SRCとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > SRCの意味・解説 

エス アール シー [6] 【 SRC 】 〔steel-framed reinforced concrete〕

鉄骨鉄筋てつこつてつきんコンクリート

SRC

steel-frame reinforced concrete
鉄骨鉄筋てつこつてつきんコンクリート

.src

読み方エスアールシー

.srcとは、スクリプトファイル一般に付く拡張子のことである。


src オブジェクトのURLの指定

 
機能と値 HTML * Windows Macintosh
URL: 外部に置いてあるオブジェクトスクリプト所在指定する IE3,4,5,6 NS3,4,6 IE3,4,5 NS3,4,6

適応要素scriptimginputframeiframe

外部にある画像などのオブジェクト指定します。その際、それらオブジェクト拡張子まで指定する必要があります。なお、frame

※ HTML表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨

SRC steel framed reinforced concrete

鉄骨鉄筋コンクリート」。 鉄骨鉄筋コンクリート一体化した構造で、 通常鉄骨周囲鉄筋めぐらす鉄筋コンクリート造り比べたとき、 比較小さな断面多量鉄材を無理なく収められるという利点があり、 また耐力粘りにおいても優れているので、 わが国では高層建築物にこの構造が多い。

SRC(造)

Steel framed Reinforced Concrete structureの略称。鉄骨鉄筋コンクリート造をいう。
鉄骨外側鉄筋コンクリート補強した工法小さ断面で、強い骨組作ることができる。粘り強さがあり、高層建築利用される。

SRC(エスアールシー)

 鉄骨鉄筋コンクリート

 H型鋼などの鉄骨周囲鉄筋を配設し、そこにコンクリート打設して一体化した構造物圧縮力靭性にも強い。


SRC

Steel Reinforced Concreteの略で、鉄骨鉄筋コンクリート造のこと。柱・梁など骨組み鉄骨組み、その周囲鉄筋コンクリートをかぶせて一体構造にした建築工法強度優れマンションなど高層建築に用いられる。

SRC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/30 13:52 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

SRC

脚注・出典

[ヘルプ]

  1. ^ http://www.src.com.sg/
  2. ^ SRCグループとは”. 2019年5月30日閲覧。



SRCと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SRC」の関連用語

SRCのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



SRCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.srcの記事を利用しております。
WEB for beginnerWEB for beginner
Copyright (C) 2002~2019 banban@scollabo.com
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2019 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2019 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2019 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2019 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSRC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS