1804年とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1804年の意味・解説 

文化元年 (きのえね 甲子)

文化元年
年(年号)
1789年 (寛政元年) 棄捐令
1790年 (寛政2年) 石川島人足寄場設置
1791年 (寛政3年) 江戸市中銭湯男女混浴禁止
1797年 (寛政9年) 湯島聖堂昌平坂学問所改称
1803年 (享和3年) 江戸開府200年
文化元年
1806年 (文化3年) 大火
1808年 (文化5年) フェートン号事件


文化元年
 人物
杉田 玄白 1733年1817年(享保18年文化14年) 71
伊能 忠敬 1745年1818年(延享2年文政元年) 59
塙 保己一 1746年1821年(延享3年文政4年) 58
司馬 江漢 1747年1818年(延享4年文政元年) 57
並木 五瓶 1747年1808年(延享4年文化5年) 57
大田 南畝 1749年1823年(寛延2年文政6年) 55
笠森 お仙 1751年1827年(宝暦元年文政10年) 53
桂川 甫周 1751年1809年(宝暦元年文化6年) 53
喜多川 歌麿 1753年1806年(宝暦3年文化3年) 51
鶴屋 南北 1755年1829年(宝暦5年文政12年) 49
大槻 玄沢 1757年1827年(宝暦7年文政10年) 47
松平 定信 1758年1829年(宝暦8年文政12年) 46
葛飾 北斎 1760年1849年(宝暦10年嘉永2年) 44
山東 京伝 1761年1816年(宝暦11年文化13年) 43
酒井 抱一 1761年1828年(宝暦11年文政11年) 43
高橋 至時 1764年〜1804年(明和元年〜文化元年) 40
十返舎 一九 1765年1839年(明和2年天保10年) 39
滝沢 馬琴 1767年1848年(明和4年嘉永元年) 37
雷電 為衛門 1767年1825年(明和4年文政8年) 37
佐藤 信淵 1769年1850年(明和6年嘉永3年) 35
近藤 重蔵 1771年1829年(明和8年文政12年) 33才
徳川 家斉 1773年1841年(安永2年天保12年) 31
間宮 林蔵 1775年1844年(安永4年弘化元年) 29
式亭 三馬 1776年1822年(安永5年文政5年) 28
柳亭 種彦 1783年1842年(天明3年天保13年) 21
為永 春水 1790年1843年(寛政2年天保14年) 14才
徳川 家慶 1793年1853年(寛政5年嘉永6年) 11
遠山 金四郎 1793年1855年(寛政5年安政2年) 11
渡辺 崋山 1793年1841年(寛政5年天保12年) 11
水野 忠邦 1794年1851年(寛政6年嘉永4年) 10
千葉 周作 1794年1855年(寛政6年安政2年) 10
Siebold Philipp Von 1796年1866年(寛政8年慶応2年) 8才
歌川 広重 1797年1858年(寛政9年安政5年) 7才
高島 秋帆 1798年1866年(寛政10年慶応2年) 6才
男谷 精一郎 1798年1864年(寛政10年元治元年) 6才
Harris Townsend 1804年〜1878年(文化元年〜明治11年) 0才
鼠小僧次郎吉 ????年〜1832年(??年〜天保3年) ?才

1804年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/11 19:52 UTC 版)

1804年(1804 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、日曜日から始まる閏年




「1804年」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「1804年」の関連用語

1804年のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フライングエース

西洋蒲公英

鶴居のタンチョウサンクチュアリ

プレジデントフレッシュ

ボールオンザボール

F 800 ST

水槽付ポンプ車

モハ2形





1804年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2017 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1804年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS