社会的少数者 社会的少数者の概要

社会的少数者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/28 02:50 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

社会的少数者は欧米の「マイノリティグループ」(英語: minority group)の考え方を輸入したものである。日本語では省略をして「マイノリティ」と呼ばれることもある。英語のminorityは、形容minorを接尾辞ityで抽象名詞化したもので「少数」「少数派」などの相対的な数を意味を示す。マイノリティグループは直訳通り本来は単に数的に少数のグループを指していたが、現代では社会的弱者などを意味することが多い。日本では単にマイノリティと呼ばれることも多く、伝えたいものが力関係に対するものか、単に数に対するものか定かではない場合もある。

国によりマイノリティの含む意味が違い、ドイツ,ロシア・ソ連,中国などでは、ナショナルエスニックグループ(民族)、宗教、言語の4つにおいて多数派と違う少数派のことを指す。日本、アメリカ、韓国はナショナル、エスニックグループ、宗教、言語の4つを重視せずに、障害者や女性、ホームレス状態の人々などを含めた「弱者」のことを指す。[1]

対義語は社会的多数派またはマジョリティであり、これは多数派に位置する為には強い立場にいる集団を意味しており、統めて世論を形成しやすい群というふうにも言える。

留意点として、社会的少数者は単に少数というだけで決まるのではなく、力関係によって変わる場合もある。数としては少数でなくても、差別や構造により社会的に弱い立場の集団を「社会的少数者(マイノリティ)」と定義する。たとえば数の面では人口の半数近くを占める女性や、人口では多数派である南アフリカの黒人や20世紀初頭のアメリカ合衆国南部の黒人のように、人口の割に社会における機会が著しく制限された層をマイノリティとする[3]

逆に少数者、少数派でも発言力が強く、社会的影響力の大きいなど、その集団が強い立場にある場合には「社会的少数者(マイノリティ)」と呼ばず、ドミナントマイノリティ(英語: dominant minority、支配的少数者)という事もある。これの例としては、「一握りの大富豪」と呼ばれる富裕層や、ラテンアメリカ諸国における白人層、アパルトヘイト時代の南アフリカ共和国における白人層などを挙げることができる。

また、マイノリティとマジョリティの数が時代の経過などの要因により、逆転する場合もある、しかし一度マイノリティと位置付けられたものが、マジョリティと呼ばれるようになる例は少ない[4]

また、社会的問題を含まない意味で、趣味などの少数派にマイノリティを使うことがある。

少数者とは

少数者には色々な考え方があり明確な条件付けは難しい。 しかし、条件付けの例として、海外の論文に次の四つの条件が掲げられている。[5]

識別可能性[注釈 1]
ある身体的、文化的な特徴によってほかの集団と区別される著しい違いが現れることを意味する。よって、このような少数者たちは差別を避けるため、こんな「違い」を隠そうとする。
権力の差[注釈 2]
権力の差とは、経済力、社会的な地位、政治権力など、いろんな部分で実質的な差があるか、もしくはいろんな資源を動員できる能力の差が出ることを意味する。
差別的かつ軽蔑的な待遇の存在[注釈 3]
少数派への差別はある個人がただその集団の一員という理由だけで社会的に差別されるという状況を招来する。
少数派としての集団意識[注釈 4]
こんな差別は、彼らが差別されていて、彼らの集団のある本質的な資質より多数の評価によっていることを悟らせる。このような集団意識はたった数人の思いから始まるが、差別の繰り返しによって全体的な連帯意識に拡張される。
しかし、すべてのマイノリティが連帯意識をもっているのではない。多くの少数派[注釈 5] の場合、成員としての資格にかかわる規則や文化的な特異性をもつ集団として定義されるが、現実のマイノリティ[注釈 6] の中では(たとえばホームレス、HIV患者などの場合)集団としての規則や特異性をもつより、劣悪な地位、もしくは羞恥心によって個別的に分散されていることが多い。それにもかかわらず、このようなマイノリティには共通的な特徴があるが、彼らが社会の主流の成員によって明示的に、もしくは暗黙的に差別されると感じるということである。[6] これがここでいう「集団意識」である。

国際人権規約(市民的及び政治的権利に関する国際規約)の第27条に於いては国内の少数派とりわけ「宗教的、人種的、言語的少数民族」の権利の保護を掲げている。


注釈

  1. ^ : identifiability
  2. ^ : differential power
  3. ^ : differential and pejorative treatment
  4. ^ : group awareness
  5. ^ : minority group
  6. ^ : minority
  7. ^ 西: Nuestro Himno
  8. ^ : assimilation
  9. ^ : integration

出典

  1. ^ a b 岩間 暁子、ユ ヒョヂョン「『マイノリティとは何か-概念と政策の比較社会学』への中原洪二郎氏の「書評」に答える」『理論と方法』第25巻第1号、数理社会学会、2010年、 161-164頁、 doi:10.11218/ojjams.25.161 
  2. ^ 2019年度「東大院生によるミニレクチャプログラム 第12回」社会的マイノリティとは何か”. 主催:東京大学大学総合教育研究センター / 東京大学附属図書館 企画・協力:附属図書館学生ボランティア Academic Commons Supporter (ACS)講師二羽泰子. 2021年3月24日閲覧。
  3. ^ What is a Minority Group? What is a Minority Group?”. Richard T. Schaefer. 2021年3月25日閲覧。
  4. ^ 宮丸裕二集団の持つ数と力 -実態におけるマジョリティ/マイノリティとその認識の間にある相関性」『マジョリティとマイノリティ 「専門演習」論文集』、中央大学法学部、2010年。
  5. ^ Dworkin and Dworkin, 1999: 17∼24
  6. ^ 全永評、「マイノリティのアイデンティティ、タイプ、そしてマイノリティ政策研究観点」、『政府学研究』 第13巻第2号、高麗大学校政府学研究所。2007, p. 108.
  7. ^ Holusha, John (2006年4月28日). “Bush Says Anthem Should Be in English — New York Times”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2006/04/28/us/28cnd-anthem.html?hp&ex=1146283200&en=2247ec7d92f885d7&ei=5094&partner=homepage 2006年4月28日閲覧。 
  8. ^ “Bush: Sing 'Star-Spangled Banner' in English — CNN.com”. オリジナルの2006年5月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060504051210/http://www.cnn.com/2006/US/04/28/bush.anthem.ap/index.html 2006年4月28日閲覧。 
  9. ^ ニューズウィーク誌 2006年9月第二号
  10. ^ ノイジー・マイノリティ”. 西野法律事務所. 2021年3月25日閲覧。
  11. ^ a b 「白人」対「白人」ーイデオロギー的分極化の一側面ー | 日米グループ-SPFアメリカ現状モニター | 笹川平和財団 - THE SASAKAWA PEACE FOUNDATION
  12. ^ Cultural Whiplash: Unforeseen Consequences of America's Crusade Against Racial Discrimination / Patrick Garry (2006) ISBN 1-58182-569-2
  13. ^ オルタナ右翼とゲーマーゲートと呼ばれる事件の関係|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
  14. ^ 赤木智弘@おとなブロイラーのツイート Twitter 2020年6月26日配信
  15. ^ ”アニメオタク差別”を変えた京都アニメーションの偉業と追悼と。(古谷経衡) - 個人 - Yahoo!ニュース
  16. ^ 萌えイラストへの嫌悪感を示すと「オタク差別」になるという事実<北条かや> « ハーバー・ビジネス・オンライン « ページ 3


「社会的少数者」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「社会的少数者」の関連用語

社会的少数者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



社会的少数者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社会的少数者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS