Glibcとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > OSS用語 > Glibcの意味・解説 

Glibc

読み方ジーリブシー
正式名称GNU C Library

GNU Project」による標準ライブラリlibc」の実装C言語標準ライブラリ名をlibc(リブシー)といい、多くプログラムで共通して使われるような、システムコール始めとする基本的な「部品」を集めたものである
glibcはバージョン2でLinux C Library統合された。Linux C Libraryはglibcを基に大幅機能追加したもので、Linux 専用のC標準ライブラリだったが、glibcとの統合伴ってさまざまなUNIX系OSおよびハードウェアアーキテクチャがサポートされるようになった
UNIXが持つ特徴継承したLinuxでは、ソフトウェア歴史的C言語記述されているものが多く、glibcはLinuxシステム根幹をなすものといってよい。glibcはISO CPOSIX、Unix98の各標準にほぼ完全に準拠し、国際化APIも整っている。
なお、GLibというライブラリもあってglibcと混同されやすいが、こちらは[[GTK+]]のコアライブラリであり、glibcとは無関係である。
関連見出し
Free Software Foundation
GNU Project
ライブラリ
GCC
UNIX
POSIX
関連URL
GNU C Library(http://www.gnu.org/software/libc/libc.html)

GNU Cライブラリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/15 00:00 UTC 版)

(Glibc から転送)

GNU Cライブラリ(グニュー・シーライブラリ、glibc、ジーリブシー)は、GNUプロジェクトによる標準Cライブラリ実装。元々はGNUオペレーティングシステム向けにフリーソフトウェア財団 (FSF) が作成したもので、2001年からは主要なコントリビュータでメンテナーでもあるレッドハットの Ulrich Dreeper らを含む委員会が開発を監督している。




  1. ^ http://www.gnu.org/bulletins/bull4.html”. 2008年8月28日閲覧。 “Most libraries are done. Roland McGrath [...] has a nearly complete set of ANSI C library functions. We hope they will be ready some time this spring.”
  2. ^ GNU's Bulletin, vol. 1 no. 12”. 2008年8月28日閲覧。 “It now contains all of the ANSI C-1989 and POSIX.1-1990 functions, and work is in progress on POSIX.2 and Unix functions (BSD and System V)”
  3. ^ Elliot Lee (2001年). “A Technical Comparison of glibc 2.x With Legacy System Libraries”. 2008年8月28日閲覧。
  4. ^ Forking: it could even happen to you”. 2008年8月28日閲覧。 “the split between GNU LIBC and the Linux LIBC -- it went on for years while Linux stabilized, and then the forks re-merged into one project”
  5. ^ Fear of Forking essay, see "6. glibc --> Linux libc --> glibc"”. 2008年8月28日閲覧。
  6. ^ Fear of Forking, footnote on Stallman's merge comments”. 2008年8月28日閲覧。
  7. ^ Linus Torvalds: Posting to the glibc mailing list, 9 January 2002 19:02:37
  8. ^ GNU/Linux Options - Using the GNU Compiler Collection (GCC)
  9. ^ Re: [Familiar Which glibc for Familiar 0.8.4  ?]”. 2008年8月28日閲覧。 “Question: which version of the GLIBC was used to build the Familiar 0.8.4 ? Answer: 2.3.3”


「GNU Cライブラリ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Glibc」の関連用語



3
36% |||||

4
18% |||||

5
18% |||||

6
14% |||||

7
14% |||||

8
14% |||||

9
14% |||||

10
14% |||||

Glibcのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




Glibcのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2014
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのGNU Cライブラリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS