ひけとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > ひけの意味・解説 

ひけ [0] 【引け】

(「退け」とも書く)仕事が終わって会社などから退出すること。また,店などを閉めること。 「 -どき」 「少々見世早く-にして,寐かしておくれ怪談牡丹灯籠 円朝
取引で,前場後場最終立ち会い。また,その際相場
気おくれ劣等感。ひけめ。 「 -を感じる」
物事おくれをとること。恥辱敗北。 「いよ〱親仁の-恥の上恥辱浮世草子武道伝来記 3
引け四つ 」に同じ。 「宵と違つて-過ぎは静かでよいぢやござんせぬか/歌舞伎曽我綉」
[句]

引け、惹け、挽け、退け、轢け、弾け


引け


弾け

読み方:ひけ、はじけ

カ行五段活用動詞「弾く」の命令形


退け

読み方:ひけ、のけ、どけ、しりぞけ

カ行五段活用動詞「退く」の命令形

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

引け

読み方:ひけ

カ行下二段活用動詞「引く」の連用形、あるいは連用形名詞したもの
「引く」の口語形としては、カ行下一段活用動詞引ける」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ひけ

  1. 悪キコト則チ自カラ為シタルコト又ハ他人ノ為シタルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・東京府

分類 東京府


ひけ

  1. 都合が悪い。〔掏模

分類 掏摸


ヒケ

読み方:ひけ

  1. 物喰フコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・宮城県

分類 宮城県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

日毛

読み方
日毛ひけ

ヒケ

(ひけ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/08 04:48 UTC 版)

ヒケ(ひけ、Sink Marks)とは、工業製品において材料が起こす成形収縮によって生じるへこみ、窪みである。射出成形(インジェクション)などの金型を用いて作られた合成樹脂製品に顕著に見られる現象である。




「ヒケ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ひけ」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

ひけのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

パラワンオオヒラタクワガタ

ホワイト・ワンダー

板名用水

ウソ

ステー

淡路 修三

ティッシュ箱包み

近江女





ひけのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS