内部収益率とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 収益率 > 内部収益率の意味・解説 

内部収益率

読み方ないぶしゅうえきりつあいあーるあーる
別名:IRR

投資対す将来キャッシュフロー現在価値と、投資額の現在価値とが等しくなる割引率(内部収益率)を求めることによって投資の有利・ふりを見極める手法です。


内部収益率

別名:IRR
【英】Internal Rate of Return

投資対す将来キャッシュフロー現在価値累計額と投資額の現在価値累計額が等しくなる場合割引率利率)のこと。つまり正味現在価値NPV)がゼロとなる割引率利率)を指す。

IRR投資プロジェクト評価指標として活用される。例えば、100万円の設備投資に対して毎年30万円キャッシュ回収し,3年目キャッシュ回収後に設備40万円売却する場合IRRは、-1,000,000300,000/(1+r)+300,000/(1+r)^2+700,000/(1+r)^3=0満たすrである。この場合IRR12%となる。

・このIRR資本コスト資金調達コスト)より高ければ投資すべきであり、低ければ投資すべきでないと判断する。


内部収益率


内部収益率法

(内部収益率 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/31 13:51 UTC 版)

内部収益率(ないぶしゅうえきりつ、Internal Rate of Return、IRR)法とは、投資によって得られると見込まれる利回りと、本来得るべき利回りを比較し、その大小により判断する手法のこと。IRRとは、投資プロジェクトの正味現在価値(NPV)がゼロとなる割引率のことをいう。




「内部収益率法」の続きの解説一覧



内部収益率と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「内部収益率」の関連用語

内部収益率のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



内部収益率のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2019 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2019 Active and Company Ltd. All rights reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2019 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内部収益率法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS