コンクリートとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 建材 > コンクリート > コンクリートの意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


コンクリート [4] 【concrete】

( 名 )
セメントに砂と砂利などの骨材適当な割合で混ぜ,こねたもの。また,これを固めたもの。土木建築用材として広く用いられる。コンクリ。 〔「混凝土」とも書く〕 「 -を打つ」
形動
具体的なさま。 ↔ アブストラクト 「 -な計画

コンクリート

別名:こんくりーと
【英】:concrete

セメント細骨材粗骨材、および必要に応じて加え混和材料構成材料とし、これらを練り混ぜその他の方法によって混合したもの、または硬化させたもの。

コンクリート

【英】 concrete

砂、砂利骨材という)、等をセメント結合させた建築資材


コンクリート

コンクリートとは、セメント細骨材(砂等)、粗骨材砕石等)及び必要に応じて混和材料練り混ぜ、一体化した土木材料で、建設工事では最も多く使用される材料一つである。


コンクリート

骨材及び結合剤通常ポルトランドセメント)の混合物乾燥すると石のように硬化する。

コンクリート (こんくりーと)

 セメント細骨材粗骨材、さらに必要に応じて加え混和材料練り混ぜたものをコンクリートといいます。コンクリートはセメント水の化学反応によって固まっていきます。通常型枠流し込み、その型枠の中で固めることで建築物といった構造物作り上げます。

コンクリート

砂、砂利などをセメント凝固させた人造石の事。建材として使用されるものはセメントコンクリートといい、セメントなどの糊状のもので結合させたものを指す。圧縮力押さえけられる力)には強いが、引張力には弱いため、中に鉄筋を入れて使う事が多い。これにより、引張力鉄筋受け持ち、どちらの力にも十分な強度持たせる事が出来る。

コンクリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/13 06:16 UTC 版)

コンクリートconcrete、混凝土)は、砂利などをセメントで凝固させた硬化物で建築土木工事材料として多く利用される。セメントを水で溶いて混ぜただけのものをセメントペースト、これに細骨材のを練混ぜたものをモルタルと呼び区別する[1]


  1. ^ 一般財団法人セメント協会
  2. ^ a b コンクリートの歴史
  3. ^ セメントに対する水の比率をある程度まで減ずる事ができるという意味は、コンクリート中でセメント水和物を得るだけの水があればコンクリートは十分に固まるという意味であり、それ以上の水は流動性に確保のために加えられている。水はコンクリートに流動性を与えるのには安価で良いが、時間と共に蒸発すると固化したセメントや骨材の間に間隙を作る事になるため、強度低下の要因となる。高強度のコンクリートを得るには、セメント水和物への反応に必要な量の水だけを加えるようにして、失われる流動性を補うためにセメント粒子を分散させる減水剤と呼ばれる混和剤や、蒸発せずに流動性がありそれ自身も化学反応によって固化する、高炉スラグ微粉末、フライアッシュ、シリカフュームなどを加えている。こういった混和剤の使用によって最大200N/mm2程度の高強度コンクリートが作られている。
  4. ^ 締固め作業での過剰な振動は、材料の分離を招いてコンクリートの均一性が損なわれるので、避けられなければならない。
  5. ^ コールドジョイントが起きないようにするために、打ち重ねの層は2-2.5時間以上の間をあけないように計画的な作業管理が求められ、それ以上の時間間隔があく場合には「管理された打継面」にする。
  1. ^ a b c d e f 土木学会関西支部編、『コンクリートなんでも小事典』、講談社、2008年12月20日第1刷発行、ISBN 9784062576246
  2. ^ The Roman Pantheon: The Triumph of Concrete
  3. ^ Lancaster, Lynne (2005), Concrete Vaulted Construction in Imperial Rome. Innovations in Context, Cambridge University Press, ISBN 978-0-511-16068-4
  4. ^ D.S. Robertson: Greek and Roman Architecture, Cambridge, 1969, p. 233
  5. ^ Henry Cowan: The Masterbuilders, New York 1977, p. 56, ISBN 978-0-471-02740-9
  6. ^ Robert Mark, Paul Hutchinson: "On the Structure of the Roman Pantheon", Art Bulletin, Vol. 68, No. 1 (1986), p. 26, fn. 5
  7. ^ http://www.allacademic.com/meta/p_mla_apa_research_citation/0/2/0/1/2/p20122_index.html
  8. ^ http://www.djc.com/special/concrete/10003364.htm



コンクリート

出典:『Wiktionary』 (2011/12/17 00:46 UTC 版)

名詞

  1. 具体的具象的
  2. セメント骨材砂利など)、を混ぜ、凝固させた人造石
    新潟県コンクリート の打設2011年12月17日閲覧

語源

英語: concrete

関連語






コンクリートと同じ種類の言葉


品詞の分類

名詞(物)唐錦  呉織  コンクリート  心臓  八重畳

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

コンクリートに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コンクリート」の関連用語

コンクリートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

FEM

三軸圧縮試験

ハンドオーガー

寸法効果

ソイルセメントコラム

土質分類

X線回折

粒度試験





コンクリートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2016 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
兼松日産農林株式会社兼松日産農林株式会社
Copyright ©2016 Kanematsu-NKK Corporation All rights reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2016 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2016 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日本ダム協会日本ダム協会
Copyright 2016 JAPAN DAM FOUNDATION All rights reserved.
ダム事典は、財団法人日本ダム協会によって運営されているダム便覧のコンテンツのひとつです。
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2016 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンクリート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコンクリート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS