海底熱水鉱床とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地学 > 鉱床 > 海底熱水鉱床の意味・解説 

海底熱水鉱床

読み方:かいていねっすいこうしょう
英語:seafloor hydrothermal deposits

海底存在する熱水鉱床海底火山付近で熱された海水噴出孔から噴出し岩石化学反応起こし金属などの物質付近に沈殿させることで鉱床形成される。

海底熱水鉱床には、鉛、亜鉛などのベースメタル、金、銀などの貴金属さらにはゲルマニウムガリウムセレンテルルカドミウムなどのレアメタルが含まれているとされる

資源エネルギー庁2007年より「海洋基本計画」を推進、海底熱水鉱床(およびメタンハイドレートなど)を開発し、10年内を目処事業家することを目指し調査を進めている。2010年現在、伊豆沖縄付近の数箇所で有力な海底熱水鉱床が確認されている。

他国でも海底熱水鉱床からの資源回収事業化された前例がなく、技術的課題含めて検討すべき事項多々あるが、資源乏し日本自国排他的経済水域安定的資源回収できる可能性がある事業として期待されている。

関連サイト
海底熱水鉱床開発計画の推進と 国際海底機構の動向 - 独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)
日本周辺海域の海底鉱物資源 海底熱水鉱床- 独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構JOGMEC)

海底熱水鉱床

海底から噴出す熱水低温海水接触することにより、、鉛、亜鉛、金、銀、レアメタル等の金属成分析出沈殿してできた多金属鉱床水深500~3,000mの海底分布している。我が国では昭和60年度から調査開始し、沖縄近海伊豆小笠原海域などで鉱床発見されている。

海底熱水鉱床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/30 02:35 UTC 版)

海底熱水鉱床(かいていねっすいこうしょう)は海底にある熱水鉱床である。海底熱水鉱床は、海底のうち海嶺などマグマ活動のある場所に海水が染み込み、熱せられた海水によってマグマ地殻に含まれていた有用な元素が抽出され、この熱水が海底に噴出して冷却される事によって沈殿して生成する鉱床である。




「海底熱水鉱床」の続きの解説一覧



海底熱水鉱床と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「海底熱水鉱床」の関連用語

海底熱水鉱床のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



海底熱水鉱床のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
内閣官房総合海洋政策本部内閣官房総合海洋政策本部
Copyright© Cabinet Secretariat, Cabinet Public Relations Office. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの海底熱水鉱床 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS