月の満ち欠けとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > 月の満ち欠けの意味・解説 

月の満ち欠け

月の公転と太陽の光により地球上での月の見え方は変化する

月は地球のまわり公転しているため、太陽の光が照らされる部分地球上で変化して見えます。これを「月の満ち欠け」と呼んでいます。地球から見て太陽が月を真正面に照らしているときは満月、そこからしだいに左の方欠け細くなり、月が太陽の光の方にくると、月の姿が見えない新月となるわけです。ふつう、新月から次の新月までは29日12時間かかります。また、季節によって月の通り道も変わっていきます。

月の満ち欠けのようすと月のあらわれる方角

月はもともと黒っぽい色をしており、太陽光反射により地球上で白く輝いて見えます。月の満ち欠けでは、反射光見えない月が新月です。新月から右側に月は広がり見せ3日後は三日月が、7日前後には半月(上弦の月)になり、14日後には満月となります。満月からしだいに月は右が欠けていき、半月(下弦の月)、29日後には新月へともどります。また、三日月は西に、上弦の月は南、満月は東の空に見えるようになります


地球上で起こる潮の満ち引きは月などの引力と関係がある

地球上で干潮満潮は、月などによって起こるといわれてます。月が真上にある海では、海水は月の引力引き上げられ、盛り上がります。逆に反対側の海では月の引力が弱いため、海水はとり残されます。このような潮の満ち引きのことを、海水が集まった場所を満潮中間の海で海水が減って干潮と呼んでいます。この潮の満ち引きは、地球の自転とも関係が深く1つの場所で1日2回起こります。

潮の満ち引きの大きさは、太陽と月の位置によって変化する

月の引力影響大き潮の満ち引きですが、太陽引力にも影響しています。新月満月のころになると、太陽と月地球一直線上に並ぶため、月と太陽の力が合わさり潮の満ち引き大きくなります。これを「大潮」といいます。逆に半月のころになると、太陽と月地球に対して直角になるため、おたがいの力を打ち消し合い潮の満ち引き弱くなります。これを「小潮」といいます。このように潮の満ち引きは、月と太陽位置によって変化します。


月相

(月の満ち欠け から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/25 14:23 UTC 版)

月相(げっそう、英語:lunar phase、phase of the moon)とは、月の公転によって、月面のうち輝いて見える部分が変化する様子のことである。






「月相」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「月の満ち欠け」の関連用語

月の満ち欠けのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



月の満ち欠けのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2018 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの月相 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS