臨済宗京都十刹とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 臨済宗京都十刹の意味・解説 

臨済宗京都十刹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 23:40 UTC 版)

竜翔寺」の記事における「臨済宗京都十刹」の解説

もとの寺地は、一条東洞院にあった1309年延慶2年)、後宇多上皇が、殿御所跡を南浦紹明の塔所にと、敷地寄進したのにはじまる。はじめ瑞雲庵という庵で、通翁鏡円塔主つとめていた。その後瑞鳳竜翔寺となり、絶崖宗卓が住持となる。 1386年至徳3年京都十刹列せられ、のちに諸山となる。 1541年天文10年大徳寺山内移転され塔頭となる。 1874年明治7年明治維新廃仏毀釈廃寺となる。 1925年大正14年山口玄洞寄進により再建以後大徳寺派専門道場となる。 院内には大政所佐々成政の墓がある。

※この「臨済宗京都十刹」の解説は、「竜翔寺」の解説の一部です。
「臨済宗京都十刹」を含む「竜翔寺」の記事については、「竜翔寺」の概要を参照ください。


臨済宗京都十刹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/28 15:10 UTC 版)

宝幢寺 (京都市右京区)」の記事における「臨済宗京都十刹」の解説

1379年康暦元年足利義満開基春屋妙葩開山とする。 足利義満夢の中で今年かならず大病すると告げられた。ただし、一伽藍建立すれば寿命延びるとも告げられた。そこで、足利義満は、春屋妙葩開山として、1379年康暦元年)に、当初は興聖禅寺称した宝幢寺創建しつづいて開山堂建てた。さらに、開山堂周りに野鹿があつまったことで、開山堂鹿王院称した1380年康暦2年足利義満により準十刹列せられた後、1386年至徳3年5月十刹列せられ、1386年至徳3年7月京都十刹列せられた。 一休宗純が、12歳時に、ここで維摩経講義聞いている宝幢寺は、応仁の乱で、焼失して廃絶するが、鹿王院のみ残ったため寛文年間酒井忠知が再興し鹿王院寺名にした。

※この「臨済宗京都十刹」の解説は、「宝幢寺 (京都市右京区)」の解説の一部です。
「臨済宗京都十刹」を含む「宝幢寺 (京都市右京区)」の記事については、「宝幢寺 (京都市右京区)」の概要を参照ください。


臨済宗京都十刹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/20 23:44 UTC 版)

広覚寺」の記事における「臨済宗京都十刹」の解説

智覚禅師開山とし、1386年至徳3年京都十刹列せられた。広覚寺廃寺となった年は判っていない。

※この「臨済宗京都十刹」の解説は、「広覚寺」の解説の一部です。
「臨済宗京都十刹」を含む「広覚寺」の記事については、「広覚寺」の概要を参照ください。


臨済宗京都十刹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 22:43 UTC 版)

北禅寺」の記事における「臨済宗京都十刹」の解説

足利直義(1306~52)の開基大同妙喆開山とし、1341年、(暦応4年十刹列せられる。その後南北朝初期無徳至孝住持しているときに山城国安国寺となる。が、その後東福寺法幢に合併し現存しない。山城国安国寺廃寺となった年は判っていない。

※この「臨済宗京都十刹」の解説は、「北禅寺」の解説の一部です。
「臨済宗京都十刹」を含む「北禅寺」の記事については、「北禅寺」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「臨済宗京都十刹」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

臨済宗京都十刹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



臨済宗京都十刹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの竜翔寺 (改訂履歴)、宝幢寺 (京都市右京区) (改訂履歴)、広覚寺 (改訂履歴)、北禅寺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS