愛久作とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > 愛久作の意味・解説 

愛久作【アイキュウサク】(観賞樹)

※登録写真はありません 登録番号 第8908号
登録年月日 2001年 3月 19日
農林水産植物の種類 さくら
登録品種の名称及びその読み 愛久作
 よみ:アイキュウサク
品種登録の有効期限 25 年
育成者権の消滅 2004年 3月 20日
品種登録者の名称 石井重久
品種登録者の住所 山形県山形市大字釈迦堂12番地
登録品種の育成をした者の氏名 石井久
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は、「天の川」、「早生都」及び「横浜緋桜」から採種して播種した実生から育成されたものであり、花は半八重咲で淡紫ピンク色のやや大輪花である。樹形は広円錐状、樹高は亜高木性である。樹幹の色は灰褐色皮目及び太さは中、色は灰褐色分枝性は中である。全体の形は倒卵状楕円形先端の形は尾形鋭尖形、基部の形は円形葉縁鋸歯)の状態は中、鋸歯の形は二重鋸歯先端は鋭形、長さはやや長、幅はやや広、厚さは中、蜜腺有無は有、位置葉柄上部及び葉身基部である。花序の形は散房状、花数は中である。の色は鮮紫ピンクJHS カラーチャート9204)、花の向き横向き、形は半八重咲、開き方は抱咲形、大きさはやや大輪花の色は淡紫ピンク(同9202)、花弁全体の形は楕円形花弁切れ込みは少、基部の形は鈍形、花弁の脈の色は目立つ、数は6~10である。雌ずい雄ずいとの長さの比は同、雄ずいの数は多、がく筒の形は盤状形以外、盤状形以外のがく筒の形は鐘形がく筒の毛は無、がく裂片の形は広卵状三角形花柄長さは中である。花の香りは少し有、通常開花期は中で、育成地(山形県山形市)では4月下旬である。「横浜緋桜」及び「早生都」と比較して、全体の形が倒卵状楕円形であること、花の形が半八重咲であること、花の色が淡紫ピンク(同9202)であること等で区別性が認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は、昭和63年出願者のほ場(山形県山形市)において、「天の川」、「早生都」及び「横浜緋桜」から採種し、播種した実生の中から平成6年選抜以後増殖行いながら特性の調査継続し、9年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

愛久作のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



愛久作のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ

©2019 Weblio RSS