臨済宗天下十刹とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 臨済宗天下十刹の意味・解説 

臨済宗天下十刹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/28 19:09 UTC 版)

万寿寺 (鎌倉市)」の記事における「臨済宗天下十刹」の解説

1286年弘安9年北条貞時が、亡き父北条時宗のために創建した勧請開山無学祖元とする。 1323年元亨3年北条貞時十三年法要には、喝岩聡一以下僧衆七十五人参加している。 1341年暦応4年十刹第六位に列せられる。その後順位変わっているが、十刹の一であることは、終始変わらなかった。 1386年至徳3年関東十刹列せられた。 ここに住した人々は、東明恵日高峰顕日中巌円月太古世源らがあり、1303年嘉元元年夢窓疎石は、ここで高峰顕日参じている。また、高山慈照も高峰顕日謁している。 万寿寺廃寺となった年は判っていない。鹿山略記に「中古罹災諸宇尽巳」とあるだけで、伝わらない近世資料では、五山目録関東十刹として、「乾明山万寿寺 開山仏光禅師」と見出せる

※この「臨済宗天下十刹」の解説は、「万寿寺 (鎌倉市)」の解説の一部です。
「臨済宗天下十刹」を含む「万寿寺 (鎌倉市)」の記事については、「万寿寺 (鎌倉市)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「臨済宗天下十刹」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

臨済宗天下十刹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



臨済宗天下十刹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの万寿寺 (鎌倉市) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS