腸管出血性大腸菌O-104とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 腸管出血性大腸菌O-104の意味・解説 

腸管出血性大腸菌O-104

読み方:ちょうかんしゅっけつせいだいちょうきんオーイチゼロヨン
別名:病原性大腸菌O-104O-104

病原性大腸菌一種。「O-157」「O-111」と同じ腸管出血性大腸菌であり、「O抗原」の差異によって区別されている。

腸管出血性大腸菌O-104、O-157O-111などは基本的働きおおむね同じであり、ベロ毒素生産することによって大腸の粘液細胞破壊死滅させ、出血性の激し下痢を引き起こし溶血性尿毒症症候群HUS)などを併発させる。さらに、他の一般的な食中毒原因比べて、感染力が非常に強い点も共通している。

2011年5月ドイツで腸管出血性大腸菌O-104に感染したと見られる食中毒患者続出した。2011年6月2日までに十数名が死亡しているが、感染源特定されておらず、スペイン産の野菜深刻な風評被害を受けるなど、市場大きな混乱を招いている。また、6月2日にWHO(世界保健機関)が発表したところでは、ドイツ感染を広げているO-104これまでに人から検出されたことのない変異体で、致死性の高い新種見られている。「O-104」による食中毒は、5月下旬中心に52人の死者出したが、感染源特定されていない7月26月日には腸管出血性大腸菌流行終息したとの宣言が出された。

日本ではその前月である2011年4月に「腸管出血大腸O-111」による集団食中毒発生、4人が死亡する事件が起きている。

関連サイト
腸管出血性大腸菌(EHEC)感染患者の急増に関する注意喚起について - 在ドイツ日本国大使館


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「腸管出血性大腸菌O-104」の関連用語

腸管出血性大腸菌O-104のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



腸管出血性大腸菌O-104のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS