均寿命は、かつて75歳前後だったが、5 - 10年後には55歳ほどに低下する可能性があるという。そしていまだに、チェルノブイリ周辺では、障害を抱えて生まれる子どもたちが多いという(NHK BS世界のドキュメンタリー『永遠のチェルノブイリ』)。" 
  34. ^ ●制御棒の構造上、黒鉛製の水排除棒が1.25メートル短いため、緊急停止ボタンを押して制御棒の一斉投入をすると中性子を良く吸収する水が押しだされるため、下部でかえって核反応が増える結果となる。この結果ボイドが 増して正のボイド効果のためますます核反応が進み、破局的な出力激増をまねいた。これを「ポジティブ・スクラム効果」という。
  35. ^ 第109回国会 科学技術委員会 第4号 昭和六十二年九月一日
  36. ^ チェルノブイリ原子力発電所事故の概要
  37. ^ a b NHK ETV特集『チェルノブイリ 8年目の真実』
  38. ^ チェルノブイリ事故の経過 今中 哲二
  39. ^ 4.1 事故の原因の一つにポジティブ・スクラム
  40. ^ 広島型原爆の500発分という試算がある(日本経済新聞 2011年5月8日朝刊15面 青木慎一編集委員「ナゾかがく チェルノブイリはなぜ大爆発?」)
  41. ^ 「技術と人間」2002年7月号原稿
  42. ^ シェワルナゼ元ソ連外相(大震災 日本を立て直す 第3回 産経新聞)。「グラスノスチ(情報公開)」を掲げたゴルバチョフ書記長の時代である。
  43. ^ http://www.meti.go.jp/press/2011/04/20110412001/20110412001-1.pdf [リンク切れ]
  44. ^ 参考:撒き散らされた量と被曝線量 一瀬昌嗣 神戸高専准教授
  45. ^ 高度情報科学技術研究機構、「放射線源からの集団実効線量の推定」閲覧 2011-07-02
  46. ^ 国連科学委員会UNSCEAR-2008 Annex C 38 頁、表-9、閲覧 2011-07-17
  47. ^ チェルノブイリ事故による放射線影響と健康障害(原子力百科事典 ATOMICA)
  48. ^ 広瀬隆 『ジキル博士のハイドを探せ』 ダイヤモンド社 1988年 図1
  49. ^ Yuri E. Demidchik et al. (2007). “Childhood thyroid cancer in Belarus”. International Congress Series 1299: 32-38. doi:10.1016/j.ics.2006.09.005. 
  50. ^ チェルノブイリ原発事故の汚染地域の住民数
  51. ^ 菅谷昭、ユーリ・E・デミチク、エフゲニー・P・デミチク (1998). “第5章 個別の健康影響研究 20.ベラルーシにおけるチェルノブイリ原発事故後の小児甲状腺ガンの現状”. In 今中哲二. チェルノブイリ事故による放射能災害 国際共同研究報告書. 技術と人間. ISBN 4764501252. http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/saigai/Sgny-J.html. 
  52. ^ Health Effects of the cherlnobyl Accident and Special Health Care Programmes
  53. ^ 原子力安全研究グループ 資料集
  54. ^ Office for the Coordination of Humanitarian Affairs, “Ukraine”, The United Nations and Chernobyl, http://www.un.org/ha/chernobyl/ukraine.html 2011年6月20日閲覧, "The Chernobyl accident in 1986 affected more than 3.5 million people, including 1.5 million children, and contaminated nearly 50,000 square kilometers of lands in northern Ukraine." 
  55. ^ Office for the Coordination of Humanitarian Affairs, “Ukraine”, The United Nations and Chernobyl, http://www.un.org/ha/chernobyl/ukraine.html 2011年6月20日閲覧, "Examinations showed that a number of cases of cancer increased by 19.5 times, thyroid by 54 times, goiters by 44 times, hypothyroidism by 5.7 times, and nodal formation by 55 times." 
  56. ^ Office for the Coordination of Humanitarian Affairs, “The Republic of Belarus”, The United Nations and Chernobyl, http://www.un.org/ha/chernobyl/belarus.html 2011年6月20日閲覧, "70 percent of the total radioactive fallout from the accident descended on nearly one-fourth of the country. The fallout affected more than 2.2 million people, including 500,000 children." 
  57. ^ Office for the Coordination of Humanitarian Affairs, “The Republic of Belarus”, The United Nations and Chernobyl, http://www.un.org/ha/chernobyl/belarus.html 2011年6月20日閲覧, "The government of Belarus estimated that thyroid cancer rates in children under 15 years rose dramatically from 2,000 cases in 1990 to 8,000-10,000 in 2001." 
  58. ^ Office for the Coordination of Humanitarian Affairs, “The Russian Federation”, The United Nations and Chernobyl, http://www.un.org/ha/chernobyl/russia.html 2011年6月20日閲覧, "Medical examinations in 1985-2000 in Kaluga, one of the contaminated regions, showed that cases of cancer significantly increased, including cancer of the breast by 121 percent, lungs 58 percent, esophagus 112 percent, uterus 88 percent, lymphatic and blood-forming tissues by 59 percent." 
  59. ^ Eero Pukkala et al. (2006). “Breast cancer in Belarus and Ukraine after the Chernobyl accident”. International Journal of Cancer 119 (3): 651–658. doi:10.1002/ijc.21885. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ijc.21885/full. 
  60. ^ チェルノブイリ事故以降、依然として続く高い癌発症リスク:チェルノブイリ原発事故当時18歳未満であった者を対象とするスクリーングに関するNIHの研究報告が発表された, “海外癌医療情報リファレンス”, 一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ, (2011年3月17日), http://www.cancerit.jp/2011-03-17/2513.html 2011年6月18日閲覧。 
  61. ^ 2011/05/03号◆研究者に聴く「チェルノブイリ原子力災害25周年に際して、モーリーン・ハッチ医師と馬淵清彦医師に聴く」, “海外癌医療情報リファレンス”, 一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ, (2011年5月18日), http://www.cancerit.jp/2011-05-18/2712.html 2011年6月18日閲覧。 
  62. ^ 「放射線 その利用とリスク」地人書館、エドワード・ポーチン著、中村尚司訳、昭和62年4月10日初版第1刷
  63. ^ Chronic radiation exposure in the Rivne-Polissia region of Ukraine: implications for birth defects.
  64. ^ Mary Mycio, Wormwood Forest: A Natural History of Chernobyl, Natl Academy Pr, Sep.2005, ISBN 9780309094306
  65. ^ 人類滅亡後の地球はどうなるのかを描いた「Life After People」(Gigazine)
  66. ^ ソ連政府はどのように収束させたのか――福島原発震災 チェルノブイリの教訓(3) ダイヤモンドオンライン社
  67. ^ Richard Balmforth (2011年3月15日). “Factbox: Key facts on Chernobyl nuclear accident”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2011/03/15/us-nuclear-chernobyl-facts-idUSTRE72E42U20110315 2011年6月20日閲覧. "The accident dented the image of reformist Soviet leader Mikhail Gorbachev who had earlier launched his 'glasnost' policies for greater openness in Soviet society." 
  68. ^ 同作品公式HP
  69. ^ NHKスペシャル 汚された大地で ~チェルノブイリ 20年後の真実~ - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  70. ^ NHKオンラインHP


「チェルノブイリ原子力発電所事故」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

チェルノブイリ原子力発電所事故に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「チェルノブイリ原子力発電所事故」の関連用語

チェルノブイリ原子力発電所事故のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

高レベル放射性廃棄物

濃縮ウラン

インターロック・システム

原子炉

大気安定度

ハンドフットクロスモニタ

原子炉圧力容器

アルファ線





チェルノブイリ原子力発電所事故のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2016 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2016 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチェルノブイリ原子力発電所事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS