三宅島とは?

三宅島

分野
地方気象情報などに用いる地名全般用との共用部分は除く)に関する用語
意味:
ミヤケジマ

三宅島(東京都)

775m 北緯340537秒 東経1393134秒 (雄山) (世界測地系

※最高標高国土地理院火山基本図(平成16年作成)による

三宅島地図

概 要

 直径8kmのほぼ円形の主に玄武岩(SiO2 5056%)からなる成層火山頂上部に直径約 3.5kmの外側カルデラがあり、その内側には2000年噴火により生じた直径1.6kmのカルデラがある。山頂部の火口のほか、山腹割れ目噴火による側火口多く海岸近くにはマグマ水蒸気爆発による爆裂火口(大路池(たいろいけ)など)が多数ある。
 最近500年間には1769年平均50年間隔13回の噴火が起き、1回の噴出物量は20003000トン程度である。有史以後活動は、山頂から北-東南東西-南南西方向山腹割れ目火口からの短期間噴火であり、時に山頂噴火を伴う。スコリア放出溶岩流出のほか、割れ目火口海岸近く達したときは海岸付近では激しマグマ水蒸気爆発起こりやすい(1983年噴火など)。
 噴火前後地震活動を伴うが、地震活動域と噴火地点とは一致しないことがある2000年噴火では島内で始まった地震活動徐々に西方沖に移動して海底噴火至りその後山頂直下地震活動始まり山頂噴火カルデラ形成へと推移した。1983年噴火では前年から南方海域での群発地震活動などがあり、噴火直前地震活動噴火開始1時間半前からであった。1962年をはじめ、過去いくつかの噴火では噴火後に有感地震頻発した。1940、1962年噴火に際して起こった地震震源噴火場所が北東山腹であったにもかかわらず島の北西部であった。
 2000年6月に始まった噴火活動では、山頂噴火発生するとともにカルデラ形成した。さらに火山ガス(二酸化硫黄)の大量放出続き全島民が島外での避難生活を余儀なくされた。



2002年4月18日のカルデラ内の状況

2002年4月18日カルデラ内の状況

最近1万年間の火山活動

 最近1万年間の活動のうち、堆積物露出状況がよいのは約7000年前以降である。約70004000年前の間は、噴火活動不活発で目立った堆積物見られない。約40002500年前の間は、1万年前より古い時代形成されていた桑木カルデラ中に山体形成した時期考えられているが、堆積物は島の南部北西部でのみ確認できる程度である。約2500年前には、最近1万年間で最も噴出量の大きな八丁平噴火発生し、島の中央八丁平カルデラ形成された。この噴火以降12世紀後半までは八丁平カルデラ埋め現在の雄山形成する噴火続きスコリア溶岩噴出しこの間山腹噴火発生した。その後15世紀後半までの約300年間は噴火がなく、1469年噴火以降1983年までに12回の山腹割れ目噴火発生した。
 2000年6月に始まった噴火活動では、山頂噴火発生するとともに2500前にできた八丁平カルデラとほぼ同じ位置に、カルデラ形成された(津久井ほか,2001)。



記録に残る火山活動

火山観測

気象庁では、地震計空振計,傾斜計GPS遠望カメラ ,全磁力計島内外に設置し、三宅島の火山活動監視観測を行っています。その他、関係機関協力の下、二酸化硫黄放出観測火口温度測定定期的に実施しています。

火山活動解説資料

気象庁実施した火山観測データ解析結果や、火山活動診断結果掲載します。毎月1回、上旬公表します。


三宅島

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

三宅島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/10 05:56 UTC 版)

三宅島(みやけじま)は、伊豆諸島雄山(おやま)を中心としてしばしば激しく噴火をすることで知られ、火山噴火予知連絡会によって火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山に選定されている[1]。また、日本気象庁によって火山活動度ランクAの活火山、常時観測対象火山に指定されている。島の全域が富士箱根伊豆国立公園となっており、行政区画は島全体が東京都三宅村に属する。




[ヘルプ]
  1. ^ 火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山”. 気象庁. 2016年2月25日閲覧。
  2. ^ 出典 : [1] [リンク切れ]
  3. ^ ただし、噴火前の神津島付近の地震で死者1人、負傷者15人が出ている。
  4. ^ 死線を越えて(インターネット掲示板「ある火山学者のひとりごと」への書き込み)
  5. ^ 三宅島噴火及び新島・神津島近海地震に対してとった措置
  6. ^ 47NEWS 共同通信2011年11月6日配信 三宅島で初のバイクレース 溶岩地形を疾走







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

三宅島に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「三宅島」の関連用語

三宅島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

福江火山群

倶多楽

沼沢

雲仙岳

浅間山

八幡平

恐山

北福徳堆





三宅島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
気象庁気象庁
©2016 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
気象庁気象庁
©2016 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三宅島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS