ビッグホーンとは?

ビッグホーン [4] 【bighorn】

ウシ科哺乳(ほにゆう)類。肩高1メートル 内外野生ヒツジ。丸く曲がった大きな角をもち,交尾期には雄どうしが角をぶつけ合って激しく闘う北アメリカシベリア北東部険し山岳地帯小さな群れですむ。三種大別される。オオツノヒツジ

ビッグホーン

英語 Bighorn

ビッグホーンとは、ロッキー山脈岩場軽々走りまわる大角羊のこと。商用タイプ1981年9月登場したが、このときはロデオ・ビッグホーンという名前が付いていた。エンジンは2.3Lの自然吸気ディーゼルを積んでいた。

乗用カテゴリーとなった最初モデル84年1月発売した。ビッグホーン・ワゴンの名で、ホイールベース2300mmのショートと2650mmのロングの2タイプがあった。エンジン直4OHV・ディーゼルターボの2.2Lで87ps、4速MTの2段副変速機付きで、パートタイム4WD車だった。85年6月ロング4ドア車を発売

87年1月マイナーチェンジ。角型2灯ハロゲン・ヘッドランプを採用してフロントグリルをリデザインしたほか、シート形状変更含みインテリア新しくした。

87年9月イルムシャー仕様新設定。ガス入りダンパーミシュラン・タイヤなどで走り支えエンジンは2.8Lディーゼルターボを導入した。もうひとつ新車種はエクスポートで、アメリカ風に仕立てモデルだった。

89年11月マイナーチェンジオーディオを高級化し、ワゴンのスペシャル・エディションbyロータス追加した。サスペンションロータスチューニングしたモデルだった。エンジンは2.8Lディーゼルターボまたは2.6Lのガソリン90年5月には、ロングのディーゼルターボ車に電子制御4速ATを設定イルムシャーRに3ナンバーのロングタイプを追加

91年12月10年ぶりのフルモデルチェンジ、2代目に入った。ボディショートホイールベース2330mm、ロングは2760mmで4ドア、全タイプ3ナンバー車となった。エンジン新しくなり、V6DOHC24バルブ・3.2L・200psのガソリン直4・3.1Lディーゼルターボが載った。ミッションは5速MT電子制御4速AT。パートタイム方式4WD車だった。バリエーションベーシック、ハンドリング・バイ・ロータス(ロングだけ)、イルムシャーRS(ショートだけ)、イルムシャーとあり、サスペンションに微妙なセッティング違いがあった。ショート92年3月からの発売

92年10月安全対策中心にした改良を行った。

93年9月ショート定員を4名から5名にした。新車種としてハンドリング・バイ・ロータスのロングタイプSE設定V6・3.1Lガソリンまたは3.2Lディーゼルターボを積み、ミッションは4速AT。本革シート標準化した。またロングロータスイルムシャーに3列目のシートを外した5人乗り設定した。

95年6月マイナーチェンジ。3.1Lディーゼルターボは、電子制御燃料噴射採用などで黒煙大幅低減出力も125psから135psにアップした。駆動系は、トルク・オン・ディマンド(TOD電子制御トルクスプリット4WD)を採用した。

96年7月マイナーチェンジでは、前席左右SRSエアバッグ標準化一部グレードABS装備

98年2月エンジン新開発直接噴射(コモンレール)とした3L直4DOHC16バルブ切り替えた。インタークーラー付きディーゼルターボ仕様で160psを発揮ガソリンエンジンも3.5Lの230psに換装した。全長が60mm長くなったほか、トルク・オン・ディマンドの切り替えがスイッ

チでできるようになった

99年10月マイナーチェンジ。新グリルのフロントマスクなど内外リフレッシュ、全車ABSキーレスエントリーディーゼル車フルレンジ電子制御ATの採用などを実施した。2001年7月に、3.5Lのガソリンエンジン改良加え排出ガスクリーン化をはかった。3Lディーゼル静粛化をはかった。同時にグレードロータスSEプレジール、フィールドスターの3車種集約した。2002年9月販売終了

ビッグホーン

ビッグホーン_2

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ビッグホーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/28 20:38 UTC 版)

ビッグホーンOvis canadensis)は、ウシ科ヒツジ属に分類される偶蹄類。別名オオツノヒツジ


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科4 大型草食獣』、平凡社1986年、146-147、149頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育7 (偶蹄目III)』、東京動物園協会、1988年、117-118頁。
  1. ^ CITES homepage
  2. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • Festa-Bianchet, M. 2008. Ovis canadensis. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.


「ビッグホーン」の続きの解説一覧





ビッグホーンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ビッグホーンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ビッグホーン」の関連用語

ビッグホーンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

低ミュー路

強制循環冷却システム

フューエル系統

フロンテ・クーペ

シェービングカッター

キャミ

キャプテンシート

バイフューエルカー





ビッグホーンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビッグホーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS