オニダルマオコゼとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > > オニダルマオコゼの意味・解説 

オニダルマオコゼ

学名Synanceia verrucosa 英名:Stone fish
地方名ツチオコゼアーファー 
脊椎動物門硬骨魚綱カサゴ目オニオコゼ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 動画 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
背びれに6本、しりびれに3本、腹びれに1本あるトゲ猛毒があり、刺されると危険。外国では死亡例もある。オニダルマオコゼの毒性は、 猛毒ヘビ恐れられているハブ毒の81倍の強さがあるとされる。 口と眼が上を向き両眼の間はくぼんでいる。全身にこぶがあり、厚い皮におおわれる浅海サンゴ礁岩礁域にすむ。海底では保護色をしている上に、 ほとんど動かないので英名ではストーンフィッシュ(Stone fish)と呼ばれるダイバーはこの注意が必要である。

分布:小笠原諸島奄美大島以南インド西大西洋海域紅海 大きさ:40cm
漁法:  食べ方: 

オニダルマオコゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/03 22:27 UTC 版)

オニダルマオコゼ(鬼達磨鰧、鬼達磨虎魚、学名Synanceia verrucosa)はカサゴ目フサカサゴ科[1](あるいはオニオコゼ科[2][3])に属する魚類の一種。背鰭の棘条から強力な液を分泌するため、非常に危険な魚類として知られている[2][4]


  1. ^ a b c 『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.321-325
  2. ^ a b 『日本の海水魚』 pp.210-213
  3. ^ Inimicus japonicus”. FishBase. 2010年12月19日閲覧。
  4. ^ a b c 『日本の海水魚』 p.212
  5. ^ ハブの30倍猛毒 踏んで死亡も「オコゼに気を付けて」沖縄のビーチで捕獲 児童らに注意促す”. 沖縄タイムス (2020年7月30日). 2020年8月3日閲覧。
  6. ^ 小林 (2002), pp. 210-221


「オニダルマオコゼ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オニダルマオコゼ」の関連用語

オニダルマオコゼのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オニダルマオコゼのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオニダルマオコゼ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS