恋と愛の違い、恋と愛の意味の違いとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 恋と愛の違い、恋と愛の意味の違いの意味・解説 

恋と愛の違い、恋と愛の意味の違い

「恋」と「愛」は、特定の相手強く惹かれて慕うこと、および、そのような心情、を指す語。かつ、「恋」は「相手求める」という意味合い強く、「愛」は「相手を大切と思う」という意味合いが強い語である、と一般的には解釈されている。

西欧では恋と愛区別明瞭ではなく、たとえば英語では恋も愛も基本的に love表現されれる。宗教思想上の概念援用して「恋はエロースEros)であり愛はアガペーAgape)である」などのように区別されることはある。

「恋」「愛」の違い

「恋」には「思い焦がれるという意味合い強く含まれる対象得たい交際したい一緒に居たい伴侶として結ばれたい)という切実な気持ちと、その対象眼前になく、しかも思い届かないという苦悩悲嘆ニュアンスを含む。

「愛」には「慈しむ」「大切にしたいと思うという意味合い強く含まれる男女情愛に限らず家族隣人、全くの他人、あるいは「郷里」や「書画のような抽象的な対象にも愛を注ぐことができる。その意味で「愛」は「恋」よりも広汎包括的な概念といえる。

「恋」とは

日本語における「恋(こひ)」は、万葉集などにも使用例多く見つかる、かなり古い大和言葉である。

万葉集第1巻67番)には「不所聞有世者 孤悲而死思(聞こえずありせば恋ひて死なまし)」という表現見いだされる。「こひ」には「孤悲」という万葉仮名充てられており、悲壮なニュアンス見いだされていたことが推察される。

白川静古語辞典字訓」では、「こひ」は「こふ(戀ふ)」の名詞形であるとし、「こふ」は「媚ぶ」と同源の語であろう、と述べられている。(「乞う」や「請うのような語との関連については特に言及されていない

「愛」とは

「愛」は古くは「めづ」の語で用いられた。竹取物語源氏物語などに使用例見られる。「めでたし」「めづらし」と関連する語彙であると指摘されている。

愛は仏教においては、「渇愛」「愛執」「愛着」「愛別離苦」などの語に見られるように、我欲であり、貪る心であり、すなわち煩悩である。生の苦悩生む十二因縁のひとつ数えられる

恋と愛の俗説

恋と愛違い」を述べる、よくある俗説
このうち「恋は下心」という解釈は、漢字の構成部首)を理解するにあたって語弊を招く。漢字の部首における「下心」は、「恭」や「慕」の字見られる「⺗」である。これを無視して上っ面の字形と「助平心」を結びつける解釈には感心しない



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

恋と愛の違い、恋と愛の意味の違いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



恋と愛の違い、恋と愛の意味の違いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS