SXOとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > SXOの意味・解説 

SXO

フルスペル:Search Experience Optimization
別名:検索体験最適化検索体験の最適化サーチエクスペリエンスオプティマイゼーション

SXOとは、検索エンジンに好まれ検索結果ページの上位に表示させようとするマーケティング手法検索エンジン最適化)を、検索エンジンではなくユーザー検索体験ユーザーエクスペリエンス)に主眼を置いて捉えそうとする考え方である。UX最適化することで、結果的検索エンジンに好まれSEO的な成功収められる、という考え背景にある。

従来SEOの手法は、検索需要合致したキーワードを適度な比率本文中に盛り込んだり、ある程度文章量を確保して情報量が豊富であることを示したり、といった対策が行われてきた。こうした手法検索エンジン相手にした最適化と言うこともできる。この結果最上位表示されるページが必ずしもユーザーにとって最適な(検索需要応えるWebページとは限らないという側面も生じている。SXOは、ユーザー検索によって解消解決したい問題答えページであるかどうかという基準によってWebページ評価される。併せてWebサイトユーザビリティオーソリティ重視し、検索結果が十分に満足できるものとなり得るかどうか評価する。

SXOは2016年半ば頃からSEO潮流として本格的注目され始めた。同年後半には日本国内ではいわゆるWELQ問題なども生じており、より本来的な情報提供意義問われる流れになりつつある。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SXO」の関連用語

SXOのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



SXOのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリSXOの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS