避難とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > 避難 > 避難の意味・解説 

ひ なん [1] 【避難】

( 名 ) スル
災難をさけて他の場所へ立ちのくこと。 「火事場から-する」 「 -場所」 「 -訓練


避難

災害から生命などを守るために、安全な場所に人が移動すること。避難路避難地が、避難する人の自由意志に任されることを「自由避難」といい、それらが指定されていて、しかも誘導されることを「指定避難」という。

避難(疎開)

自発的移動(806-1)は強制移動 1対比される。後者公権力によって個人移動するように強制される場合を指す。引き揚げ 2出身国への強制的帰国に使われる。強制的移動もう一つの例は、個々人集団全部居住地からの追放 3である。避難(疎開) 4という用語は一般に地震洪水戦争のような、何らかの破局から身を守るために全住民移動する場合に用いられる。難民 5通常自分自身意志移動した人であるが、その移動は、自分出身国に留まる迫害される恐れがあるという、強い圧力があったためである。移送者 6とは元の場所から公権力によって移動させられた人である。この種の移動大規模人口移送 7人口の転送 7あるいは人口交換 8結果起こることもある。


避難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/22 08:05 UTC 版)

避難(ひなん, : Emergency evacuation)とは、災害戦禍などの危険を避けるために、滞在している場所から離れて別の安全な場所へ立ち退くこと。退避(たいひ)もほぼ同義に用いられる[1]


  1. ^ Yahoo! Japan辞書(大辞泉)「避難」「退避」、2013年10月26日閲覧
  2. ^ a b 避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドライン」、2015年8月、3 - 6頁。
  3. ^ a b 災害対策基本法」、最終改正:平成二七年七月一七日法律第五八号、総務省法令データ提供システム、2015年9月22日閲覧。
  4. ^ a b 避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドライン」、2015年8月、1 - 2頁、7 - 12頁。
  5. ^ a b c d e f g 防災科学技術研究所「防災基礎講座 防災対応編」、「8. 避難」、2013年10月26日閲覧
  6. ^ a b 『防災対策と危機管理』、138-152頁
  7. ^ a b 『災害情報と社会心理』、201-205頁
  8. ^ 片田敏孝「東日本大震災にみるわが国の防災の課題」、『安心・安全と地域マネジメント』、24 - 29頁。
  9. ^ 片田敏孝「東日本大震災にみるわが国の防災の課題」、『安心・安全と地域マネジメント』、27 - 29頁。
  10. ^ a b 片田敏孝「東日本大震災にみるわが国の防災の課題」、『安心・安全と地域マネジメント』、29頁。
  11. ^ 片田敏孝「東日本大震災にみるわが国の防災の課題」、『安心・安全と地域マネジメント』、30 - 31頁。
  12. ^ 片田敏孝「東日本大震災にみるわが国の防災の課題」、『安心・安全と地域マネジメント』、31 - 33頁。
  13. ^ a b c d e f g h i 水谷、2002年、194 - 196頁。
  14. ^ a b c d 片田敏孝「災害に備える主体的姿勢を生む防災教育」、『安心・安全と地域マネジメント』、37 - 49頁。
  15. ^ 災害対策基本法施行令」、最終改正:平成二七年六月二四日政令第二五六号、総務省法令データ提供システム、2015年9月22日閲覧。
  16. ^ 災害対策基本法施行規則」、最終改正:平成二五年一〇月一日内閣府令第六六号、総務省法令データ提供システム、2015年9月22日閲覧。
  17. ^ 避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドライン」、2015年8月、8 - 9頁。
  18. ^ 『安全・安心の基礎知識』、156-157, 177頁
  19. ^ 『安全・安心の基礎知識』、194-195頁
  20. ^ a b 『安全・安心の基礎知識』、202-203頁
  21. ^ 『安全・安心の基礎知識』、204-205頁
  22. ^ 『安全・安心の基礎知識』、205頁
  23. ^ 『安全・安心の基礎知識』、206頁
  24. ^ 『安全・安心の基礎知識』、232-233頁
  25. ^ 『安全・安心の基礎知識』、240頁
  26. ^ a b c d e f g h 「参考資料2 避難準備情報、避難勧告及び避難指示について」、「参考資料3 災害対策基本法(抜粋)」、内閣府『災害時の避難に関する専門調査会』 第4回資料より、2011年1月18日
  27. ^ 内閣府「避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドライン(案)(平成26年度)」(2014年4月発表)において、市町村が各々の事情に応じて基準を設定するにあたっての目安として示された事項を記載している。
  28. ^ a b 大災害と法』、146 - 156頁。
  29. ^ 有珠山の噴火」失敗知識データベース、2013年10月26日閲覧
  30. ^ 中越地震」失敗知識データベース、2013年10月26日閲覧
  31. ^ アメリカ、ハリケーン被害」失敗知識データベース、2013年10月26日閲覧
  32. ^ Evacuation Planning in Texas: Before and After Rita (PDF)”. Texas House of Representatives. Government of Texas (2006年2月14日). 2012年2月25日閲覧。
  33. ^ Anthony Zachria and Bela Patel (2006年10月24日). “Deaths Related to Hurricane Rita and Mass Evacuation”. University of Texas Health Science Center-Houston. American College of Chest Physicians. 2012年2月25日閲覧。
  34. ^ Richard D. Knabb, Daniel P. Brown, and Jamie R. Rhome (2006年3月17日). “Hurricane Rita Tropical Cyclone Report (PDF)”. National Hurricane Center. 2009年1月15日閲覧。
  35. ^ McLean, Demian; Peter J. Brennan (2007年10月24日). “California Fires Rout Almost 1 Million People, Kill 5 (Update7)”. Bloomberg. http://www.bloomberg.com/apps/news?sid=aufnKvlM.Et8&pid=newsarchive 
  36. ^ “原発事故による避難者数 正確に全体を把握せよ 衆院総務委 塩川議員求める”. しんぶん赤旗. (2011年6月17日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-06-17/2011061704_03_1.html 2011年9月11日閲覧。 
  37. ^ 資料3-1 帰還困難区域について (PDF) 」文部科学省、原子力損害賠償紛争審査会(第35回)、2013年10月1日







避難と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

避難に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「避難」の関連用語

避難のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ブラック イタリアン

ヨーロッパ刺しゅうに適した布地

大ゲイマ

普通化学車

クロイジ

吉野作造

サイドスティック

堀本 満成





避難のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2016 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの避難 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS