《馨》の正しい読み方とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 《馨》の正しい読み方の意味・解説 

《馨》の正しい読み方

「馨」の正しい読み方

「馨」は主に「かおり」もしくは「かおる」と読む字である。人名用いられることが多い字といえる音読みでは「キョウもしくはケイ」と読む。訓読みには「かおり」「かおる」の他にかぐわしい馨しい)」という読み方もある。「こうばしいかんばしい馨しい)」と読ませる場合もある。

アニメ化映像化もされたマンガ作品聲の形(こえのかたち)」の「聲」は、「馨」とは別の字である。

「馨」の意味解説、なぜ「馨」と読むのか

「馨」は、香り・匂い意味する字である。もっぱら「よい香り芳香)」を指す。ちなみに馨香けいこう)」は「よい香り」を意味する語である。また、良い香りがする(漂ってくる)さま」を指す意味で用いられることもある。

つまるところ「馨」の字は「香」および「芳」の異字体として扱われている。「馨」を「かおり」や「かおる」と訓読みする理由も、「香」の字との関連性求められるだろう。「馨」の字は、もともとは「黍稷しょくしょく穀物キビのこと)」が発する良い香りを指す字とされる。よい香り嗅いで感じ取ることを「(香りを)聞く」ともいうが、「馨」の字からも「香り聞くもの」という意味合い読み取れる

「馨」の類語・用例・例文

「馨」の字は「香」および「芳」の字類語関係にあるいずれも「よい香り」を指す場合用いられる字である。「馥郁ふくいく)」や「郁々いくいく)」なども、よい香り形容する表現であり、馨・香・芳の字共通する。ただ馥郁は「自然由来香気」について用い意味合いが強い。

「馨」の英語用例・例文

「馨(かおり)」を英語で表現する場合は「scent」や「odor」、「odour」などの語が訳語の候補として挙げられる

人名としての「かおる」や「かおり」は固有名あるため KaoruKaori のように表現することになる。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

《馨》の正しい読み方のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



《馨》の正しい読み方のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS