津田清子とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 津田清子の意味・解説 

津田清子

津田清子の俳句

いなびかり海の花道誰か来る
ばつた跳ね島の端なること知らず
余り苗いつまで待つも出番なし
千里飛び来て白鳥の争へる
唾すれば唾を甘しと吸ふ砂漠
学校が好き朝顔に水をやる
早乙女の手足忘るるまで疲れ
春の河盲目の水碧く厚く
氷原に鷲来て吾の生身欲る
氷菓舐めては唇の紅補ふ
無方無時無距離砂漠の夜が明けて
狡休みせし吾をげんげ田に許す
砂漠の木自らの影省略す
薔薇の園引き返さねば出口なし
虹二重神も恋愛したまへり
 

津田清子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/11 06:10 UTC 版)

津田 清子(つだ きよこ、1920年6月25日 - 2015年5月5日[1])は、俳人奈良県生。奈良女子師範(現在の奈良教育大学)卒。卒業後は小学校教師として勤務。当初は前川佐美雄のもとで短歌を学んでいたが、1948年橋本多佳子[2]の七曜句会に出席したことをきっかけに俳句に転向。多佳子に師事し「七曜」同人となるとともに、多佳子の師である山口誓子にも師事し[2]誓子の「天狼」に投句。1951年に天狼賞を受賞、1955年「天狼」同人。1971年「沙羅」を創刊、主宰[3]1986年同誌を「圭」に改称。2000年、第六句集『無方』で第34回蛇笏賞受賞[4]2012年、「圭」を8月号で終刊。


  1. ^ 津田清子さん死去:朝日新聞
  2. ^ a b c “【訃報】津田清子さん=俳人”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年5月8日). http://www.yomiuri.co.jp/obit/20150508-OYT1T50073.html 2015年5月19日閲覧。 
  3. ^ “俳人の津田清子さん死去”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年5月8日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015050800410 2015年5月19日閲覧。 
  4. ^ “訃報:津田清子さん94歳=俳人”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年5月8日). http://mainichi.jp/select/news/20150508k0000e060154000c.html 2015年5月19日閲覧。 


「津田清子」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「津田清子」の関連用語

津田清子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



津田清子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの津田清子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS