シルク印刷とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > 印刷 > シルク印刷の意味・解説 

シルク印刷

シルク印刷とは、孔版スクリーンとして印刷対象覆い、孔からインク付けて印刷する方法であり、シルクスクリーンスクリーン印刷ともいう。
  シルク印刷での版は、メッシュ状の幕(スクリーン)に感光剤を塗布してからフイルム焼き付け現像処理を行い、これによってできた孔が使用される。当初木枠に絹(シルク)を張った物に裏から型紙張り、これを印刷面に当ての上からインク付けて行っていたため、「シルク」という名称が使われているが、現在では版素材のほとんどがナイロンステンレス鋼ができており、絹を使用しているわけではないまた、焼き付けを行わず、単に型を切り抜いた版を用いる場合ステンシル印刷といい、原理的にはシルク印刷の仲間である。
  シルク印刷で使用するスクリーン版は、網点再現性が悪いため通常印刷紙媒体印刷を行ったもの)ではあまり使用されないが、版が柔軟印刷対象曲面でも対応できること、印圧少なくてすむこと、多様なインク種類に対応できることなど利点多く、布、プラスチックフイルム金属ガラスなど紙以外の素材やびん、缶といった曲面への特殊印刷がシルク印刷で行われている。
  また印刷可能なインク量が多いため下地を完全に覆うことができ、インク盛り上がった印刷や、機能性塗料などを用いた特殊印刷にも使用されている。例えば、スクラッチカードなどの銀色部分はシルク印刷であり、半導体製造におけるパターン印刷にもシルク印刷が用いられている。

シルク印刷

適している分野・使用事例

缶類・プラスチック製品ガラス製品など紙以外の素材曲面への印刷スクラッチカード銀色部分半導体製造におけるパターン印刷

※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。

シルク印刷

メッシュ状の布(シルクスクリーン)の表面の穴を文字絵柄など印刷したい部分以外をふさぎ、その穴からインキ押出して被印刷体へ印刷行なう方法 。 被印刷体に対し柔軟に対応でき、印刷に特別な装置を必要としないため、設置済みの物に対し現地印刷することも可能。



シルク印刷と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シルク印刷」の関連用語

シルク印刷のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シルク印刷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2020 TECH PLAZA
大光電機大光電機
Copylight 2020.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.

©2020 Weblio RSS