コスモとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > コスモの意味・解説 

コスモ

英語 Cosmo

コスモとは、イタリア語宇宙のこと。宇宙船思わせるスタイルと、RE新時代強調したクルマだった。初代モデルコスモ・スポーツ呼び1964年10月の第11東京モーターショーベールを脱いだ。しかし、発売したのは、それから2年半後の67年5月だった。世界初2ローター・ロータリーエンジン車は、まさに革新的だった。なお、1ローターRE搭載車としては、NSUヴァンケル・スパイダーが、64年秋に先陣を切った。

東洋工業(現・マツダ)が開発したロータリーエンジンは491cc×2ローターで、9.4の圧縮比から最高出力110ps/7000rpmと最大トルク13.3kg-m/3500rpmを発生した。4速MT最高速度185km/h、0→400m加速が2名乗車で16.3秒といわれた。定員2名で、東京標準価格148万円

68年7月マイナーチェンジでは、2200mmだったホイールベースが150mm延びて2350mmとなった。エンジン性能も128ps/7000rpm、14.2kg-m/5000rpmに向上し、5速MTで0→400m加速タイムは15.8秒にアップした。東京店頭価格プラス10万円の158万円になった。ロータリーエンジンの110ps初期型は10A型、128ps後期型は10B型と呼んだ。

初代コスモ・スポーツその後日産台数30台から20台に下げ72年9月累計生産台数1176をもって幕を閉じた。

3年プランクののち、75年10月新しいコスモが誕生した。C-CD系の型式名をもつシリーズで、エンジンロータリー13B(654cc×2)と12A(573cc×2)型の2種、そして直4SOHC・1.8Lレシプロがあった。ロータリー車には3速AT仕様もあった。ボディタイプはセミファーストバックのクーペで、定員は5名。

76年6月レシプロエンジン車にも3速ATを設定77年3月レシプロの2Lエンジン追加7月、Lシリーズと呼ぶノッチバックタイプを加え2種ボディがそろった。Lも定員は5名で、エンジンRE2種だけだったが、9月には2Lレシプロエンジン追加した。Lの登場後、セミファーストバックはクーペと呼ぶようになった。なお、Lとは、ランドートップ(ボディタイプのひとつで、屋根後半部分レザーなどで覆ったもの。ランドーのもともとの意味はほろ付き4輪馬車のこと)から命名した。

81年9月フルモデルチェンジで3代目となった。型式名E-HB系である。このとき発表したのは2ドアハードトップ車で、リトラクタブルヘッドランプ付けエンジンレシプロの2L一種81年10月、4ドアハードトップ車と4ドアセダン追加した。エンジンガソリンの1.8Lと2L、そして2.2LのNAディーゼルがあった。

81年11月ロータリーエンジンが再び戦列に加わった。12A型で、2ドアと4ドアハードトップ車、セダンの3タイプに載った。82年9月、ロータリーターボ発売。12A型をターボ化し、NAの130psに対して160psのハイパワー発生した。

83年10月マイナーチェンジエンジンレシプロガソリンの2Lとディーゼルの2.2L、ロータリーは12A型ターボのほか13B型に6ポート・インダクションを組み合わせて、NAながら160psを発生するユニット新設した。スーパーインジェクションと呼んでいた。クーペボディはスタイル変わり従来2本あったセンターピラーが太い1本となり、すっきりしたエクステリアとなった。

84年9月、2ドアハードトップ車のフロント部を4ドアハードトップ車と同じスタイルにしたタイプ追加。また13Bロータリーエンジン(従来4ドア車だけに設定)を2ドアハードトップ車にも積んで発売した。

85年5月、レシプロ・シリーズは4輪独立サスペンションと4輪ディスクブレーキ標準となり、ATは3速から4速に進化した。

90年4月新型ユーノス・コスモ発売マツダからユーノス・ブランドへのチェンジで、8年半ぶりの新型だった。2ドア、4シーターのハードトップボディで、3ナンバー注目ロータリーエンジン世界初の3ローター・20B型を搭載、シーケンシャル・ツインターボと組み合わせて、最高出力280ps、最大トルク41kg-mを発生した。これとは別に2ローター13B型もあり、こちらもシーケンシャル・ツインターボで230psにチューンアップしていた。

91年2月ボディカラー一部変更すると同時に13B搭載車にABSビスカスLSD装着車を設定92年7月にもユーノス創業3周年記念車を出した。94年3月バリエーションを6から4車種に減らし、ボディカラーツートーンから単色にしたあと、95年12月をもって生産中止した。

コスモ

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

コスモ

名前 Cosmo

コスモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/08 09:46 UTC 版)

コスモ (ラテン語: cosmo)。英語ではコズモ、形容詞はコズミック (cosmic)。




「コスモ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「コスモ」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされる売上債権回収率とは

    株式の投資判断とされる売上債権回収率とは、売上債権の売上高の割合をパーセンテージで表したものです。売上債権とは、売掛金や受取手形のことで、貸借対照表では現金や商品、有価証券などと同じく流動資産として計...

  • CFD業者のキャンペーン一覧

    CFD業者では顧客獲得のためにキャンペーンを実施することがあります。キャンペーンの内容は、新たに口座を開設した人に対してのキャッシュバック(現金プレゼント)や、既存の顧客に対しての取引高に応じてのキャ...

  • 株式の投資基準とされる売上高伸び率とは

    株式の投資基準とされる売上高伸び率とは、企業の予想売上高が最新の売上高の何パーセント増加しているかを表したものです。予想売上高が伸びればその分、株価も上昇するのが一般的とされています。売上高伸び率は、...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コスモ」の関連用語

コスモのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

クーリングファン

トーイン

ロールオーバーバー

タンデムアクスル式サスペンション

排気騒音

翼端板

MRワゴン

ザンドボールト





コスモのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコスモ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS