当たり前とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 当たり前の意味・解説 

あたり‐まえ〔‐まへ〕【当(た)り前】

[名・形動《「当然(とうぜん)」の当て字当前」を訓読みにして生まれた語》

そうあるべきこと。そうすべきこと。また、そのさま。「怒って当たり前だ」

普通のこと。ありふれていること。また、そのさま。並みありきたり。「ごく当たり前の人間」「当たり前の出来


あたり‐まえ ‥まへ 【当前】

〔名〕

共同労働収穫分配するとき、一人あたりの受けるべき配当一人前分量漁獲物などを現物配分する時、人数分に分け一山

② (形動) (①を受け取ることは当然の権利であるところから) 道理から考えて、そうあるべきこと。また、そのさま。当然。

*箚録(1706)「其人の左無て叶ざる当り前の旨を以て引入進め諫するを云」

滑稽本浮世風呂(1809‐13)三「アイサ、どうで婆舎(ばばあげいしゃ)はあたりめへさ。夫だから賀の祝一緒に赤飯(こはめし)を配って引込む覚期(かくご)だが」

③ (形動) ごく普通のこと。ありふれているさま。

大学垂加先生講義(1679)「静の字、尋動静とわかつあたりまへの静にはあらず、妄に動ぬを静と云たもの也」

歌舞伎心謎解色糸(1810)大切「なにサ、裸はでんぼうの当り前(メエ)、土仕事にでもかかりゃア、寒の中(うち)でも真っ裸

[語誌]②の意味については、①の意味から転じたという説の他に、漢語「当然」に「当前」という表記をし、さらにそれを訓読みしたものから出たという説がある。類例に、漢語同然」が「同前」と表記されるということがある。


あたり‐まい【当前】

〔名〕 (形動) 「あたりまえ(当前)」の変化した語。

落語お節三郎恋の仮名文1889)〈禽語楼小さん〉「小供事だから早く土手へ昇(あがっ)て遊びたいとか群集の中へ往(いき)たいと思ふのが通常(アタリマイ)だのに」


当たり前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/28 04:43 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「当たり前」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「当たり前」を含むページの一覧/「当たり前」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「当たり前」が役に立つかも知れません。

関連項目



当たり前

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 18:06 UTC 版)

漢字混じり表記

(あたりまえ)

  1. あたりまえ 参照




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「当たり前」の関連用語

当たり前のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



当たり前の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの当たり前 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの当たり前 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS