知創造とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マネジメント用語 > 知創造の意味・解説 

知創造

読み方ちそうぞう
【英】:Knowledge Creation

知創造とは、組織内外の「知」と「知」がダイナミック結びつき自己増殖しながら独自の「知」を蓄積し、再生産繰り返しながら環境変化への対応スピード速めていく過程をいう。

企業利益左右するファクターとしての「知」がクローズアップされているため、各企業どのような「知」を創造して社会アピール存在感高めて行くかが、重要な課題となっている。
よって知創造は、企業戦略のキー・コンセプトのひとつといえる

「知」の創造は「人」に依存するため、必然的に人材戦略」が知創造の中心テーマとなりうる。その基軸となるアプローチは、自社独創的な提供価値生み出す「コア・プロセス」を経営機能上のどこに置くかを見極め、そのプロセスを担う人材(「コア人材」)に焦点当て施策展開をすることであり、結果として競争優位実現ようとするのである

方法論的には、コア・プロセスが必要とする知力知恵活力)の充足度(必要知力現状知力ギャップ)をつかみ、内外を問わず発掘登用育成までの「コア人材ビジョン」を描き出すことから始まる。その上でコア人材独創的活動誘導する人事制度を含むマネジメントシステムの革新社内外知的資産蓄積再生産できるインフラ(ナレッジ・プラットフォーム)作りを行うこととなる。

知創造は、予測不可能変化連続する環境をむしろ事業機会ととらえ、経営ダイナミズム起こし続けていくための革新コンセプト一つになるものと考えられる


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「知創造」の関連用語

知創造のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



知創造のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS