平将門とは?

たいらの まさかど たひら- 【平将門】 ○

(?~940) 平安中期武将通称相馬二郎。父は良持とも良将とも。935年所領争いなどから叔父国香を殺し一族との抗争を招く。また,土豪間の紛争巻き込まれて,しばしば兵を動かす。常陸上野下野の国府を占領するに至って東国独立国家作る野望抱き下総猿島郡石井(いわい)王城を営んで百官を置き,新皇を称したが,平貞盛らに討たれた。

平将門

作者幸田露伴

収載図書露伴小説 第4冊
出版社岩波書店
刊行年月1988.4

収載図書平将門
出版社フロンティアニセン
刊行年月2005.3
シリーズ名第2刷 (フロンティア文庫)


平将門

作者海音寺潮五郎

収載図書時代小説大全集 3 人物日本史 古代戦国
出版社新潮社
刊行年月1990.9
シリーズ名新潮文庫

収載図書ちくま日本文学全集 048 海音寺潮五郎
出版社筑摩書房
刊行年月1993.1

収載図書天下挑む反逆者小説
出版社講談社
刊行年月1994.10
シリーズ名時代小説ベスト・セレクション

収載図書時代小説人物日本の歴史 古代中世
出版社小学館
刊行年月2004.1
シリーズ名小学館文庫

収載図書悪人列伝 古代新装
出版社文藝春秋
刊行年月2006.11
シリーズ名文春文庫


平将門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/20 06:51 UTC 版)

平 将門(たいら の まさかど、-將門)は、平安時代中期の関東豪族


  1. ^ 勺を逆さに持たすなど作法に反し意図的である。没後しばらくして将門の娘が建立したとされる茨城県坂東市の国王神社の木造平将門像(茨城県指定有形文化財、国王神社神体)とは、肩や筋骨質の体つき、目の大きさ、顎の形等、印象がかなり違う。
  2. ^ a b 桔梗と呼ばれる女性の伝承とその終焉の地(桔梗塚)も各地にあり彼女の、出自、将門ならび藤原秀郷との関係、将門をどのように裏切ったか、裏切りをしていないか、などが異なっていて定説は無い。
  3. ^ 赤城宗徳 平将門 角川選書 196P
  4. ^ 一部の書籍(特に児童・生徒向けに書かれた物では疑問符付き)で903年とするが、これは将門が火雷天神(菅原道真)の生まれ変わりとするとの伝承からきていると考える者もいる。梶原正昭は、将門が反乱を起こした際に藤原忠平に宛てた書状の中に「(私こと将門は)少年時代にあなた様の家臣となって以来数十年云々」という意味の記述があることから、数十年を40年と仮定すると将門が忠平の家臣となったのは899年頃、その頃の将門の年齢は15~6歳であろうか、との可能性を示唆している(梶原正昭『将門記2』 平凡社 東洋文庫 1976年)。
  5. ^ 『尊卑分脈脱漏』『坂東諸流綱要』等によると、「犬養春枝女」または「県犬養春枝女」となっている。
  6. ^ 中川克一/至誠堂/明44発行
  7. ^ 『歴代皇紀』の「将門合戦状伝」には、始め伯父の平良兼との間で争い、次に平真樹なる者に誘われて平国香や源護らと事をかまえるに至ったとしている。
  8. ^ 『将門記』では「介経基ハ未ダ兵ノ道ニ練レズ。驚キ愕イデ分散ス」と述べられている。
  9. ^ 『摂政忠平宛将門書状』には、「維幾の子為憲が公の威光を傘に猛威をふるったため、玄明の愁訴によってそれを正そうとして常陸に赴いたところ、為憲と貞盛が示し合わせて戦いを仕掛けてきた。」とある。
  10. ^ ただし『将門記』では興世王の献策に対して「將門ガ念フ所モ、啻斯レ而巳。(中略)苟モ將門、刹帝ノ苗裔、三世ノ末葉也。同ジクハ八國ヨリ始メテ、兼ネテ王城ヲ虜領セムト欲フ。」と答えたとしているが、この答えは後に出てくる『摂政忠平宛将門書状』の内容とは矛盾する。
  11. ^ 海音寺潮五郎は『悪人列伝 古代篇』にて、これを将門の無知の証拠として指摘している。
  12. ^ 扶桑略記』では、将門の戦死を貞盛の放った矢により負傷落馬し、そこに秀郷が馳せつけ首を取ったとされ、『和漢合図抜萃』では、秀郷の子の千常が将門を射落とし首級をあげたとされている。
  13. ^ 『将門伝説』(汲古書院、2001年)
  14. ^ こめかみの「こめ(米)と俵藤太の「俵」を掛け合わせたもの。


「平将門」の続きの解説一覧





平将門と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

平将門に関連した本

平将門に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「平将門」の関連用語

平将門のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




平将門のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの平将門 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS