韓昌祐 「マルハン」社名の由来とデマ

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 実業家 > 経営者 > 日本の実業家 > 韓昌祐の解説 > 「マルハン」社名の由来とデマ 

韓昌祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/18 09:45 UTC 版)

「マルハン」社名の由来とデマ

会長・韓昌祐がボウリングの玉、パチンコの玉を連想させる玉、地球、円満の「マル(丸)」に社長名の「ハン(韓)」からマルハンとした[15]

なお、韓国のとある新聞[要追加記述]で「(マルハンの由来は)日の丸のマルと恨みのハン(恨の朝鮮語読み)という記事が出た」とされるが、韓はテレビ朝日の取材の中で「そんな理由で付けるわけがない」と否定し、上記の由来をインタビュアーの山本晋也に述べている[16]

備考

  • 1960年代関西のJC(青年会議所[17])入会を希望するも、拒否されたという[1]
  • 「必要以上の金は使わない」「損は一円でもしてはいけない」が信条であり、人に何かをおごったりプレゼントする事はほとんどしないという[要出典]

栄典

関連項目

参考文献

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 1958年4月から1978年3月まで営業。その後は別の場所でマルハン峰山店として営業している。
  2. ^ 当該施設は当時アジア最大の120レーンを誇った。1975年10月で一旦休業。1980年10月に60レーンで再開。パチンコ店やカラオケボックス、ゲームセンターを併設したプラザアピア静岡として開業。2018年8月20日から全館建て替えのため休業。2020年5月再開

脚注

  1. ^ a b c d e f 理事長メッセージ|公益財団法人 韓昌祐・哲文化財団
  2. ^ a b c d e f 代表者経歴(代表取締役会長) マルハン
  3. ^ a b c d Han Chang-Woo & family - Forbes
  4. ^ “재일 민단! 일본으로 귀화해 ‘성공한 한국계’로 살아가자”” (朝鮮語). 주간동아 (2009年12月17日). 2022年7月18日閲覧。
  5. ^ 1981年夏の甲子園準V マルハン社長の激闘人生 - 東京スポーツ・2017年4月9日
  6. ^ a b c d e f 「底から這い上がって億万長者」…パチンコ業界ナンバーワン経営者の韓昌祐会長2005年6月9日中央日報
  7. ^ プラザアピア静岡 2020年5月28日建替リニューアル開業”. 都市商業研究所. 2020年9月5日閲覧。
  8. ^ a b マルハン韓会長が「紺綬褒章」受章
  9. ^ 週刊大衆2020年10月19日号145頁 「山根明のノックアウト人生相談」第87回
  10. ^ 人模様:日韓交流への思いさらに--黒田福美さん、辛淑玉さん(毎日新聞 2010年4月10日 東京夕刊)
  11. ^ 趙正薫(チョ・ジョンフン) 2001年に韓国名のまま日本に帰化 マルハン・韓昌祐会長インタビュー(5/6) 記事入力 : 2007/06/24 11:40:15
  12. ^ a b 趙正薫(チョ・ジョンフン) 26歳でパチンコ業開始 マルハン・韓昌祐会長インタビュー(朝鮮日報) archive
  13. ^ マルハン会長 「それほど韓国人は中国人を差別する」と語る」『週刊ポスト』2011年11月18日号、NEWSポストセブン、2011年11月13日、2014年1月14日閲覧。
  14. ^ 大阪に韓流テーマパーク構想、マルハン会長の思い 朝鮮日報 2013年7月10日
  15. ^ 「マルハン」の由来 玉の「丸い」に民族名の「ハン(韓)」」『週刊ポスト』2011年11月18日号、NEWSポストセブン、2011年11月10日、2014年1月15日閲覧。
  16. ^ pachinko(maruhan)/Youtube、2014年11月10日閲覧
  17. ^ 峰山青年会議所とみられる。
  18. ^ <在日社会>◆在日商工人列伝◆パチンコ業界の最大手・韓昌祐 マルハン会長, 東洋経済日報, 2004/04/23.


「韓昌祐」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

韓昌祐のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



韓昌祐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの韓昌祐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS