《肩峰》の正しい読み方とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 《肩峰》の正しい読み方の意味・解説 

《肩峰》の正しい読み方

「肩峰」の正しい読み方

肩峰」の正確な読み方は、「けんぽう」である。漢字音読み統一してある形で、主に医療業界で使用されることが多い言葉だ。訓読み統一した「かたみね」という読み方は、自然な響きではあるが、間違いである。「肩峰」の読み原則的に、「けんぽう以外にはない。「肩峰」は音読みだと「けんほう」とすることも可能だが、文法上の都合によって「けんほう」とは読まないようになっている

「肩峰」の意味解説

肩峰」とは、人の身体の一部のことである。人の身体の肩の部分は、首元から伸びる鎖骨と、背中側にある肩甲骨合流して、上腕骨に繋がる形となっている。そして、肩甲骨は、端の部分が、上腕骨の上に被さる構造である。その被さっている部分を、肩峰という。骨だけを見ると、肩峰部分だけが突出するような形になっている。その見た目山の頂である「峰」に例える形で、「肩峰」と呼ぶようになった

なぜ「けんぽう」と読むのか・理由

医療業界で使用される熟語は、音読みとなっているものがほとんどである。「肩峰」も例外ではなく音読みで「けんぽう」と読む。漢字そのまま音読みすると「けんほう」となるのが自然だが、音読み場合、「ん」の後に続く「ほ」は、半濁点が付いて「ぽ」となる連濁という法則がある。したがって、「けんほう」ではなく、「けんぽう」となるのが正しい。そして、医療業界では、一般人相手説明する際には、意味が通じすいよう訓読み使用することがあるが、肩峰について説明をすること自体少ない。したがって、訓読みを用いた「かたみね」という読み方存在せず、一般人相手でも「けんぽう」が用いられる

「肩峰」の類語・用例・例文

肩峰」は肩甲骨一部であるが、肩甲骨背中から肩までの広い部分覆っているため、「肩甲骨に異常がある」と表現したとしても、具体的にどこの異常なのかを特定しにくい。そこで、「肩峰」を用いると、肩甲骨の中のより細かな位置を示すことができる。例文にすると、「検査によって、肩峰周辺炎症が起こっているのが確認できた」「腕を上げた際に肩峰辺り激し痛み感じた」といった形だ。

肩峰」の類語としては、「肩先」や「肩口かたぐち)」が挙げられるいずれも肩と腕の中間を指す言葉であり、どちらを選択しても同じ意味となる。肩峰よりも広い範囲を指す言葉あるため肩先または肩口中に肩峰含まれることはよくある。そして、当初肩先肩口の異常でしかなかったものが、より詳しい検査によって、肩峰の異常だったと判明することも珍しくはない

「肩峰」の英語用例・例文

英語には「肩峰」を意味する、「acromion」という最適単語がある。上腕骨覆っている肩甲骨先端まさしく肩峰部分を指す単語であり、医療業界で使用されることも多い。その「acromion」を用いて例文作ると、「Severe pain occurred when the doctor pushed the acromion.(医師肩峰押したら、強い痛み発生した)」「When I checked the X-ray, I found that there was a crack in the acromion.(レントゲン写真確認したところ、肩峰部分ヒビ入っているのがわかった)」といった形になる。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

《肩峰》の正しい読み方のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



《肩峰》の正しい読み方のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS