結合テストとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 結合テストの意味・解説 

結合テスト

読み方けつごうテスト
別名:統合テスト
【英】join test

結合テストとは、システム開発におけるプログラム検証作業中でも手続き関数といった個々機能結合させて、うまく連携動作しているかを確認するテストのことである。

結合テストでは、個々機能を果たすためのプログラム部品(プログラムモジュール)を組み合わせて、データ受け渡しがうまく行われているか、コード記述様式揃っているか、データ授受するタイミングはずれていないか、といった点が確認される。結合テストで不備発見された際には、再度コーディングが行われる。

プログラム検証作業では、はじめに個々のプログラムモジュールがきちんと仕様どおりに機能しているかを確認する「単体テストが行われる。単体テストによって個々のプログラムモジュールが問題なく機能すると確認された際に、結合テストによって連携確かめられる。結合テストで問題がないと確認されたら、次にモジュール組み合わせをさらに複合させてひとつのシステム形成させ、モジュール連携によって構築されたシステム全体として予定通り機能を満たしているかどうか確認する「システムテストが行われる。さらに顧客試用してもらって顧客要望がきちんと満たされているかどうか確認する「承認テストが行われる。これら一連のテスト経てシステム完成する。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「結合テスト」の関連用語

結合テストのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



結合テストのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ結合テストの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS