exeとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > コンピュータ > 拡張子辞典 > exeの意味・解説 

.exe

読み方エグゼ

.exeとは、WindowsMS-DOSなどで標準的用いられる実行ファイル形式に付く拡張子のことである。「exe」とは 「execution」の略である。

.exeファイルアプリケーション本体である。ファイルサイズ制限はない。


30000形・EXE エクセ(Excellent Express)


EXE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/18 09:50 UTC 版)

EXE

  • EXE (Excellent Express) - 小田急30000形特急用電車の愛称。
  • EXEフォーマット - MS-DOS、Windows、OS/2における実行ファイルフォーマット。拡張子は「.EXE」。
  • EXE (テレビ) - 日本ビクターのテレビ受像機。
  • E×E - ゆずソフトのゲームソフト。
  • 三菱・ギャランにかつて設定されていた特別仕様車のグレード名。もともとはギャラン累計生産300万台達成記念特別仕様車として設定された。
  • EXE (音響機器) - 1980年前後にTechnicsブランドから発売されていたシステムコンポーネントの名称。発音は「エクゼ」。
  • EXE (テレビ番組) - 日本の音楽グループEXILEのテレビ番組。
  • エグゼ (芸能プロダクション) - 日本の芸能事務所。
  • エグゼ (オートバイ販売業) - 日本のオートバイ販売業。
  • ダイハツ・タントエグゼ - ダイハツ工業が製造していたタントシリーズの軽トールワゴン
  • エグゼ - 日本の映画製作会社。
  • EXE - 日本のアダルトグッズメーカー。


EXEフォーマット

(exe から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/29 07:20 UTC 版)

EXEフォーマット(エグゼフォーマット)とはMS-DOSおよびその互換・後継であるWindows実行ファイルを格納するファイルフォーマットである。EXE は"executable"の省略形であり、Windowsプログラムの標準的なファイル拡張子である。多くのWindowsユーザーにとって、EXEファイルはWindowsプログラムと同義で".exe"は最も認知されている拡張子のひとつである[1]




  1. ^ .EXE File Extension”. FileInfo - The File Extensions Database. Sharpened Productions. 2019年8月16日閲覧。
  2. ^ WORD型として読み込む時のリトルエンディアンの場合。バイト並びは低位から0x4D, 0x5Aである。
  3. ^ OS/2 Operating System”. operating system documentation project (2004年4月3日). 2014年2月13日閲覧。
  4. ^ /STUB (MS-DOS Stub File Name) Linux/Mac cannot run an exe file.”. MSDN. Microsoft. 2014年1月10日閲覧。
  5. ^ Sedory, Daniel B. (2004年10月12日). “DOS Stub Program”. The Starman's Realm. Self-published. 2014年1月10日閲覧。
  6. ^ Using Registry Editor in Real Mode”. Support. Microsoft (2006年11月15日). 2014年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月10日閲覧。
  7. ^ Ellermann, Frank (2014年1月22日). “dostub.exe”. Purl.net. 2014年1月24日閲覧。
  8. ^ PE Format”. Windows Dev Center. Microsoft (2019年8月25日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ Pietrek, Matt (February 2002). “An In-Depth Look into the Win32 Portable Executable File Format”. MSDN Magazine (Microsoft). https://msdn.microsoft.com/en-us/magazine/bb985992(printer).aspx. 
  10. ^ Brown, Ralf (2000年7月16日). “Int 21/AH=4Bh”. Ralf Brown's Interrupt List. 2018年10月30日閲覧。


「EXEフォーマット」の続きの解説一覧

EXE(エグゼ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 05:59 UTC 版)

ロックマンエグゼシリーズ」の記事における「EXE(エグゼ)」の解説

ネットナビなどのコンピュータープログラム実行ファイルにつけられる拡張子であり、コンピューター、およびそのネットワーク題材とする本シリーズ名の由来となっている。

※この「EXE(エグゼ)」の解説は、「ロックマンエグゼシリーズ」の解説の一部です。
「EXE(エグゼ)」を含む「ロックマンエグゼシリーズ」の記事については、「ロックマンエグゼシリーズ」の概要を参照ください。


Exe

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 05:28 UTC 版)

エクス」の記事における「Exe」の解説

エクス川 (River Exe) - イギリスの川。 エクス川 - ビューリー川の別名。

※この「Exe」の解説は、「エクス」の解説の一部です。
「Exe」を含む「エクス」の記事については、「エクス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「exe」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「.exe」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「exe」の関連用語

exeのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



exeのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.exeの記事を利用しております。
小田急電鉄小田急電鉄
Copyright 2022 Odakyu Electric Railway Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのEXE (改訂履歴)、EXEフォーマット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのロックマンエグゼシリーズ (改訂履歴)、エクス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS