omoとは? わかりやすく解説

≪韓国語≫オモ

別表記:omo、어머オモ

韓国語「オモ」とは、「オモ」の意味

オモ어머)」は、日本語に訳すと「あら」や「まぁ」など、驚いた時に発する感嘆詞一種である。喜んだり可愛いもの見たり褒めたい時などの良い意味での驚きの場合も、残念な時や困った時、疲れてしまった時などの悪い意味での驚きの場合にも使用できる。「オモ어머)」の抑揚使い分けることで、喜怒哀楽表現できる便利な言葉ではあるが、主に女性が使う言葉とされている。英語に訳すと「oh!オー!)」にあたる。「オ(어)」は、何かに気づいた時や驚いた時に「お!」と発したり近しい間柄の人と会話をする中で「うん」と答えたり頷いたりする時に使う言葉である。「モ(머)」は、「何」や「何か」という意味言葉である。

オモ어머)」は、「あら」や「まぁ」以外にも「えー」や「わぁ」、「うわっ」とも訳すことができる。また「オモオモ(어머어머)」と繰り返すことで、「あらあら」や「あらまぁ」、「やれやれ」というふうに、少しやわらかいニュアンスになるのは、日本語同じような効果があるといえる。また「オモナ어머나)」とすることで、強調語として「オモ어머)」をさらに強調して表現することができる。(「オモナ어머나)」といえば韓国人歌手チャン・ユンジョン2005年ヒット曲の「어머나!(オモナ!)」があるが、楽曲中の歌詞でも「オモナ어머나)」が可愛いらしく使われている。)

オモ어머)」は、女性的な表現感嘆詞として使われ韓国語ニュアンスで可愛らし表現にあたるため、誰でも使える言葉ではない。「オモ어머)」以外で驚いた時に使える言葉には、「アイゴ(아이고)」がある。「アイゴ(아이고)」も「オモ어머)」と同じように喜怒哀楽すべての場合感嘆詞としても使用することができ、年配の女性使用されることが多い。もちろん男性も、若い女性使用するともできるが、その場合の「アイゴ(아이고)」は、短めに発音される。「アイゴ(아이고)」の他にも地域性違いなどで「アイゴ(아이고)」の発音変形したアイグ(아이구)」という言葉があり、同じ意味で使われるが、主に若者男性使用される傾向がある

韓国語「オモ」のハングル表記

オモ」のハングル表記は「어머」である。

韓国語「オモ」の発音

어머」は「オモ」と発音する。「オ(어)」は、子音「ㅇ」、母音「ㅓ」から出来ており、「オ(eo)」と発音する。「モ(머)」は、子音「ㅁ」、母音「ㅓ」から出来ており、「モ(meo)」と発音する

OMO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/02 07:29 UTC 版)

OMOOmO




「OMO」の続きの解説一覧

「OMO」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

omoのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



omoのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのOMO (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS