周永康 周永康の概要

周永康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/16 07:10 UTC 版)

周永康
Zhou Yongkang.jpg
生年月日 1942年12月
出生地 Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg江蘇省無錫
出身校 北京石油学院
所属政党 Flag of the Chinese Communist Party.svg 中国共産党(1964-2014)

在任期間 2007年10月22日 - 2012年11月20日
党総書記 胡錦濤

中華人民共和国の旗 国務委員
内閣 温家宝内閣
在任期間 2003年3月 - 2008年3月

中華人民共和国の旗 第11代公安部長
内閣 朱鎔基内閣
温家宝内閣
在任期間 2002年12月 - 2007年10月

内閣 朱鎔基内閣
在任期間 1998年3月 - 2000年
テンプレートを表示
周永康
各種表記
繁体字 周永康
簡体字 周永康
拼音 Zhōu Yǒngkāng
和名表記: しゅう えいこう
発音転記: ヂョウ・ヨンカン
テンプレートを表示

略歴

1964年中国共産党に入党。1966年北京石油学院を卒業後、石油管理局長を経て、1985年に石油工業部副部長(次官)となる。1988年、中国最大の石油ガス国有企業である中国石油天然気集団(CNPC、石油工業部を1988年に国営企業化した)の副総経理を務め、1996年からはCNPCの総経理を務めた。1998年朱鎔基内閣で国土資源部長(大臣)に就任。2000年四川省党委書記に転出した。

2002年党中央政治局委員に選出され、中央書記処書記に就任。同年、公安部長兼党委書記に就任し、翌年発足した温家宝内閣でも留任。警視総監、武装警察部隊第一政治委員、国務委員(副首相級。政法担当)など要職を兼任。政法部門(情報、治安、司法、検察、公安などの部門)では羅幹に次ぐ第2位の地位にあった。

2007年10月22日、第17期1中全会で中央政治局常務委員に昇進し、中央政法委員会書記に就任、羅幹の持つ政法関連の職を受け継ぐこととなった。10月29日、公安部長の地位を退いたことが確認される。

2010年10月9日から10月10日にかけて朝鮮民主主義人民共和国平壌で行われた朝鮮労働党65周年記念式典と中央報告大会の来賓となり、後継者の金正恩と並んだ最高指導者金正日の隣に出席した[1]

思想・宣伝部門を統括する李長春と共に、胡錦濤総書記・温家宝総理の政敵とされる。薄熙来と緊密であり、2012年の薄熙来事件における薄熙来の処分には消極的だったとされる[2]。2013年12月1日以降、消息が途絶えており、当局に拘束され汚職問題で追及されていると報道された[3](次項目「汚職・失脚」参照)。

第14期中央委員候補、第15期中央委員、第16期中央政治局委員、第17期中央政治局常務委員(以上2012年まで)。

汚職・失脚

報道経過と事件・裁判

2013年8月末、香港紙が「中国共産党指導部は周永康・前政治局常務委員の汚職をめぐる調査を開始することで合意した」と報じた[4]。周永康が2012年11月まで務めていた政治局常務委員は党最高指導部の一員であり、親しかったと言われる薄熙来の1ランク上に当たる[4]。この時点で、中国当局は周がトップを務めていた中国石油天然ガス集団(CNPC)の幹部4人を調査していると発表していた[4]

この第一報以降、共産党々内序列第9位とされる「要人」であることから報道は慎重に展開し[5]以下の通り断片的散発な続報となる。

2013年12月1日[6]以降は消息が途絶え、当局に拘束され汚職問題で追及されているとの報道がある[7]。 2014年3月3日、周永康・前党政治局常務委員を巡る国内報道を解禁し「問題」が生じていることを初めて報じた。京華時報は1面で「周永康問題」と明記。中国メディアは、周氏の弟や息子らが汚職などの容疑で拘束されたと伝えていたが、それが周の親族だとは明示せずに報じていた[8]

中国当局は、2014年3月末までに、周の親族や側近、部下ら300人以上を調査し、周本人のほか親族や部下の持つ900億元(145億ドル)相当以上の資産を差し押さえたとされる[9]。周本人への調査は前年末から始まり(共産党が政権を握った1949年以降に汚職調査の対象となった高官らの中で最高位)、5つの省にある自宅を捜索し、総額370億元の銀行預金を凍結、総額510億元の国内外の債券や株式を差し押さえたほか、約300軒のアパートや別荘、骨董品や現代絵画、自動車60台、現金などが押収された[9]。同年2月には、周永康の権力基盤である四川省の発電と観光分野で周の息子の周濱と協力関係にあった中国企業・四川漢龍集団の劉漢が殺人罪などで逮捕・起訴されていた[10][11]

2014年4月29日、周の側近であった李春城・元四川省党委員会副書記が党籍を剥奪され、公職から追放された[12]。同年5月23日には、上述の四川漢龍集団主席の劉漢に死刑が宣告された[13]。2014年に入ってから、周の周辺人物が相次いで突然死していると報じられる[14]

2014年7月29日、中国共産党中央規律検査委員会は周永康の「重大な規律違反」について立件したと新華社が報じた[15]。その他の中国マスコミも一斉に事件を報道、周の失脚が確定した。

2014年12月5日、中国共産党中央政治局の会議で、周永康の党籍を剥奪し、身柄を司法機関に移すという決定が下された[16][17]

2015年4月24日湖北省咸寧市中級人民法院で李春城の第一審初公判が開かれた。土地開発で職務上の地位を利用リベートを受取り、事業計画に便乗し別件で起訴済の曲松枝(李春城の夫人)など4人は合計3979万7597元相当(約7億9千万円)を不正会計などから利益供与された容疑の収賄、職権乱用で訴追され、このうち2001年9月から2011年7月末まで担当した成都市長と市党委書記在職中行った事件容疑では、周永康から直接指示を受け法違反を認識の上である事業者に便宜を図ったとされた。

2015年4月、周永康は収賄、職権乱用、国家機密の漏洩の3つの罪で刑事訴追される。

2015年5月22日天津市第一中級人民法院で初公判が開かれた。

新華社報道によると収賄は職務を利用した一連の事件で周永康は石油政策で直接蒋潔敏[18]から73万1100元(約1千458万円)の金品を受け取る一方、呉兵、丁雪峰、温青山、周灝とそれぞれの関係と立場で便宜を図りこちらの謝礼は夫人の賈暁曄と子息周濱は4人から別々に計約1億2904万元(約25億7千万円)相当を受け取ったとされた。

職権乱用は閣僚、党幹部の蒋潔敏、李春城と共謀し周濱、周鋒、周元青、何燕、曹永正らが行った土地開発や事業計画に支援協力する見返りに21億3600万元(約425億円)の収益を家族で受取り、これによって14億8600万元(約296億円)に上る経済損失を発生させ国家と人民に重大な損害を与えたとされる。 、だったことで 国家機密漏洩は国家秘密法の規定に反し5件の極秘級の文書と1件の機密級の文書を私的関係にあった一般人実業家曹永正[19]に提供したとされる[20][21][22]

2015年6月11日、一審判決で無期懲役に処され、同時に政治的権利の終身剥奪に個人財産没収が言い渡された。周永康は起訴内容を認め、上訴しないと意思表明した[23][24]

裁判は非公開で半ば秘密裏に行われ国内マスコミの扱いも小さく結審の内容のみ伝えた[25]

粛清理由の推測

急成長を遂げた中国経済は徐々に減速し低成長期が予測されるなか、景気低迷から政治腐敗による汚職が問題化し政府の経済政策を脅かしかねない状況だった。エネルギー政策に発言力を持つ周永康は引き立てていた薄熙来の失脚以降その影響力を弱めていた。

中国共産党総書記に就いて日が浅い習近平が周永康の粛清を決めた理由として、2010年に重慶党委書記薄熙来と周による習批判の録音が2012年の王立軍の亡命騒ぎをきっかけに習の耳に入ったこと、周の再婚が後ろ盾であった元党総書記江沢民の不興を買ったこと(周の前妻は江の親族)の2点を産経新聞は挙げている[26]


[ヘルプ]
  1. ^ “北朝鮮・労働党創建65周年、金正日・金正恩親子が並んで壇上に”. 中央日報. (2010年10月11日). http://japanese.joins.com/article/745/133745.html 2015年12月11日閲覧。 
  2. ^ 「毛沢東」になれなかった薄熙来の悲劇 WEDGE ITmedia 2012年04月11日
  3. ^ “周永康氏、司法機関引き渡し決定か 香港紙報道”. 産経新聞. (2013年12月15日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/131215/chn13121519040005-n1.htm 2013年12月15日閲覧。 
  4. ^ a b c 中国指導部、周永康・前政治局常務委員の汚職を調査へ=香港紙ロイター、2013年08月30日
  5. ^ 習近平が綱紀粛正の方針をめぐり「虎もハエも同時に叩く」と発言した際の、対象の一人とされる。
  6. ^ 身柄拘束報道前に公の場に姿を現したのは、2013年10月1日に中国石油大学のイベントに出席したのが最後である。
  7. ^ “周永康氏、司法機関引き渡し決定か 香港紙報道”. 産経新聞. (2013年12月15日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/131215/chn13121519040005-n1.htm 2013年12月15日閲覧。 
  8. ^ “中国当局、汚職疑いの元幹部・周永康氏を巡る報道解禁 日本経済新聞”. 日本経済新聞. (2014年3月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0302Z_T00C14A3000000/ 2014年3月3日閲覧。 
  9. ^ a b 中国当局、周永康氏らの資産900億元超差し押さえ=関係筋ロイター、2014年03月31日
  10. ^ 中国検察当局、漢龍集団の元主席(会長)らを殺人罪などで起訴=報道ロイター2014年02月21日
  11. ^ 中国・四川漢龍集団元主席の公判始まる、周永康氏の長男と関係ロイター、2014年04月1日
  12. ^ 中国が元四川省副書記の党籍を剥奪、周永康氏側近ロイター、2014年04月30日
  13. ^ 周永康氏問題めぐる中国の激しい権力闘争、四中全会前後に決着かロイター、2014年05月23日
  14. ^ 周永康関係者 相次ぐ謎の死亡事件新唐人ニュース、2014年04月24日
  15. ^ (日本語)中国共産党中央、周永康の重大な紀律違反問題で立件、審査新華社、2014年07月29日
  16. ^ 中共中央决定给予周永康开除党籍处分 将周永康涉嫌犯罪问题及线索移送司法机关依法处理
  17. ^ 中国最高検、周永康氏を逮捕へ 共産党が党籍剥奪
  18. ^ 中国石油天然気集団(CNPC)前会長、国有資産監督管理委員会主任を歴任し2013年に失脚した。
  19. ^ 子息周濱の世話役相談相手とされ、放送局や食品会社幹部を経て2006年頃から投資ファンドに参画、石油開発事業へ投資していたとされる。
  20. ^ 信憑性が薄い情報では2015年香港紙「東方日報」は2013年12月12日粛正された朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の政治家張成沢2012年8月13日訪中した際、当時公安部長職だった周永康は配下が行った監視活動で盗聴記録を受取るとある人物にその内容を譲り渡したと報じた。これを受取とったとされる人物の身分や素性は伏せられ盗聴内容も記されていない。
  21. ^ (中国語)周永康一審被判處無期徒刑”. 大公網 (2015年6月11日). 2015年6月11日閲覧。
  22. ^ 中国 周永康被告 無期懲役判決 裁判は非公開、秘密裏”. しんぶん赤旗ネット版 (2015年6月13日). 2015年6月13日閲覧。
  23. ^ (中国語)周永康一审被判处无期徒刑”. 中國新聞網 (2015年6月11日). 2015年6月11日閲覧。
  24. ^ 周永康氏、無期懲役に 中国の地裁判決”. 日本経済新聞 (2015年6月11日). 2015年6月11日閲覧。
  25. ^ 英米の関心を呼んだ薄熙来裁判と異なり、国内の影響と従前の地位を配慮して報道統制が敷かれた。
  26. ^ 周永康氏はなぜ“粛清”されたのか 元妻を殺害?江沢民氏が激怒産経新聞、2014.7.31
  27. ^ “流出の米公電、グーグル攻撃「中国共産党指導部が指示」=報道”. ロイター. (2010年12月5日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-18478520101205 2011年2月8日閲覧。 
  28. ^ 中国・周永康氏事件、親族の特権にもメスWall Street Journal, 2014 年 7 月 31 日
  29. ^ Cutting the family ties in ChinaTaipei Times, Apr 23, 2014


「周永康」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「周永康」の関連用語

周永康のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

チュウゴククロツヤシカクワガタ

ダブル蝶結び

土星

空き三角

EX-Z200

激戦区

メリヤス編み

タブ





周永康のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの周永康 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS