負荷テストとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 負荷テストの意味・解説 

負荷テスト

別名:ストレステストラッシュテスト
【英】stress test

負荷テストとは、システム実際業務に耐えられる処理能力持っているかどうか検証するためのテストのことである。システムに対して擬似的大量アクセス発生させ、反応検証することが負荷テストに当たる。

通常何の異常もなく稼動しているシステムも、不意に膨大なトラフィック舞い込んできたり、普段ないよう負荷の高い処理がたくさ要求されたりして、システム多大負荷がかかると、システム停滞するかハングアップするかして支障を来たすものがあるこうした異常の可能性通常の運用では検証できないので、敢えて大量アクセスをかけることによって検証される。負荷テストが行われることによって、アクセスどれだけ増えるレスポンス低下したりシステムダウンしたりするのかを確認することができる。

負荷テストは、Webサーバー公開前などの場合行われることが多い。サーバー充分アクセスに耐えられないと判明された場合メモリ増設ロードバランサー設置などによって処理・通信性能を向上が図られる。


参照リンク
Web負荷テストサービス -日本ユニシス
Webアプリケーション負荷テストサービス -Empirix




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「負荷テスト」の関連用語

負荷テストのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Microsoft Visio

Microsoft Arc Mouse

M Z-01K

2値化

デシジョンテーブル

Magic Trackpad

無線LANアクセスポイント

Amazon限定SIM





負荷テストのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ負荷テストの記事を利用しております。

©2018 Weblio RSS