なぎなたとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 武具 > > なぎなたの意味・解説 

なぎ なた [0] [3] 【〈長刀〉・〈薙刀〉・眉

幅広反りの強い刀身に,長い柄をつけた武器平安時代から主に歩卒僧兵が用い,南北朝時代以後上級武士使用したが,発達戦国時代以後戦いの主要武器ではなくなった。江戸時代には女性も用いた。
薙刀草履(ぞうり)」の略。

びせん とう -たう 【眉尖刀】

長刀(なぎなた) 」に同じ。

薙刀(なぎなた)

長巻ながまき)とも言う。元幅に比べて先幅が大きく返り大きくついた長い刀を長い柄の端部装着して、対敵する相手や馬を薙ぎ払う目的使用された武具平安末期から鎌倉期実用時代には、滑り止め目的で握部を長く蛭巻にしたところから長巻とも称されるようになった時代が下がり江戸時代には鞘や柄部に蒔絵が施され装飾的要素強くなる。現代では、刃長が短かく先が張って腰に薙刀と称される独特の喰違樋有するものを薙刀、刃長が長く、元先の身幅の差が少なく先細りせずに、横手筋のない菖蒲に似た造り込みのものを長巻呼び区別している。長大長巻切先反り矯正され、切り詰められて一般の刀のように用いられたことがあり、これを長巻直し称する

なぎなた

歴史と沿革

なぎなたは「薙刀」や「長刀」とも記し、唐伝来の鉾(ほこ)の転身起源とする説があります突き刺し目的とした出現まで、戦場で人馬をなぎ払う、いわゆる斬撃目的とする武器として使われていましたが、その起源実際のところつまびらかではありません。しかし、平将門藤原純友起こし天慶の乱938年)を描いた合戦絵巻に長刀登場しています。また、平安中期源義家奥州清原家との争乱1086年)を記した「後三年記」に「投刀(長刀)」の記述が残っています。

室町時代末期には戦場で地位譲りますが、刀剣に対して長い間合いを持つこの武器は、いわゆる専守防衛武術として僧兵武家の女子に継承されていきます。明治以降もっぱら、なぎなたは女子武道として発展戦後GHQ武道禁止令をうけて衰退余儀なくされますが、日本伝統文化であるなぎなたの復興を願う有志たちによって、1955年全日本なぎなた連盟発足します。「新しいなぎなた」の理念を掲げ、文部省に正科教材として採択懇願書を提出し、採用されました。

1968年4月文部省より財団法人認可を受け、全日本なぎなた連盟わが国唯一のなぎなた界を代表・統括する団体として正式に認められました。

1978年には日本体育協会加盟1990年12月8日国際なぎなた連盟INF発足1992年11月全国高等学校体育連盟加盟1995年3月の「第40全日本なぎなた選手権大会」から皇后杯ご下賜決定2001年12月、第1回全日本男子なぎなた選手権大会開催。現在では会員数65000名を超え、世界10数カ国に普及発展し、国際規模の「なぎなた」として、今、一大飛躍のとき迎えています。


理念とルール

連盟が謳った理念は、「なぎなたは、なぎなたの修錬により、心身ともに調和のとれた人材育成する」というもので、これを掲げて正道歩む指針としました。つまり、わが国固有の文化として歴史伝統のもとに培われてきた「なぎなた」は、日本伝統的なものの考え方行動規範内包している運動文化といえ、その修練通じて真の日本文化継承者世に送り出すことにあります。この理念到達目標目的として、なぎなたの普及啓発つとめていきます。

競技としてのなぎなたは、「試合競技」と「演技競技」の2つがあります

1. 試合競技

2人試合者が、定められた部位(面、小手、胴、脛、咽喉)を確実に速く打突して勝負を競います。なぎなた技には、振り上げ持ちかえ、振り返しなどがあり、左右上下からあらゆる方向へ打つことができます試合形式は3本勝負原則で、定められた制限時間小・中学生は2分、高校生以上は3分)内に有効打突を2本先取した方が勝ち。ただし、延長戦小・中学生は1分、高校生以上は2分)を行なっても所定本数達しないときは、1本勝ち、判定勝ちという判定なされます

反則となる行為

2. 演技競技
連盟定める「しかけ・応じ技」8本、または「形」7本のなかから指定された3本を2人1組の演技者によって行ない、その技の優劣を競い合います。勝敗判定方式。5名の審判員厳正・的確に技の良否見定め判定し、過半数をもって勝敗決定します。

試合演技それぞれに、技を繰り出し、真剣に競い合うなかから相互人格尊重し合う「礼」の心が生まれます。心のこもった礼儀態度は、相手に伝わるだけでなく、自己の人間性をも涵養かんよう)し、人間関係を豊かに育むための基盤となります。

また一方で、なぎなた競技一時油断許さない過酷時間試合者に課します。当然、試合者には注意力集中力要求されます。それが気力充実をもたらし、それを維持するなかから奥ゆかしさを伴った強さ逆境ものともしない活力溢れ人間形成を促していくものと確信しています。



薙刀

読み方:なぎなた

  1. 薙刀。女陰隠語薙刀疵ともいふ。「巴のなぎなた朝日奈はくぐつて出」。
  2. 女根を形状により見立てたる称呼。又薙刀疵ともいふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

なぎなた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/23 18:41 UTC 版)

なぎなたは、全日本なぎなた連盟が多くの薙刀術流派を統合し競技化した武道






「なぎなた」の続きの解説一覧





なぎなたと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

なぎなたに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「なぎなた」の関連用語

なぎなたのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カバディ

スピードスケート

なぎなた

相撲

ウエイトトレーニング

パワーリフティング

ウエイトトレーニング

セパタクロー





なぎなたのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2016 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのなぎなた (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS