Bromacilとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > Bromacilの意味・解説 

ブロマシル

分子式C9H13BrN2O2
その他の名称:ハイバーX、ブロマシル、ウロックスB、インステムルBro-40、Urox B、Hyvar X、Bromacil、Instemul Bro-40、5-Bromo-3-(sec-butyl)-6-methyluracil、5-Bromo-3-(sec-butyl)-6-methyl-2,4(1H,3H)-pyrimidinedione、ブロマジル、除草剤976、Herbicide 976、Bromazil、5-Bromo-6-methyl-3-(1-methylpropyl)-2,4(1H,3H)-pyrimidinedione、5-Bromo-3-sec-butyl-6-methyluracil、5-ブロモ-3-セカンダリ-ブチル-6-メチル-1,2,3,4-テトラヒドロピリミジン-2,4-ジオン
体系名:5-ブロモ-6-メチル-3-(1-メチルプロピル)-2,4(1H,3H)-ピリミジンジオン、5-ブロモ-3-(sec-ブチル)-6-メチル-2,4(1H,3H)-ピリミジンジオン、5-ブロモ-3-(sec-ブチル)-6-メチルウラシル、5-ブロモ-3-sec-ブチル-6-メチルウラシル


ブロマシル

農薬Bromacil
和名orISO名[商品名]ブロマシル
分子式C9H13N2O2Br
用途除草剤
LD50(ラット)/g kg-15.2
LD50(マウス)/g kg-1
劇毒区分指定なし
ランク
有機240
無機292
農薬登録(1996年時点)1965年登録(日本)/承認ISO
その他処理量 1.5~24kg/ha. 光合成阻害
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ブロマシル

(Bromacil から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/25 03:31 UTC 版)

ブロマシル: Bromacil)は化学式C9H13BrN2O2で表される有機臭素化合物ピリミジン骨格を持つ。


  1. ^ a b 安全衛生情報センター
  2. ^ a b 国際化学物質安全性カード ICSC番号:1448 (日本語版), (英語版): 国立医薬品食品衛生研究所, http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss1448c.html 
  3. ^ 植村振作・河村宏・辻万千子・冨田重行・前田静夫著 『農薬毒性の事典 改訂版』 三省堂、2002年ISBN 978-4385356044


「ブロマシル」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Bromacil」の関連用語

Bromacilのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

トムソン抜き型

C-17

ボンボン

F1

豊田佐吉

メリヤス編み

松樹図鐔

5000形車両





Bromacilのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブロマシル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS