ベヨネース列岩とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 地域・地名 > 地形・地勢 > 山岳 > 日本の火山 > ベヨネース列岩の意味・解説 

ベヨネース列岩(東京都)

11m 北緯315316秒 東経1395504秒  (世界測地系

ベヨネース列岩地図

概 要

 ベヨネース列岩は、3個の烏帽子形の岩礁数個小岩からなり海面下約1500m基底をもつ海底火山外輪山(カルデラ直径10km)の西縁で、玄武岩(SiO2 4752%)からなる
 1952~1953年活動した明神礁(主にデイサイトSiO2 6369%)はベヨネース列岩の東約10kmにあり、比高300m円錐状をなし、山頂直径約600mの火口をもつ後カルデラ火口丘
 明神礁とベヨネース列岩の間に直径約8kmのカルデラ存在し、その中央に最浅水深372mの中央火口丘がある。カルデラ底は環状分布し、水深は1000mを越える。

記録に残る火山活動


日本活火山総覧(第3版)(気象庁2005)による。>


ベヨネース列岩

読み方:ベヨネースレツガン(beyon^esuretsugan)

伊豆諸島属す太平洋無人島

所在 東京都八丈支庁管内

別名 ベヨネーズ岩礁ハロース

位置・形状 東京から南へ324km、青ケ島から南へ58km、北緯3155分3秒、東経13954分5秒。3個の大礁数個小礁よりなる岩礁群で烏帽子のような形

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

ベヨネース列岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/03 05:12 UTC 版)

ベヨネース列岩(ベヨネースれつがん)は伊豆諸島の岩礁群。東京都に属す。ベヨネース岩礁ハロースとも呼ばれる。欧名は「Bayonnaise Rocks」。東京都の直轄であり、都の出先機関である東京都総務局八丈支庁が所管しているが、どの町村に属しているかは未定の状態である。




[ヘルプ]
  1. ^ 平成24年 予算特別委員会速記録第四号 吉田康一郎(民主党)”. 東京都議会議会局管理部広報課. 2016年9月25日閲覧。


「ベヨネース列岩」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ベヨネース列岩」の関連用語

ベヨネース列岩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

九重山

伊豆大島

恵山

恵庭岳

ニセコ

海徳海山

恵山

新潟焼山





ベヨネース列岩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
気象庁気象庁
©2017 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベヨネース列岩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS