測地系 日本の測地系:世界測地系と日本測地系

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地図 > 測地系 > 測地系の解説 > 日本の測地系:世界測地系と日本測地系 

測地系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/17 14:00 UTC 版)

測地系(そくちけい)は、地球上の位置を経緯度経度緯度)及び標高を用いる座標によって表すための系(システム)を指す。


[ヘルプ]
  1. ^ 正確にはITRF 等では固体地球重心を測地座標系の原点とする。
  2. ^ a b c d 学術的名称は「日本測地系2011」("The Japanese Geodetic Datum 2011"、JGD2011)、日本国内の法令上名称と通用名は「世界測地系」。
  3. ^ [1] 測量法第11条第2項 「前項第一号の地理学的経緯度は、世界測地系に従つて測定しなければならない。」
  4. ^ 米国では、国防総省が1960年に世界測地系(World Geodetic System)を策定する以前は、軍(陸軍と空軍)によって異なる全地球的測地系を開発していて、統合化されていなかった。
  5. ^ NATIONAL GEOSPATIAL-INTELLIGENCE AGENCY (NGA) STANDARDIZATION DOCUMENT DEPARTMENT OF DEFENSEWORLD GEODETIC SYSTEM 1984 Its Definition and Relationships with Local Geodetic Systems 2014-07-08 Version 1.0.0”. 2017年7月10日閲覧。2.2.3節
  6. ^ Tokyo97座標系は旧日本測地系の一種であり、1997年に国土地理院海上保安庁水路部、通信総合研究所の3機関が合同で、VLBISLRGPSを用いた共同同時観測(Project97)を実施して決定された。飛田幹男:「世界測地系と座標変換」、(社)日本測量協会、2002年4月、ISBN 9784889410143、p.52。
  7. ^ 飛田幹男:「世界測地系と座標変換」、(社)日本測量協会、2002年4月、ISBN 9784889410143、p.75
  8. ^ [2] 飛田(2001):世界測地系移行のための座標変換ソフトウェア“TKY2JGD”,国土地理院時報,No.97(31-57).p.5
  9. ^ このTKY2JGDは、一、二、三等三角点の経緯度(および地表面高度)のITRF94および日本測地系の数値に基づいており、四等三角点による検証では全国でほぼ0.2 m以下の水平誤差で変換できる。
  10. ^ [3] 測量法第11条第3項
  11. ^ [4]平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に伴う三角点及び水準点の測量成果の改定値を公表(10月31日から提供開始)
  12. ^ [5]東北地方太平洋沖地震に伴う基準点測量成果の改定(測地成果 2011 の構築)
  13. ^ GLONASS Interface Control Document - ICD_GLONASS_4.0_(1998)_en.pdf”. 2017年7月10日閲覧。 3.3.4節
  14. ^ a b “PARAMETRY ZEMLI 1990” (PZ-90.11)”. 2017年7月10日閲覧。







測地系と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

測地系に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「測地系」の関連用語

測地系のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

WS007SH

半減期

デリカ バン

812SH sII

土井杏南

金 艶

VA26D/WX

小川原湖畔の野鳥





測地系のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの測地系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS